ゴハン行こうよ シーズン2の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

ソウルに住んでいたグルメ・ブロガーであり、保険王であるク・デヨン【役:ユン・ドゥジュン】が世宗市にある、小学校の頃の同級生だったフリーランサー作家のベク・スジ【役:ソ・ヒョンジン】の隣の家に引っ越してきます。子供の時とはとても変わってスリームになった姿のスジを見てデヨンは気付かないですが、スジは彼と悪い思い出はあるためすぐ気付きます。
引っ越し祝いで食事をおごると一言いったデヨンはひどい目にあいます。あくどい家主のキム・ミラン【役:ファン・ソクチョン】とデヨンの下に住むおばあさん【役:キム・ジヨン】まで連れて、スジは高価の中華料理店にデヨンを案内しました。
過去、太ったスジに優しく接してくれたデヨンに恋を持ったスジは、実はトッポキ屋を息子デヨンウィンが頻繁に訪れ売り上げをあげてくれたから自分に親切だったことを知って傷つきました。その話をして、その時の仮を返済しろとデヨンに一緒に政府庁舎で仕事をしているが自分の名前も覚えていない公務員、イ・サンウ【役:クォン・ユル】と繋げてほしいと頼みます。
一方、警察の受験生を装ったベールに包んだ人物のアン・チャンス【役:イ・ジュスン】はマンションの屋上のコンテナボックスで住んでいるが、もともとコンテナボックスに人が暮らすのが違法で、家主のおばさんも1階に住むおばあさんも隠している彼は怪しいことは一つ二つではありません。

感想

シーズン1の人気に支えられ、製作したシーズン2は前作に比べて人たちが生きていく多様な話が結合されました。
事実シーズン1ではおいしく見せる食べ物をおいしく食べる姿忠心のモクバン(食べる放送)ドラマだったとしたら、 シーズン2は単純に1人世帯の話を飛び越え,家族との話、一緒に食べる人すなわち`食口`に対する話が加われ、多様な人間群像が登場します。
シーズン1に続いて登場した、グルメブロガーであり、保険王であるクデヨン【役:ユン・ドゥジュン】、彼の小学校の同級生であり、フリーランサー作家のベク・スジ【役:ソ・ヒョンジン】、スジが憧れているオムチンア(なんでも出来る)公務員のイ・サンう【役:クォン・ユル】、これにデヨンが引越したマンションの1階に住むおばあさんイ・ジョミ【役:キム・ジヨン】、気が強い家主のキム・ミラン【役:ファン・ソクチョン】、妻と子供が海外留学中で一人暮らしの40代のイム・テクス【役:キム・ヒウォン】、空虚に満ちた7級公務員ホン・インア【役:チョ・ウンジ】、ベールに隠された人物アン・チャンス【役:イ・ジュスン】など、主要キャラクターたちが大幅に増え、多彩な話が出来ドラマをもっと豊かにします。
しかし、いくら変わったとしても『ゴハン行こうよ シーズン2』も結局モクバンドラマです。モクバンシーンを除けば、このドラマのアイデンティティを論じられません。
俳優たちのおいしいモクバン演技のためにフードスタイルリストが常駐して撮影を行う唯一のモクバンドラマ、それだけ今回も当然、欠かせないモクバン・パレードが繰り広げられ、最初回からイカの刺身から、あさりカルグッス、ポッサム、中国料理まで登場し、視聴者たちの目と耳を注目させました。

こちらの作品もオススメです

モクバンドラマが好きな方にお勧めするドラマ『ホンスル男女』は一人でお酒を飲む男女の新造語で、他地で一人で生活する沢山の人たちが共感したドラマで、一人でご飯食べてお酒飲んで楽しむ姿を描いています。
登場人物たちは主ㆍ助演を問わず全て個性の強い演技で<人生キャラクター>を作ることに成功し、視聴者たちが劇に没入するのに大きな役割を果たしました。また、『ホンスル男女』はドラマで初めて、鷺梁津(ノリャンジン)学習塾街を素材にした共感コミックドラマで、お互いに別の理由でホンスルする、ノリャンジン講師たちと公務員試験受験生らの話を描いていきます。
ともに、厳しい就職難で韓国の国家試験準備生が30万人に迫るこの時代相と、公務員試験受験生らの日常や哀歓を現実感たっぷり反映して共感を形成しました。
タイトルそのまま毎回最初の場面は一人でお酒を飲むシーンですが、寂しいホンスルではなく、かなり美味しいおつまみとクオリティのある料理が登場します。見ると、腹がすいてくる『ホンスル男女』は高価な刺身、焼肉から庶民の料理、カップ飯、あやつまで私たちが好んで食べる様々な食べ物をおいしくに盛り込んでいます。詳しい内容が気になく方は是非ご覧ください。 

↓「ゴハン行こうよ シーズン2」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です