ニューハートの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

天賦的才能と実力に対する傲慢を持ったチェ・ガングック課長【役:チョ・ジェヒョン】は、直属上官の失策を公式的に指摘して、田舎の病院に左遷されました。この田舎の病院で偶然、新米の地方三流医科大学出身のイ・ウンソン【役:チソン】と会います。孤児院出身でおり、技術学校製パン科出身で三流地方医学部を卒業してこの田舎病院のレジデントをしているウンソンは緊急で運ばれて来た患者を診療する過程で、未熟にレントゲン判読をします。そばにいたチェ・ガングックは一気にその患者の気胸を判断して、稲妻のような手つきで患者を救います。ウンソンはガングックが有名な胸部外科医だとことを知って、胸部外科の行くと決めます。一方ガングックを訪ねて来たパク病院長は、胸部外科課長の地位を提案します。
ナム・へソク【役:キム・ミンジョン】は修学能力試験の満点で首席入学、医科大学も首席卒業し、インターン首席の嘱望される存在でありながら病院長の隠された娘です。
クァンヒ大学胸部外科の新入レジデントを支援したヘソクは女子当直室の確保が難しく、女性なので受け入れられないという理由で落ちて友達と一緒に座り込みを始めます。地方医大出身の理由で不合格したウンソンも一人でデモをします。

感想

ニューハートの平均視聴率は25.2%、最終回の23回の視聴率は33.6%まで上がった、まさに大ヒットしたドラマです。
主人公たちのチェ・ガングック、イ・ウンソン、ナム・へソクは全く違う欲望や価値観、背景を所有しており、その異質的なものが、ドラマのストーリー中でぶつかりながら、彼らは<正しい方向>を考え始めます。どう思えば、医師として当然の職業倫理と、その反対点の資本主義の競争の中で生存に向けた市場論理が病院内で対立する事です。この価値観と現実と理想が人物を通じて表現されるが、その伝達力が生々しいです。
人物の性格や行動を通じて、病院を乗り越え人間と生命に対する高次元的な苦悩と省察をするようにするのが、この医学ドラマ『ニューハート』みどころです。また、頑固一徹のチェ・ガングックも、前だけを見て走る1位コンプレックスのナム・へソクもイ・ウンソンが持つバカのような魅力によって少しずつ削られ、変化して、医師の職業倫理と苦悩、省察、人間の情、価値観の変化、愛を話します。『ニューハート』は視聴者に心臓が動いているという事実を感じさせながら、イ・ウンソン、ナム・へソクの世界<ドゥイジルランド>に招待します。

こちらの作品もオススメです

メディカル・ドラマが好きな方に紹介するドラマ『ブレーン』は人間の脳を扱うという斬新な素材の正統メディカル・ドラマです。
シン・ハギュン、チョン・ジンヨン、チェ・ジョンウォン、チョ・ドンヒョクなど演技の達人たちが大挙出演するという点で、放送前から話題を集めました。
病院と医学を素材にしたドラマは、これまで多かったが、その中でも <白い巨塔>、<ニューハート>、<外科医師ボン・ダルヒ>のように胸部外科の方が多かったです。しかし、『ブレーン』は’脳’を扱う神経外科です。さらに、脳は現代医学でもまだ100%明らかにされなかった神秘的な機関の一つであるため、素材が新鮮味は十分です。’脳’という基本構成の上に広がる好奇心を刺激しかねないエピソードはこれまで新たなメディカルのドラマを待ってきた視聴者たちの期待感を刺激しました。
1、2階を合わせた延べ面積がおよそ800坪余りの相当の規模のセット場には病院セット場らしく応急室、重患者室、手術室を備えており、100%のリアリティーを向けて執務室と研究棟も設けられました。小物たちの面貌もすごく、一台当たり2億ウォンに近い人工呼吸器、放送用カメラの役割までするようになる10億ウォンの手術顕微鏡なで総制作費40億ウォンがかかった、ブロックバスタードラマです。リアルなメディカル・ドラマが好きな方は是非ご覧ください。 

↓「ニューハート」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です