ホジュン~伝説の心医~の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

父親のホ・リュン【役:チェ・サンフン】の誕生日、父親のような勇敢な将軍になることを夢見るホ・ジュン【子役:カン・ハンビョル】は父の誕生日宴会に尋ねますが、情実夫人のチャン氏【役:キム・ヒェチョン】によって追い出されます。英明な頭で寺小屋で兄のホ・ソク【子役:カン・イソク】をはじめ、他の子供たちより優れた実力を誇るホ・ジュンにホ・ソクは賤妾の蘇生のくせに両班(ヤンバン)と一緒に勉強するとし、賤妾の蘇生であるホ・ジュンが科挙を見る資格もない事を言います。寺小屋で文の勉強をしている途中、勲章の質問にしっかりした答えを出したホ・ジュンと比較され大恥をかいたホソクはホ・ジュンのせいで屈辱されたと思い、自分の友たちを集めホ・ジュンを雪が積もった氷の湖として連れて行き、酷寒の天気にもかかわらず、服を脱がせ精神を失わせます。雪原に倒れていたホ・ジュンを看護したミヒョン【役:キム・ソヨン】の事が家に帰っても思い出され、再びミヒョンを訪ねたホ・ジュンは薬草に精通したミヒョンの様子を見て感心します。
一方、ホ・リュンは蛮夷の頭目を掴み漢陽(ハンヤン)に連れて行こうとする計画を聞いた、チャン氏とホ・ソクは漢陽(ハンヤン)に浮き立ちます。しかし、突然侵略してきた蛮夷に村は修羅場になります。ホ・ジュンはミヒョンを救うために駆けつけますがミヒョンと共に夷に掴まります。一方、蛮夷が退却した噂を聞いたホ・リュンとホ・ジュンの母・ソン氏【役:コ・ドゥシム】はホ・ジュンを捜し始めます。ソン氏は息子が夷に掴まったという知らせを聞いて衝撃を受けます。夷は、ホ・ジュンと蛮夷の頭目の交換を提案するが、ホリュンは悩んだ末に断ります。断られた夷は良民とホ・ジュンを明の奴隷市場に連れて行きます。一緒に逮捕されたホ・ジュンとミヒョンは混乱の中お互いの手を離してしまい別れます。
息子を救えなかった罪悪感に悩まされたホ・リュンは部下の反対にも関わらず良民とホ・ジュンを救うために兵を集め、国境の外にある蛮夷の居所を攻撃する計画を建てます。
良民たちと一緒に入たミヒョンは寒さと疲労を耐えきれず倒れます。一方、ホ・ジュンは夷の監視がおろそかなすきをねらって密かに捕縛を解いて無我夢中で逃げます。素足で、雪畑を駆けつけたホ・ジュンは寒さに耐え切れず、息を引き取ったミヒョンが雪畑に捨てられたのを発見して罪悪感と悲しみに号泣します。
一人で歩いていたホ・ジュンはホ・リュンが率いる朝鮮軍隊と会って救出されますが、父に今になって自分の立場をわきまえたとし、父の手を冷たく振り切ります。
成人になったホ・ジュン【役:キム・ジュヒョク】はチャン医員の家で父を助けてくれと哀願するダヒ【役:パク・ウンビン】と出会います。一方、厳しい警戒のために取引をあきらめて帰るホ・ジュンは軍卒らに追い上げられている誰かを発見します。

感想

『ホジュン』はMBCが夕方9時代の視聴率を抑えるため、23年ぶりに編成した連続時代劇で、ホジュンを素材にしたMBCの四番目の作品で、彼の幼い時代から老年までの全生涯を扱った作品です。
1999年放送当時、平均視聴率50%を超えるほど大きな人気を集めた「許浚」の人気を『ホジュン』が続けれるのか注目される中、主人公のホ・ジュンを演じる俳優キム・ジュヒョクは38年ぶりに父キム・ムセンを続けて`ホジュン`役を演じてさらに大きな話題を呼びました。彼は父が演じたホ・ジュンとは異なる、より自由奔放な姿のホ・ジュンを見せました。
2013年新たに生まれたこのドラマは1999年のリメイク作品で1999年「ホジュン」を執筆したチェ・ワンギュ作家が再びペンを握って従来の重厚な主題意識に時代精神を加えて新たで斬新な展開を披露しました。前作が王や王族中心の宮中時代劇から脱し、封建時代中・下流層に属する人物たちを中心に彼らの哀歓深く描いたなら、このドラマは原作でも描かなかったホ・ジュンの幼い時代を劇化してイェジンとユ・ドジ、ダヒなどの主要キャラクターを現代的感覚に合わせて変化させる一方、文禄・慶長の役(壬辰倭乱)が起きた背景から新しい人物を発掘して前作との差別化を試みました。
ホ・ジュンは朝鮮時代の身分の壁を越えた人間勝利を見せたドラマです。
ホ・ジュンの著書である東医宝鑑は400年という時間を超越して、ユネスコ世界記録遺産に登録されています。ドラマの主な流れを人間ドラマと情報ドラマ、両軸に分けて人間ドラマでは劇的なホ・ジュンの一生と波乱万丈の人生を盛り込んでおり、情報ドラマ面では視聴者たちの関心事である健康問題を漢方治療過程を通じて紹介し、<ドラマ的な楽しさと感動>そして<情報への欲求の充足>という二つの目標を達成しました。

↓「ホジュン~伝説の心医~」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です