モンスター~私だけのラブスター~の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

最高の人気アイドル・マンインブラックのリーダーソルチャン【役:ヨン・ジュンヒョン】は学校を背景にする映画の主役を務めて自分の学校に戻てきます。ニュージーランドで暮らしている途中母とのトラブルで一人で韓国にきた事情多い転校生ミン・セイ【役:ハ・ヨンス】はソルチャンが映画パートナーの女優と学校の隅でキスをするのを目撃します。セイが二人の写真を撮ったと思ったソルチャンとお互いに誤解をするようになります。急いで撮影を終え学校を出てくるソルチャンがベンを向けて飛び込んだサセンファン(プライベートまで追いかけるファン)を殴って暴言を言ったという噂で頭を悩ませます。
暴力ドル、暴言ドルなどのレッテルが貼られ、芸能界生活が厳しくなったソルチャに所属会社のコ代表【役:キム・ヒウォン】は、今まで芸能活動でさぼった学校に毎日通いながらイメージ回復を待つのを勧められ、再び学校に戻ることになります。
登校初日、いつものようにギュドン【役:カン・チャン】を虐めるジェロク【役:ユン・ジョンフン】らから彼を助けるセイの姿を外から見たソルチャンは教室の扉を開ける途端にセイに自分のペアになることを言います。ソルチャンの登場で学校が騒ぎになりソルチャンがペアと指名したセイを女子たちは嫉妬します。紆余曲折の末、セイはソルチャとペアになって先生ドクコ・スン【役:イ・ヒジン】は班長ソンウ【役:カン・ハヌル】にソルチャンとセイを助けて音楽修行評価を準備するように伝えます。
音楽修行評価の練習するために、仲良く話を交わすソンウとセイの姿を見たソルチャンは妙な嫉妬を感じます。セイはソンウと練習するため約束した公園に着きますが、ソンウは急な用事で現れずに、見知らぬ男ジウン【役:アン・ネサン】が彼女の前に現れます。そんなセイをソルチャンが助けた事を切っ掛けに、翌日からソンウ、ソルチャン、セイは一緒に音楽修行評価を練習し始めます。一方、コ代表の一方的な指示で寮から実家に入ることになったソルチャは修行評価の事も忘れて事務所に行きます。ソルチャンが現れない中、ソンウとセイの音楽修行評価が始まります。

感想

『モンスター』は傷ついた10代たちが音楽を通じて癒しながら成長していく内容を盛り込んだ12部作ドラマで、2012年にブームを起こした「応答せよ1997」のみずみずしい感性、「スーパースターK」の音楽性を感じることができます。
このドラマは演技と音楽が会ったミュージック・ドラマで、劇中披露する音楽は世代をカバーできる歌詞とメロディを持った歌で構成されました。ドラマの状況と感情に没頭できる選曲に心血を傾けて、いわゆる韓国歌謡の歴史を引っ張てきた伝説級の歌手の歌と隠された原石のような名曲を再解釈しました。
製作陣はMnetのノウハウとキム・ウォンソクPDの音楽的造詣をもとに1970年代から最近KPOPまでに全世代が一緒に楽しめる音楽を毎回にわたって披露し、10代から4050まで音楽でコミュニケーションします。このため、MBC「太陽を抱く月」、映画「サニー」、「過速スキャンダル」のキム・ジュンソク音楽監督、「トキメキ☆成均館スキャンダル」のパク・ソンイル音楽監督、弘大女神ジェイレビットの製作者イ・ドンヒョン音楽PDが意気投合しました。
作品は1年間の事前企画期間を経て、放送前すでに半分の6回まで撮影を終えた状況でした。そのため役者らも余裕を持って、繊細な感情表現演技に集中することができたし、後半作業にも十分な時間を割いて、美しい場面を視聴者たちに伝えました。
また、響きのある歌が視聴者の耳をつかんだら、キャノンの専門映像撮影ラインを通じて一段とアップグレードされた映像美を披露し、感覚的で洗練された映像美は視聴者の目を魅了させました。
グループハイライトのヨン・ジュンヒョンはデビュー以来初めて演技に挑戦しました。数多くの女優と女のアイドルを抜いて女主人公に選ばれたハ・ヨンスは新鮮なビジュアルと数カ月間にわたって磨き上げた歌と演奏実力でキム・ウォンソクPDのミューズに乗り出しました。
さらに、ミュージカル界で実力を認められたカン・ハヌルは歌は基本、ギターからチェロ、コントラバスなど、ジャンルを行き来する楽器を披露して、生まれつきの音楽感覚を持つ彼のレベルの高い音楽の実力も一つの観戦ポイントです。

↓「モンスター~私だけのラブスター~」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です