エマージェンシー・カップルの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

物心がついていなかった大学時代チャンミン【役:チェ・ジンヒョク】はジンヒ【役:ソン・ジヒョ】に一目ぼれして両親の反対も押し切って、聖堂で二人きりの結婚式を挙げます。結婚後ジンヒは相変わらず自分を反対するお姑さんのひどい小言、夫の冷たさでストレスがたまった結局、円形脱毛と心臓けいれんまで起こします。お金を稼ぐため、医師の勉強を放棄したチャンミンはちゃかちゃかするジンヒを見てストレソが溜まります。お互いに対する心と理解の不足で疲れた二人は、結局お互いが大切にする物まで投げる夫婦喧嘩の後、傷だけを残して離婚します。
6年後、二度と会いたくない元夫と元ワイフだった二人は友人の結婚式場でチャンミンは祝歌を、ジンヒはウェディングマーチの伴奏者で再会します。依然として自分を無視するチャンミンに怒りを感じたジンヒは披露宴でお酒を過度に飲んで病院に運ばれます。お酒の勢いで救急室担当医師の頬をピンタします。
一方、チャンミンはドクターファミリーである家柄の母の小言に耐えられず、結婚後、辞めていた医師の道に戻ります。インターン初出勤の日レジデントと嘘をついて女を誘うが、彼女もインターンで二人は同じ組で遭遇します。救急室で教育を担当する医師の挨拶とアドバイス後、呼ばれた名前の中オ・ジンヒを聞いたチャンミンはまさかと思いますが、すぐ隣のベットで点滴中だったジンヒがはっと驚いて出てきます。ジンヒは出勤初日から深酒で運ばれて来て、救急室悪魔と呼ばれるチーフ医師グク・チョンス【役:イ・ピルモ】ににらまれます。チョンスは自分がどうして医者になったのかという質問に答えられなかったジンヒに、医師の資格がないとし直ちに病院から出て行けと言います。しかし、医者になることを諦められないジンヒはひざまずいてお願いします。 チャンミンとは違って食品栄養学科を専攻したが、医師の家であるチャンミンの家の虐待と冷遇に仕返しするために医学部に入りました。
一方チャンミンは病院でジンヒと再会してチンヒを病院から追い出すため、悪口を浴びせます。

感想

ドラマ『エマージェンシー・カップル』は性格や言葉づかい、趣向まで全く違うが、熱い愛で急いで結婚し、すぐに離婚したオ・ジンヒとオ・チャンミンが6年後、晩年にインターンとして同じ病院で勤務することになります。気まずい再会をしたが、救急室で他人の生と死に飛び込み成長しながら、再び始まる恋を描いたロマンチック・コメディードラマです。
<メディカルのドラマ>と言うより<ロマンス>に重心がある作品ですが、応急室という特殊な空間的背景を通じて<一触即発>の愛戦線を見せてくれました。会うたびトラブルを起こすジンヒとチャンミンの一触即発ロマンスが救急室の緊迫感ともかみ合って、緊張感を増やします。
しかし、最高の犬猿の仲だが、ジンヒとチャンミンは救急室で、時には、<一つ>になります。救急患者を生かすために渾身の力を尽くしながら医師という道を一緒に歩く二人は以前はなかった<共通分母>と<共感>が発生します。
主人公を演じるソン・ジヒョとチェジンヒョクの演技変身は注目ポイントです。
ソン・ジヒョは「階伯」、「天命」などの時代劇から久しぶりに、現代劇のロマンチック・コメディーに挑戦します。ソン・ジヒョは1話から歯切れの良い演技でドラマの面白さを高めました。実感できる泥酔演技から応急室に行っても終わらない酔っ払い演技まで視聴者たちを爆笑させました。
これにチェ・ジンヒョクも「九家の書」、「相続者たち」を通じて見せたカリスマと重みを除いて、思い切り壊れ家では完璧な息子だが、救急室ではよけいな苦労キャラクターを演じ、相反するイメージで味を加えました。
一時夫婦の縁を結んでいた二人はお互いの底まで知っていると自慢するが、救急室のインターンとして苦楽を共にしながら、今まで知らなかった相手の姿を見つけます。会うと喧嘩ばっかりだが、死の淵まで行った患者を生かして、ともに抱き合って喜んで、時には残念な死の前で一緒に泣いて、交感する姿は胸の片隅がジーンとする妙な感情を見せてくれます。
三組のうち一組が離婚するという最近だが、離婚は決して軽くないテーマです。それも離婚した夫婦が一つの空間で見せる一触即発ロマンスは、見る人たちには喜劇だが、当事者らはよりない悲劇です。『エマージェンシー・カップル』は愉快なロマンチックコメディーを志向しましたが、<愛>を見る観点はさらに深みのある重厚で接近しました。人々の生活が多様化し、<愛>の形態も多様化しています。このドラマは現実的なモチーフに、恋の痛みや笑いを経験してみた視聴者の200%の共感を引き出しました。

↓「エマージェンシー・カップル」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です