グッバイ ミスターブラックの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

いつも肯定的で余裕を持った男、チャ・ジウォン【役:イ・ジンウク】はユン・マリ【役:ユ・インヨン】と結婚を控えています。家と能力の面でジウォンに劣等感を持っている上に、マリを片思いするソンジェ【役:キム・ガンウ】はソンウグループを占領しようと陰謀を図るベク・ウンド【役:チョン・グクフヮン】が張っておいた穴に落ちて、ジウォンの父であり、ソンウグループの会長であるチャ・ジェワン【役:チョン・ドンフヮン】を殺すのに一助し、家族として暮らしてきたジウォンの家族とマリ、ソンジェの平和な幸せは、バラバラになります。
一方、プロジェクトでタイを訪問したジウォンはそこで数年前、タイに襲った津波で家族を失い、路頭を歩き回りながら、無国籍孤児として生きてきたキム・スワン【役:ムン・チェウォン】と会います。
ソンジェはジウォンに父のジェワンの死因が麻薬だったと話しながら、静かに問題を揉み潰そうと言いますが、ジウォンは操作可能性があるため、再調査するといいます。結局、タイで父親が殺害されたということに氣づいたジウォンは、真実を明らかにしようとしたが、かえって殺人の濡れ衣を着せられます。追い詰められたジウォンはスワンに国境を越えなければならないので、パスポートを頼みます。ジリュン【役:キム・テウ】は国境を超えようとした時、キーラーに銃を撃たれたジウォンとスワンを保護するために2人を連れて逃げます。

感想

1980年代、旋風的な人気を集めていた少女漫画『グッドバイ、ミスターブラック』を原作にしたドラマで、漫画的な設定を現実的にアレンジして、復讐の誓詞を強化して、一層豊かなストーリーを描いていきます。「会いたい」、「私の心が聞こえるの」などを執筆したメロの大家、ムン・ヒチョン作家と「奇皇后」をヒットさせたハンヒ監督が演出を務めて丈夫な内攻を見せました。
優しい男のイ・ジンウクの強烈なアクションから、清純女神ムン・チェウォンのしっかりして溌剌な魅力変身まで、『グッドバイ、ミスターブラック』主演俳優たちの変わった姿を見ることができます。演技派俳優、キム・ガンウは立体的な悪役の演じて視聴者たちの耳目を集中させます。
イ・ジンウクはすべてを失って逃亡者になったチャ・ジウォンを演じて復讐を夢見る、迫力あふれるチェイスシーンとアクション・シーンを披露し、ムン・チェウォンが演じる苦労しながら生えてきたが堂々とする少女キム・スワンととの運命的出会いまで加わります。『グッドバイ、ミスターブラック』で見せる愛の物語はいきいきとしながらも、切なさがあふれて流れ、タイのクラビの異国的な背景で展開する二人の男女の胸痺れたメロは、ドラマを見る視聴者たちに深い感性を伝えます。

こちらの作品もオススメです

イ・ジンウクの2年ぶりのドラマ復帰作『リターン』を紹介します。
道路の上に疑問の遺体!殺人容疑者として浮上した4人の上流層、TV<リターン・ショー>の司会者チェ・ジャヘ弁護士が觸法少年(10歳以上14歳未満で刑事責任のない物)出身ドクコ・ヨン刑事とともに殺人事件の真実を暴いていく社会派スリラードラマで、イ・ジンウクは多血質で、理性的判断よりは動物的本能で体が先に出てしまい、優秀警察の中で懲戒率が最も高い刑事役を演じます。
イ・ジンウクだけでなく、1年半ぶりにドラマに復帰するコ・ヒョンジョンが弁護士として登場するという事実だけでも大きな話題を呼び起こしました。デビュー29年のコ・ヒョンジョンが初めて挑戦する弁護士役で彼女が作り出す、落ち着いた口調とはっきりとした声、冷徹なカリスマで秘密を持ったチェ・ジャヘ弁護士を通じた演技変身に期待を集めました。
『リターン』はドラマシティ「アンコウ」を初め、2015年SBS脚本公募で短編2部作「グルマ・ギャ・叔父」で最優秀賞を受賞し、執筆能力を認められたチェ・ギョンミ作家と、「お願いします キャプテン」、「やってきた!ファミリー」を演出したジュ・ドンミンPDが意気投合した作品で、初回から犯罪スリラーというジャンルのスピード感を持った型破りのストーリーの展開と感覚的な演出が重なって、新たなスリラーを作り出しました。

↓「グッバイ ミスターブラック」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です