ファンタスティック~君がくれた奇跡~の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

ニックネーム、GODソヘ。ジャンルのドラマの1因子である36歳の作家イ・ソヘ【役:キム・ヒョンジュ】は24歳の時、今の韓流スターリュ・ヘソン【役:チュ・サンウク】を作った短幕劇でデビューしました。以降、ジャンル物を書き始め、マニアーの熱狂的な支持を得ました。ドラマでも現実でも人を良く殺す作家で有名だが、家族には限りなく弱いです。難しいというジャンル物を九本も書いて野心的に十番目の作品を発表しようとした時、ドラマの諮問を手伝ってくれた変わり者の医師ジュンギ【役:キム・テフン】に余命6か月を宣告されます。乳がん末期で、すでに手を出せないくらい全部壊れて、悔しがる時間もありません。作家としての責任感、少女家長としての義務感など、全部脱ぎ捨てて生まれて初めて、ただ自分だけのための利己的な時間を過ごすことを決心します。
癌になって、孤独に死を迎えする哀れな女になることよりは、ある日、旅経って消えてしまったカッコいい作家として記憶されたい。雨期にウユニ砂漠に旅行行く日を待ちながら、最後の台本を執筆したソヘに彼女の初恋、宇宙大スターリュ・ヘソンが現れます。しかもジュンギまで加わり、ヘソンとジュンギがソヘを置いて神経戦を繰り広げている間、ソヘは存分に二人の男性の愛を楽しみます。

感想

余命という素材を涙ではなく愉快さで留めて、今日を満喫しながら暮らすのがどんなにファンタスティックなことかを見せてくれる『ファンタスティック』はドラマ「ラスト」、「黄金の帝国」、「追跡者THE CHASER」などを通じてマニア視聴層を確保しているチョ・ナムグクPDと「スルプンヨンガ(悲しい恋歌)」、「三人の友達」、「男三人女三人」などを執筆した感覚的な筆力のイ・ソンウン作家が意気投合した作品で、放送前から視聴者の好奇心を刺激ました。特に、主に重厚なジャンルドラマを演出していたが、その中でも細かい感情を逃さず、繊細な演出を見せてくれたチョ・ナムグクPDのまた違う魅力のロマンチック・コメディーが誕生するものとみて期待を集めました。
余命は今まで数多くの映画やドラマが手がけてきた話であることは確かだが、『ファンタスティック』は愉快で輝く<今日>を描いて行きます。
余命宣告された作家イ・ソヘは泣く事を拒否して楽しい今日を暮すし、がんになったがん専門医師ホン・ジュンキ【役:キム・テフン】も”どうせ人生は余命付き”として肯定的エネルギーを電波します。
彼らが見せてくれるロマンスは明日もなくピリピリして、彼らが受け入れた死は、平穏で日常的です。既存のクリシェを壊す破格的な話に愉快な笑いと’今日だけ生きることがどれほどファンタスティックなことか’を見せてくれます

こちらの作品もオススメです

キム・ヒョンジュ主演の余命を素材にしたもう一つのドラマ『バカママ』を紹介します。
このドラマは母と娘の極度の愛憎を盛り込んだ四ヵ月間の同居期の描いて行きます。IQ72で知的障害3級、さらにシングルマザーだったため、お姉さんという名前で生きてきた母、キム・ソンヨン【役:ハ・ヒラ】と普通じゃない出生の悲劇と運命の足かせから脱するために尽力した、IQ200の天才娘キム・ヨンジュ【役:キム・ヒョンジュ】。ソンヨンはヨンジュのことなら命を出すほど、切々とした慕情の所有者なので、その熱い慕情が溶岩のように自分の人生が飲み込まれるのかヨンジュは怖かったです。ヨンジュは磁石のN極とN極のように自分の磁場の中に入ろうとする母、ソンヨンを何とか追い出すとしたが、同居が始まり、これまで母を避けて粘り強く最後まで作り出した自分の城が崩れ落ち始めるのを感じました。
心臓病により、余命宣告された娘、脳腫瘍を持ったIQ72の母が、死ぬ前に相手にしてしてあげたかった事に挑戦しながら起きるエピソードを描いたヒューマンドラマで、母の足りないことを恥じている世の中のすべての娘たちが、与える事以外は何もできない馬鹿母親に送る最後の愛の告白です。 

↓「ファンタスティック~君がくれた奇跡~」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です