サラリーマン楚漢志(チョハンジ)の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

ユバン【役:イ・ボムス】は幼い頃から家が貧しくて大学に行ける成績にもかかわらず、高校卒業で終わりました。それによって家族との不和が生じ、家を出ました。ユバンは父が亡くなってから父の最後の願いだった大企業就職を叶うために頑張ります。
ジン・シファン【役:イ・ドクファ】会長は、投資家誘致に向けて意欲的に新薬の発表会を開きます。ライバル会社であるジャンチョ・グループのオ・ジラク【役:キム・ウンス】会長と天下グループに恨みを持っているジャンチョグループの理事ハンウ【役:ジョン・ギョウン】は、プロジェクトを阻止するための計画を立てました。新薬の発表会に招待されたジャンチョグループのオ・ジラク会長とハンウは、臨床実験参加の時、経験した新薬副作用の事例を口実に会心の笑みを浮かべながら出席します。その場でお酒に酔って大きなミスを起こしたジン・シファンの孫娘ベク・ヨチ【役:チョン・リョウォン】にジン会長はこれ以上、物質的な助けなしに天下グループに入社して自らお金を稼いで生活しろと言います。
一方、毎回天下グループ採用に支援するが、落ち続けるハンウに一人の男が国家情報院の要員だとし、天下グループに就職させてあげるから、自分を助けてほしいと近づいてきます。
紆余曲折の末に面接まで上がったユバンは、面接官の圧迫面接にも、密かに見守っていたハンウの助けで合格して、天下グループの核心戦略事業本部の中でも特別任務チームに入ります。
その後、ユバンは、何も知らないままハンウを助けることをしますが、新薬研究所放火犯がハンウだと確信します。
ジン会長は、新薬研究所火災に、新薬と関連資料が全部無くなったが、放火前に新薬が一つなくなったという事実を知ります。このすべてのことは内部の協力なしでは行わられないとし、グループ内の裏切り者を必ず摘出すると宣言します。

感想

楚漢志」は中国秦の末期楚の項羽と漢の劉邦の長い対立を描写した中国の歴史小説で、乱世を乗り越えていく人生の処世術や天下を経営する戦略、そして競争で勝とうとする戦術も含まれ、多くの人気を集めた作品です。『サラリーマン楚漢志』は楚漢戦争の土台の下で、韓国で生きている現代のサラリーマンたちを高級な風刺とユーモアで描いた作品で、小説の中の主人公たちの劉邦、廢后 呂氏、虞美人、項羽、始皇帝などを登場人物名にそのまま活用しました。
2010年最高視聴率40%を超えった、大ヒットドラマ「ジャイアント」製作陣であるジャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン作家とユ・インシクPD、イ・ギルボク撮影監督が再び結集し、多くの関心集めました。また、当時韓国経済の光と影を演じたイ・ボムス、イ・ドクファ、キム・ソヒョン、イ・ギヨン、ユ・ヒョングヮン、ユン・ヨンヒョンなど出演者たちが再び意気投合した点も大きな話題を呼びました。すでに大ヒット品を出したチームなので、今回もチームワークと作品性に自信を見せたこのドラマは
サラリーマンが主人公でありながら、深刻さや重みの代わりにコミカルさを選択し、彼らの仕事と愛、情熱と成功を描きました。そのため、ジャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン作家は特有の味のあるセリフを披露し、コミック・スパイ・アクション・スリラー・ロマンチックという新しいジャンルを開拓しました。
また、ユバン(劉邦)役のイ・ボムスは厚かましい忠清道(キョンサンド)なまりを駆使し、財閥女ベク・ヨチ(廢后 呂氏)役のチョン・リョウォンは美貌とは相反するタフな悪い口調を披露するなど、すべての演技者たちがコミカルさで武装し沢山の見どころを提供するなどこのドラマは面白いです。ほとんどキャラクターたちが喜劇的で、誇張されているが、彼らの個性を表現する錚々たる俳優たちの演技力も楽しみの一つです。サラリーマンたちが共感できる面白いエピソードを描いていき、彼らに夢と希望をプレゼントしました。
また、不義に対してどのような立場を取っていくのか、あえてタイトルにサラリーマンという言葉を入れた分、それに応えて今日を生きていくサラリーマンに対する見直し作業や発言がどこまで実現されるのか注目して見れば、より面白く楽しむことができます。

↓「サラリーマン楚漢志(チョハンジ)」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です