ドリーマーズハウスの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

チャン・ソンジェ【役:イム・スルオン】は卒業を控えた就業準備生です。公開採用に志願書を出してみるが、特に特技と言うのがなく、明確な目標もないソンジェは就業の関門を通過せず落ち続けます。友達、親戚みんな有名企業に各種試験にパスするなど、ソンジェの周辺環境の圧迫に悩み始めます。
ソンジェは強い気持ちで1年間、就職に向けて実力を練磨する下宿を訪ねます。しかし、ここに下宿屋は少し変わった雰囲気をだします。
金物店を経営しながら20年間<無限動力機>完成の夢に向かって走る、下宿の家主ハン・ウォンシク【役:アン・ネサン】、彼の長女で実際的実力者の高校3、ハン・スジャ【役:ウヒ】、弟で中2病のハン・スドン【役:コンミョン】の家族と下宿生で獣医科を休んで公務員準備するチン・イハン【役:チェ・ヒョジョン】、ネールショップで働くキム・ソル【役:キム・スルギ】の5人と出会います。
ある日、ソンジェは過去面接で落ちた記憶を思い出しながら、夜遅い時間まで予想質問と答えを覚える時、家の庭にものすごい大きさを自慢する無限動力機の完成が夢なウォンシクから心のこもった忠告を聞きます。
`私は熱情があるのか`と自分に質問を投げかけのソンジェ、そして始まった面接。果たしてソンジェは合格できるだろうか。

感想

2009年ジュ・ホミンのウェブトゥーン「無限動力」を原作とするドラマ『ドリーマーズハウス』は夢と成長に対する話を描いていきます。
多くの人たちが夢と現実の矛盾の中でさまよっており、成長はそれに対する模索と省察から始まります。主人公のソンジェが作っていく、模索して省察する過程は私たち自身の話でもあるし、周囲の友達の話でもあります。
一度稼働すれば、永遠に止まらない無限動力というのは可能でしょうか。科学者たちと人たちはそんなものは存在しなし、不可能たと話します。しかし『ドリーマーズハウス』は本当に永遠に止まらない動力が存在すると言います。まさに我々の情熱。それぞれ心の中に秘めている情熱、夢。夢に向かう挑戦と熱情が人生の原動力だと伝えます。
ソンジェを通して就業準備生たちの姿をそのまま投影したドラマ『ドリーマーズハウス』は、大学を卒業して就職へ行く関門で夢と現実の乖離で悩む、この時代青春を心を揺さぶるストーリーに、夢よりはお金をたくさん稼げる大企業に入社することだけを望む現実を風刺します。
15分程度の計6部作の短くて軽く済んウェブドラマですが、その中には新鮮さがあり、忘れていた夢が叶えそうな暖かさが感じられ、視聴者たちから多くの共感を得ました。

こちらの作品もオススメです

青春を語るドラマ『二番目の二十歳』に紹介します。
誰にも立ち止まって帰りたい時期があります。今、知っていることをその時も分かってたら、二十歳の若者たちは、今の時点でどうしても分からない、おぼろげな切なさと未練が残るその時代。一晩の遊びで花のような19歳で息子キム・ミンジェ【役:キム・ミンジェ】まで生んだ、ハ・ノラ【役:チェ・ジウ】が人生で失われた断絶されたその時間へ戻ってきます。15学籍番号の新入ハ・ノラ!<どんな大人で生きるのか!が決められるところ>、同時に<どんな大人で生きるのか!を決めるところ>、愛もロマンスも咲くし、友情も裏切も咲くそのところ、キャンパス!人生で初めて自分のための時間を過ごすために、二十歳の息子と一緒に大学に入学するハ・ノラは右往左往しながらキャンパスに、青春の真ん中に立ちます。
年は既成世代だが、現実は若者たちと違わないハ・ノラがキャンパスで青春たちに学んで、既成世代に裏切られて、青春たちに慰められ、疎通する姿を通じて、《青春》という罠に引っかからないで、’既成世代’という単語に閉じ込める必要もないということを、人生というのは老若男女を問わず誰でも死ぬまで選択の岐路に立たせるという事を、だからあなたたちも、私たちも寂しくてつらい、だからお互いが、誰かの慰めと共感と疎通が必要な’一人’だということを話します。

↓「ドリーマーズハウス」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です