ハッピーエンディングの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

諦める事を知らないポジティブで楽観的な性格ながらも、度胸を持つ社会部・記者であり、家の中では家父長的な独裁者の姿を見せるキム・ドゥス【役:チェ・ミンス】はある日車の中で妻のソンア【役:シム・ヘジン】がラジオに送った話を聞きながら、思い出にふけました。しかし、不義を見ると、我慢できない正義派で警察署を何度も出入りする、小僧のような長女グムハ【役:ソ・ユジン】の電話に急いで地域交番へ車を回します。出来ちゃった結婚をして数年間が立ったのに、グムハの夫、テピョン【役:パク・ジョンチョル】がまだちゃんとした仕事もなく嫁の実家で住んでいるのが心配なドゥスは就職を促しますが彼は愉快な詭弁で対抗するばっかりです。
突然余命数か月を告げられたドゥスは久しぶりに家族揃って食べる夕食の時間に烏合の衆にすぎない家族たち見ながら考えます。しかし、自分を信じて頼っている家族を残して死ななければならない現実を知りながらも、家族にどうしても自分の病気の事を打ち切ることが出来ません。
後輩記者パク・ナヨン【役:ソ・イヒョン】の記事のアイテムがあんまりだったドゥスは`死体験館`というアイテムに興味を表し、ナヨンとともに死体験館に直接訪問します。重い表情で直接管に入り横になります。棺の蓋が閉まった状態で真っ暗な闇の中にいたドゥスは突然、近づいて来た自分の死を実感し、6ヵ月後には実際にそのなっているかもしれないという圧迫感がドゥスは恐怖を感じます。
一方、妻のソンアはドゥスが結婚生活28年間、朝起きて歯磨き、下着、靴下などの仕度をしてくれたソンアの手を拒否し、自ら探して準備する意外な姿を見て、突然変わった夫の姿を不審に思い、ついにドゥスが浮気をしているうじゃないかと誤解します。
ドゥスは自分の死を控えて、父親【役:チェ・ブルアム】を訪ねます。どうしても自分の病気を話さず、仕事のため船に乗って海へ出る父を見ながら独り言で自分の病気を言います。しかし、息子の余命6か月も知らないまま、自慢の息子に向かって明るい表情で力強く手を振りながら遠い海へ行きます。

感想

熱血父チェ・ミンスの家族改化プロジェクト『ハッピーエンディング』は疲れた日常に気持ち良い希望と暖かい笑いを与えるハッピーウイルスを視聴者らにプレゼントしました。
このドラマは、死を通して真の人生の意味を探している家長と家族の物語を盛り込んで、2007年アニメ、映画、ドラマに作成され、日本社会に大きな反響を呼び起こしました、2005年日本の産経新聞に連載された秋元康の小説「象のせなか」が原作です。
ある日突然、余命宣告を告げられたキム・ドゥスが疎通出来ない自分の家族達とついに和合し、世界で一番美しい別れを迎える過程を描いて行きます。
また、チェ・ミンス、シム・ヘジン、イ・スンヨンなど深みのある演技力を持った個性満点俳優たちがキャスティングされ、信頼度の高いラインナップでさらに視聴者たちの耳目を集中させなした。特に長い間、自分だけの鮮明な色を持った俳優として高い評価されて来たチェ・ミンス、シム・ヘジン、イ・スンヨンと着実に演技力を築いながら、野心に満ちた抱負を露呈している若い俳優たちの出会いが視聴者に信頼を与えました。
現実的な夫と妻を演じるチェ・ミンスとシム・ヘジンは映画「結婚話」以降、20年ぶりに夫婦で再会しました。また、初恋の恋人で出会ったチェ・ミンスとイ・スンヨンは96年、映画「ピアノマン」以来16年ぶりに再会しました。ここに、名字までの同じのチェ・ブルアムとチェ・ミンスはドラマ「頭を下げた男」以来、21年ぶりの親子役でぴったりなケミを見せました。国民の父で確固たる位置を認められているチェ・ブルアムの特別出演でドラマは感動に深みを増やしました。
コミュニケーション指数ゼロ、和合指数ゼロ、譲りと配慮指数ゼロ、せっかいと無関心だけが残っている不良家族が静かに家族との別れを準備していく父の愉快な死をめぐって、ついにお互いに疎通して化合し、幸せな家族へ生まれ変わる過程を愉快ながらも美しく描いていきます。
何よりもしっかりとした原作を土台としているこのドラマは単純に生と死の話ではなく、生に対する激しい苦悩と懺悔、死を越える真の家族愛を見せながら、生き生きした感動のある率直な話で、視聴者たちを満足させた意味のある作品に仕上げられました。

↓「ハッピーエンディング」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です