チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

官紀の息子ウンボク【役:ソン・イルグック】は、チャン氏の門中祭祀の際に、高麗時代にソウングヮン判事を務めた父親ジャン・ソンフィを初めて会って、`チャン・ヨンシル(蒋英実)`という名前をもらいます。
一方、漢陽(ハンヤン)では太宗【役:キム・ヨンチョル】が王座の正当性を示すために、日食の救日食儀(日食・月食の時これを異変だと王が自粛する儀式)に万全を期するが、日食の救日食儀の失敗でソウングヮン(書雲觀: 高麗·朝鮮王朝時代天文・暦日・測候をつかさどった官衙)を信じなくなり、ユ・テクサン【役:イム・ヒョク】の代わりにジャン・ソンフィ【役:キム・ミョンス】が予測した日に合わせて月食の救日食儀を準備します。
官奴で働きながら、天文現象を観測していたヨンシルは、月の動きに異常さを感じて父のジャン・ソンフィの予測が間違ったのを知ったが官奴の身分だったため何も出来ませんでした。ヨンシルは天文研究において先進国である明に行く船に乗るために対馬の船主に火薬とともにホンサン(天球儀)をプレゼントした。しかし、船主は自動で回るホンサンを作って来たら船に載せると約束します。ようやくホンサンを作るのを成功したヨンシルは、明に発つ前、キム・ハクジュ【役:キム・デゾン】に復讐する計画を立てます。
漢陽では成人になったチュンニョン(後日、世宗)【役:キム・サンギョン】がソウングヮンで日についた話を聞き、これを曲解した大臣たちのせいで父の太宗との葛藤はますます深まる一方、漢陽では天文の石刻に秘密があるというグェソ(匿名で掲示する文)が貼り付けられ、朝廷は大混乱に落ちます。天文の石刻に秘密を解き明かしたというソウングヮンの官員の疑問の死に、チュンニョンは直接事件を調査します。漢陽に帰って来たヨンシルもイチョン【役:キム・ドヒョン】の頼みで天文の石刻を刻んだ石工を探して回る途中危険に直面したチュンニョンの命を救ってあげます。

感想

ドラマ「海神」、「朱蒙」、「風の国」など、これまで時代劇で印象的な演技を披露したソン・イルグクが役4年ぶりのドラマ復帰作に『チャン・ヨンシル(蒋英実)』を選んで大きな話題になりました。時代劇では7年ぶりのソン・イルグクが芸能における国人的人気だった三つ子の父親のイメージを脱ぎ捨てられるか関心を集めました。そこにドラマ「大王世宗」に続いて二回目世宗役を演じたキム・サンギョンが前作の世宗の姿とどのように差別化された表現を見せるのかも見どころです。
『チャン・ヨンシル』は一般政治時代劇ではなく、初めて試みた歴史科学ドラマです。そこにこれまで時代劇で触らなかったチャン・ヨンシルという実物の差別化が目をつきます。世宗治世の間、朝鮮は世界最高の科学技術業績を成し遂げ、その中心で最も輝いた人物、チャン・ヨンシルが手掛けているという歴史自体だけでも、視聴者たちに面白さと感動を与えます。そこに国民的の愛を受けたソン・イルグクの三つ子のカメオ出演はドラマの面白さを加えました。
キム・ヨンチョPDは科学器具、科学的発見、事件を最大限に分かりやすく語り、特に子供たちが興味を感じることができたドラマだと伝えました。また、15世紀の朝鮮、時代をリードし科学の暮らしを実践した人たちの話が加わり、チャン・ヨンシルを含む朝鮮科学史の星たちのチームワーク、友情を通じて作り上げた自負心あふれる歴史は深い感動を与えます。

こちらの作品もオススメです

朝鮮4代王、世宗時代は天文学だけでなく、ハングル創造にも力を注ぎました。そのような世宗の訓民正音創製の話を盛り込んだドラマ『根の深い木』を紹介します。
特に、ドラマ「大長今」のキム・ヨンヒョン作家と映画「JSA」、「高地戦」のパク・サンヨン作家が以前に共同執筆した「善徳女王」に続いて、もう一度力を合わせた点ですでに話題を集めました。そこに、演出者でドラマ「銭の戦争」、「風の花園」のチャン・テユPDの意気投合し、耳目が集めました。
『根の深い木』は原作がベストセラー小説で、すでに2006年にネット利用者選定の`今年の本`に選ばれ、`朝の読書運動本部・推薦図書`として選定されるなど、たくさんの人に愛されたイ・チョンミョン作家が執筆した作品です。
今回のドラマ『根の深い木』はこの原作小説を脚色して、訓民正音創製を控えて、世宗をめぐる歴史と政治そして個人的なエピソードが本よりもっと具体的に盛り込まれています。
同時に、兼司僕(王の親衛兵)のチェユン【役:チャン・ヒョク】が事件解決を行う過程に披露する痛快なアクションも多く追加され、ハングル創製の中心に立った女官ソイ【役:シン・セギョン】の話も興味深く描いていくだけではなく、主人公たちの間の切ない愛の物語も描いていきます。また、ハングル創製秘密組織とこれを反対する反対派の手に汗を握らせるストーリーなどもスペクタクルに展開されます。
そこに、16年ぶりにドラマ復帰した演技者ハン・ソクギュとドラマ「推奴(チュノ)」、「マイダス」に続いて3凧打席興行を狙うチャン・ヒョク、そして「土地」、「善徳女王」以来、三番目に時代劇に挑戦するシン・セギョンなど、人気と貫禄を兼ね備えた俳優たちが大勢出演して、作品性を高めました。

↓「チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です