ダレになったチャン・グク:12年ぶりの再会の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

釜山のある病院の葬式。娘を愛しながら幸せな家庭の家長が家の前のスーパーにタバコを買いに行くと言って出て、遺体になって帰ってきました。世の中をまだよく分からない純粋な高校生だったチャン・グク【役:ユン・ソヒ】はすぐにでも現れ、明るく笑ってくれそうな父親の不在に絶望します。
グクの母チェ・コスク【役:ペ・ジョンオク】
は夫の葬儀を済ませた翌日、暮らしの基盤だった釜山を捨ててソウルへの引っ越しを敢行しました。バス停、家前のタバコ屋の小道、スーパー果物家、角を曲がるたびに飛び出しそうな夫の残影は、もうここ20年余りを暮らしてきたここが耐えられないほどの痛い場所になってしまったからです。
ソウルの学校に入ったチャン・グくは音楽室で見た少年のジュンス【役:イ・ウォングン】と同じクラスの隣席で再び会ってわくわくします。学校内の一番主に喧嘩が一番強いな子の彼女と弟がキスした事で、弟の代わりに彼を対面するジュンスのために彼を阻止したグクはジュンスとさらに距離が縮み、それを見守るダへ【役:ヒョヨン】は内心あせます。。
ある日グクとダへが喧嘩をし、ジュンスがダへを慰める姿を見て落ち込みます。
一方、ジュンスの母ボムスク【役:パクヘミ】は、弟のスハン【役:デニ・アン】の結婚を強く反対する夫ジョンハン【役:チョン・ホジン】が変だと感じます。
ダへの母ヨンヒ【役:ジ・スウォン】は夫チョルス【役:イ・ハンウィ】トランクから女性の痕跡を発見して絶望します。
ワールドカップ運命の8強のスペイン戦!三家族の運命もこじれ始めます。
ボムスクとヨンヒは1泊2日の旅行に行って、ジュンスとムチョル【役:ハン・ミン】はグクとダへを和解させるためにジュンスの家で皆でスペイン戦を一緒にみることを提案します。偶然二人だけになったグクとジュンスは熱気に包まれて超えては行けない線を超え、スペイン戦の夜以降、気まずくなって、グクはそんなジュンスの高度に誤解し、ジュンスはもどかしいばかりです。やっとグクに対する自分の気持ちを確認したジュンスは思い切って告白を決心します。
一方、ヨンヒはチョルスに離婚を宣言し、チョルスは離婚だけは防ごうと努力します。

感想

『ダレになったチャン・グク:12年ぶりの再会』は2002年を主な背景として韓国サッカー選手が活躍したワールドカップの熱い熱気をドラマの中に盛り込みました。 これを通じて、当時の郷愁を呼び起こす携帯、タクシーなどのアイテムとエピソードは視聴者たちの多くの共感を得ました。
チャン・グクとユン・ジュンスの一夜の火遊びによってグくは米国に留学し、12年後ジャン・ダレに改名し、180度変わった姿になって返って来ます。
また、ユン・ジュンスは恋愛コンプレックスを持った生計型長男に成長し、ダルレと再会を成します。12年前の絆の相手だとお互い知らないまま、愛に陥ることになる二人が描き出すロマンスは彼らの簡単に切れない運命を描いて出します。
また、ベトナムで事業をしながら現地妻を置いて長い期間家庭を放置し全部失ってから家庭に帰ってくる男、ある男だけを愛して長い時間をひまわりのように見ているが、自分の物にできなく絶望する女など、多様な人物が登場します。
12年の歳月を起点に変化を経験する三家の風景は反転の妙味をプレゼントします。がむしゃらな母だったチェ・コスン【役:ペ・ジョンオク】はギョーザ事業で成功したCEOに、優雅な奥さんだったピョン・ボムスク【役:パク・ヘミ】は専業主婦に変わり、易地思之の姿を見せます。これにダレとジュンスの再会が犬猿の仲の両家の悪縁に火つけになるか視聴者を注目させました。特に、克明に変わった状況とキャラクターを表現しなければならない俳優の感情好演は逃せない一味違った楽しみです。
そこに主人公の幼い時代を演じるユン・ソヒ、イ・ウォングン、リュ・ヒョヨンと成人役のイ・ソヨン、ナムグン・ミン、イ・テイムの完全なシンクロ率はビジュアルだけでなく演技情熱まで似て幻の組合を構築しました。さらに、ペ・ジョンオク、チョン・ホジン、パク・ヘミ、イ・ハンウィ、ジ・スウォンなどの信じて見る貫禄の俳優たちの名演技はドラマに深く没入させました。
このドラマはみんなが共感できるストーリーと温かい家族愛、ヒューマニズムに対する考察を描いて、家族そろって一緒に見られるホームドラマで、家族を中心とした繊細で可愛いな姿に緊密なストーリーと和やかな感性が加わり、さらに完成度の高いドラマを作り上げました。

こちらの作品もオススメです

甘やかな演技のナムグン・ミンの演技変身が見たい方にお勧めするドラマ『匂いを見る少女』はパク・ユチョン、シン・セギョン組合を出して20代の女性視聴者の目を引っ張るのに成功しました。このドラマはウェブトゥーンを原作にしたドラマで堅実なストーリーとまとまりのある演出、コミックとよく調和した追跡者のようなミステリーの決定版を見せてくれました。
才能がないのにコお笑い芸人になろうとするオ・チョリムをシン・セギョンが務めます。優しい兄で妹を失って警察になったムガクは犯人を捕まえるため刑事になりたがっています。
過去、同じ犯人に家族を失ったという共通点だけでなく、その事件後にチョリムはにおいを目で見ることが出来る、ムガクは痛みを感じられない無痛症の特別な能力を得てドラマをもっと豊かにします。
また、明るくてKYなチョリムと重さを感じさせるムガクは`ムリムカップル`という愛称が付いたほど完璧なケミを見せてくれました。多様な表情のシン・セギョンと無表情に近いパク・ユチョンの表情対比もドラマのポイントです。
最も大きなポイントはバーコード連続殺人事件の犯人に関する謎解きです。果たして誰が犯人であり、殺人現場で証拠をひとつも残さないいつも完璧な彼がなぜ1年に1度だった殺人周期を打ち砕いたのか、彼に連れられてた被害者らは、行方不明6日目に殺害され行方不明7日目に遺体が発見されているが、その6日間どんな事が有ったのかに集中して見ると、より深く没入することができます。
ロマンス・ミステリージャンルに俳優たちの演技力、そして映像美とCGまでまとまったドラマ『匂いを見る少女』必ずチェックしてください。

↓「ダレになったチャン・グク:12年ぶりの再会」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です