ママ~最後の贈りもの~の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

直線的な性格で時には無礼に見えるほど、頑固で妥協することを知らないスンヒ【役:ソン・ウンア】は幼い頃両親を亡くし、親戚の家を転々としながら孤児同然に育てられ、消極的で自尊感存在感ゼロに消極的でした。一人の男と愛し合い、彼との幸せな未来を夢見ましたが、彼の家の激しい反対と男の裏切りで振られた後、妊娠の事実を知ります。望まなかった子供を生んで、うかうかとシングルマザーになったが、それがむしろ人生の転機になりました。
13年前、カナダに定着し前だけ見て走って成功と名誉を手に入れて成功的な人生を生きていた彼女は突然韓国行きを決心して、元恋人であるムン・テジュ【役:チョン・ジュノ】と彼の妻ソ・ジウン【役:ムン・ジョンヒ】家族の調査を始めます。
お金持ちの娘に生まれ、明るくて純粋で育てられたジウンは父親の紹介で会った夫に一目惚れ、大学卒業と同時に結婚しました。結婚直後、父の事業が潰れ、父の仕事を手伝っていた夫まで打撃を受けました。周辺ではただ夫は趣味として職場に通って、お金持ちの実家の経済的支援で余裕のあるように知られているが、結婚する時、父が買ってくれたマンションでローンを組んで、裕福な弟の助けに貰っています。名門大出身の夫がそのようになったのは自分と結婚したせいだと自責もあったし、生活費などで夫のプライドを傷つけたくないくらい夫を愛しています。
娘のボニ【役:チョ・ミンア】の習い事で借りた多額の借金で利子と生活費で生活が苦しくなって、私債まで手を出そうとするが、身体放棄覚書を担保代わりにすると言う言葉に怖くなって諦めます。私債業者にヌード写真撮影を紹介してもらい言ったジウンは脱衣要求に驚いて下着のまま逃げます。逃げるスンヒを廊下で会ったスンヒに助けてほしいと涙を流しながら哀願します。
スンヒは自分の死を知って息子グル【役:ユン・チャンヨン】に新しい家族を作ってあげようとして、父親のテジュを訪ねてカナダから来たのに、その奥さんのジウンに会って、失望を感じ自分の息子を預けることができるか悩みます。

感想

私教育の共和国大韓民国の心理的ランドマークであるジギョ洞。そこで死を控えて一人だけの子供に家族を作ってあげようとする女性と、夫の元恋人と世の中でかけがえのない友人になる一人の女性の母性愛と友情を描いたドラマです。そして子供のための母たちの集まりで家庭外生活がすべてだった女性と息子と一時間以上一緒にいると喧嘩になる女性の風変りな友情を話して、男たちの義理を超えた滅多に見れない女性友情を見ることが出来ます。
生まれた瞬間からサバイバル教育に投げ込まれた子どもたちと子供の成功に向けてアルパ・マム、マネージャー・マムなどを自任する大韓民国のお母さんたち。このような大韓民国の教育現実を自ら体験している<本当の母>ユ・ユンギョン作家が教育現場を生々しく描いて行きます。前作「みんな一緒にチャチャチャ」、「我が家の女たち」など個性の強い女性キャラクターを主人公において家族の意味と多様な姿の愛を描き出し、視聴者たちの共感を得た彼女とドラマ「トンイ」、「7級公務員」など多くの話題とジャンルを問わず演出力で愛されたキム・サンヒョプ監督の出会いで、放送前から<生きているストーリー>と<深い共感>をプレゼントしてくれると期待感されました。
ドラマ「オンエアー」以降6年ぶりにドラマに帰って多くの関心を集めたソン・ユナは胸の痛む母性愛と死を控えた最後の恋をするハン・スンヒ役を演じます。映画「ヨンガシ」、「かくれんぼ」などで忠武路でも認められた実力派女優ムン・ジョンヒは夫の元恋人と深い友情を交わすことができる純粋で愛らしいソ・ジウンに変身します。
また、「生涯、最後のスキャンダル」、「逆転の女王」に続いたロマンチックな中年の男性の独歩的スターチョン・ジュノはワナビー夫ムン・テジュ役でスンヒの昔恋人であり、ジウンの夫を演じます。彼らだけでなくホットライジング・スターのホン・ジョンヒョンは悪い男みたいが実は純情男ク・ジソプに扮し女心を総攻略します。
このように共感できる率直な脚本と特別な演出、そしてそれぞれ多様な色を持つ俳優たちの合流で話題になった『ママ』は母性愛や女性たちの友情、そして愛を溶かし出し視聴者たちに新しい風を感じさせました。

↓「ママ~最後の贈りもの~」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です