お金の化身の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

楊坪(ヤンピョン)のある土砂崩れの復旧工事中、膨大な量の札束と金塊が発見されました。このお金を一握りでももっと手に握るため、争った結局、労働者が死亡する事件が起きます。この事件を担当することになったイ・チャドン【役:カン・ジファン】検査は事件を捜査していたところ、あなたをよく知っている人だと名乗る誰かから両親がつけてくれたあなたの本当の名前が知りたくないかという疑問の電話を受けます。彼は今夜12時に会おうと言って、電話を切ります。疑問の男はチャドンをこの金の持ち主であり、イ・チャドンではなくイ・カンソクと呼びます。チャドンは自分の失われた存在を探すため、一世一代の冒険を断行することを決めます。
過去1997年、イ・カンソクは莫大な富を所有した父親の不動産財閥イ・ジュンマン【役:チュ・ヒョン】会長の下で冷酷なお金の秩序の中で育てられました。海外の日程を繰り上げて帰ってきたジュンマンは迎えに来たカンソクを置いて秘書に真珠のネックレスを受けて用事があるとし、何日間帰らないと言います。目敏いカンソクは父が他の女と会っていることを知ります。女優ウン・ビリョン【役:オ・ユンア】の家に着いたジュンマン会長は自分の個人秘書で息子のように信じていたジ・セグヮン【役:パク・サンミン】がビリョンと一緒にいる場面を目撃して怒りがピークに達します。ジュンマンは二人の裏切りに震え上がって秘書にパーティーで花火の爆発の時彼らを殺害する計画を話します。会長はセグヮンとビリョンにパーティーに招待するからその日会おうと連絡します。セグヮンはその電話からまもなく会長の秘書から会長はすでに帰国し、ビリョンとの二人の関係を全部知って、君を殺害しようとすると伝えます。
パーティー会場で秘書はセグヮンにこっそりと取り出した弾薬を与えます。ジュンマンに会いに来たビリョンとセグヮンに向かって銃を向け合うが、弾丸が発射されず混沌したジュンマンにセグヮンは秘書からもらった弾薬を取り出して見せます。二人だけでなく秘書の裏切りに倒れた会長にセグヮンは昔、飲酒運転で人を殺したジュンマンの罪を負って監獄に行った人、刑務所で病気にかかって死んだ人、その人が自分の父親だと言います。そして今あなたを殺した犯人はまさにあなたの妻パク・キスン【役:パク・スンチョン】になるだろうと言います。彼の妻が用意してくれた韓方薬にこっそりと薬を入れたセグヮンは、気を失っていくジュンマンにあなたの妻に殺人罪の濡れ衣を着せるだけでなく、あなたが好きな財産を息子のカンソクには一銭も渡さないと言います。

感想

『お金の化身』はお金のために大切なものを失ったある男性を中心にロビーとリベート、コネクションと不正にまつわる現世相を諧謔と風刺で描いていくドラマです。ドラマ「ジャイアント」、「サラリーマン楚漢志」に続いてお金と権力に向けた人間群像の欲望と破滅を描いたジャン・ギョンチョル、チョン・ギョンスン作家、そしてユ・インシクPDの3部作完結編で、最高の株価を上げている制作陣が再び意気投合して期待感を集める作品で放送前からすでに「ジャイアント」と「サラリーマン楚漢志」を継ぐ大作に数えられました。
しっかりした緊張感溢れる展開がこのドラマの強みです。パク・サンミンとオ・ユンアのお風呂のシーンとラブシーン、人物同士にまつわる陰謀と殺人事件、財閥の会長と女優の痴情など興味深いストーリー展開と強い設定で刺激的感覚を充足させました。
ストーリーだけでなく、俳優たちの熱演も『お金の化身』の観戦ポイントです。予想を超えた反転を見せた子役パク・ジビンはイ・チャドンの幼い時代を演じ、内面の感情の変化をきちんと表現し、少年のイメージを脱した存在感は、視聴者たちのドラマ没入に起爆剤として作用し、大人の演技者らに匹敵する演技で歓声を上げさせました。また、表向きは可愛くて弱くて見えるが、母をないがしろにするウン・ビリョンに接近して猪突的に急変する姿は、視聴者たちにぴりっとした痛快を与えました。特に、この過程にはお金をめぐった人物の関係が善と悪を区分できないようにからみ合って躍動性を加えました。
絡み合った人物関係と恐ろしい金券をはばかることなく描きながら堅実なストーリーの『お金の化身』は殺人、不倫、お金など敏感なテーマを緊張感溢れるような表現しながら人間の最も大きな興味であるお金にまつわる貪欲や復讐、愛に関する話を面白く描いていき、久しぶりに登場したウェルメイド・ドラマだと好評されました。

↓「お金の化身」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です