ゴハン行こうよの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

皇室オフィステル803号に住んでいる33歳の弁護士・事務室室長イ・スギョン【役:イスギョン】は3年目、1人世帯の生活をしています。結婚6ヵ月で超高速で離婚した後、ひたすら私だけのための人生を生きています。200万ウォン前後のぎりぎりの月給だが、私の・私による・私のための投資に惜しみません。ただ、その投資は主に食べものだと言うのは罠。お高くとまる彼女が堂々と出来ないのは、だたひとつだけ。一人でご飯食べに行くことです。自尊心が強くて、いつどこでも人を意識する高慢のアイコンだが、美味しい食べ物を見れば、自分も知らない内に気分がよくなって武将解除されます。
皇室オフィステル806号に住んでいる29歳のク・デヨン【役:ユン・ドゥジュン】は大学時代からの一人暮らしで1人世帯9年目です。美味しい店を渉猟した美食家として食べ物に対する優れた表現力を持っており、聞く人も口の中によだれが回るようにする魔性の魅力を持っています。口を開けば嘘ばっかりだが、時には真心がこもった行動で相手を配慮する姿を見せます。
皇室オフィステル804号に住むユン・ジンイ【役:ユン・ソヒ】は生まれて今まで豊かに不足したこともない、多幸な家庭で育ったが、父の会社の倒産によって家族全員がバラバラになって仕方なく1人世帯を始めます。生まれつきの明るいチョポジティブ女です。

感想

シーズン16まで放送された『ブッとび!ヨンエさん』をつくった制作軍団が、再び意気投合したという事実だけで、放送される前から大きな期待を受けた上に、ドラマの人気にシーズン3まで決定されるほど、大きな関心を集めたドラマ<ゴハン行こうよ>は、何よりも美味しい店の探訪を上回る、主人公たちの’モクバン(食べ放送)シーン’が観戦ポイントです。
このドラマでは、断言出来ますが、食べることは食べること以上の大きな意味を持っています。人間の最も基本的な欲求の食欲を満たすもの以外にも社会生活でのストレス、人間関係の断絶からくる寂しさを減らしてくれる役割をします。
私たちは、食べることが人生の唯一の楽しみな一人暮らしの女性、イ・スギョンと
美食家であり、グルメブログを運営する一人暮らしの男性、ク・デヨンを中心に
辛くてピリピリする苦しい生活に、甘酸っぱいロマンスを混ぜ合わせて人生の味をまともに見せてくれます。
ドラマで食べ物は多様なキャラクターをめぐるエピソードを誘発して、30代の主人公たちを中心を一人で住む人たちの職場生活と恋愛話、彼らを繋げてくれる面白い要素になります。
主人公たちの食生活とスリラーの要素も観戦ポイントであり、ドラマの中で一人暮らしの人たちのリアルなモクバンとイ・スギョンの隣家で発生した殺人事件をめぐったスリルあふれる構成で一人暮らしの女性なら誰もが共感できるストーリーを描いて、ドラマの面白さを倍増させました。

こちらの作品もオススメです

人気に支えられ、シーズン2に戻ってきた『ゴハン行こうよ』は料理を通して、彼らの辛くてピリピリする厳しい生活に甘酸っぱいロマンスを混ぜ合わせて私たち人生の味をもう一回披露します。
一人で住んでますか。大韓民国は、4世帯のうち一つが1人世帯です。もう一人で何かをするというのが全然ぎこちなくない世の中になっていて、1人世帯はこれからは確固にしたもう一つのライフスタイルになります。一人で住む彼らは私たちは幸でもないが不幸でもない平凡な人生だと言うが、人間と言うのはもともと寂しいものであり、誰かを必要とする動物です。そんな彼らに<食べる>と言う言葉は食べること以上の大きな意味を持ちます。人間の最も基本的な欲求の食欲を満たすもの以外にも社会生活でのストレス、人間関係の断絶からくる寂しさを減らしてくれる役割をすします。
国内1人世帯の割合が最も多いという世宗(セジョン)市で三放(恋愛、結婚、出産を諦めた)世代、未婚男202号ク・デヨン【役:ユン・ドゥジュン】、結婚したい未婚女201号ベク・スジ【役:ソ・ヒョンジン】を初め、多様な1人世帯らが別々に、また一緒に住んでいるリアルな姿をありのまま見せながら、大騒ぎの人生を愉快に描いていきます。気になる方は是非ご覧下さい。

↓「ゴハン行こうよ」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です