ラブインメモリーの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

彼氏のギス【役:チェ・ウォンヨン】一緒に寄った<教保(キョボ)文庫>。書店で本を見ていたヒョンジュ【役:チョ・ユンヒ】はギスに女の人がどうして書店に行くのか知ってると聞きます。続いて本を読む女は美しい、美しいから絵として残るんだと答えたヒョンジュは、自然に本を読む姿が美しかった男、初恋だったマンセ【役:チョン・ギョウン】を思い浮かべます。
7年前、お互い愛してたが、自分だけの世界が強すぎたマンセはのヒョンジュの愛までおせっかいだと感じ、ヒョンジュは自分だけの世界にいるマンセを見て情けないと思いました。そんなに二人は段々」合わなくなり、お互いに傷を残したまま別れた思い出にふけっていたヒョンジュの目の前に、マンセが現れます。7年ぶりに偶然会った初恋マンセをみたヒョンジュは、つい彼の足取りを追います。道で絵を描いているマンセを夢中にみているヒョンジュは、ギスの電話に気が戻って、彼を書店に置いて出てきてしまったことを気付き急いで書店に戻りますが、書店の中でマンセの幻想をみます。
ヒョンジュにサプライズプレゼントでオルゴールを渡したギスは今ヒョンジュの中では、オルゴールの中の女はヒョンジュが事実だが、その隣の男は自分ではないということを知っています。ヒョンジュはオルゴールを見ながら、マンセと別れた時を回想します。

感想

低予算で広告主(教保(キョボ)生命)が望んだ企業のイメージ露出を立派に描き出した、秀作中で秀作だと評価された、ウェブドラマ『ラブインメモリー』は20代中半のヒョンジュ【役:チョ・ユンヒ】が偶然、彼女の前に再び現れた初恋の人マンセ【役:チョン・ギョウン】と再会しながら、過去を思い出しながら、常に心の中に宿題として残しておいた初恋の思い出を探しにしばらくの間旅経つ過程とそれを静かに見守る彼氏のギス【役:チェ・ウォンヨン】この運命的なラブストーリーを描きながら、ドラマが持っている<起承転結>を<離別・再会・告白・謝罪・許し・希望>の小題の中で繰り広げます。
ありふれるストーリーを、ありふれてない展開で描いたパク・ソンジェ監督は脚本まで務め、優れた文章力とウェブドラマであることにも映画のような効果を出した演出力を見せてくれました。甘美な映像と華やかではないが、胸をちくちくさせるセリフ、そこに安定的な俳優たちの演技まで備えた『ラブインメモリー』は、誰でも一度くらいはしてみた考えと経験を描いて、視聴者は主人公たちにオーバーラップされて、いきいきとしながらも未熟だった初恋を思い出さ、余韻が残るだけに、共感する事が出来ます。

こちらの作品もオススメです

ラブインメモリーの反応に応じて製作された『ラブインメモリー2:父のノート』を紹介します。シーズン1と同様、パク・ソンジェ監督が脚本まで務めており、<今日・痛み・息吹・祝福・孤独・告白・幸福>の小題で話を描いていきます。
スジョン【役:ユン・ソヒ】は17年前に亡くなった父が残した手紙に書かれたミッションを受け受けます。父のミッションを解決したら結婚をすることができると信じているスジョンと彼氏は<森の中の家>で17年前に作成された父のノートを発見します。
父ヒョンス【役:チョン・ウンイン】は次長に昇進し、順調に上がっていくと思った日、病院から脳萎縮症という診断を受けます。それにもかかわらず、家族には不治病の事実を知らせず、昇進お祝いパーティーを開き、家族と楽しい時間を過ごします。父のノートにはヒョンスは死ぬ前にやりたいことを書きながら、一人で別れを準備いく過程が書かれました。
一方、ジウン【役:ユン・ジュヒ】は思わず開けた郵便物で夫の病名が書かれた診断書を見て、不治病の事に気づきますが、二人は別れを口に出しません。父との別れが準備出来てないまま、あっけなく別れなければならなかったスジョンは、ノートを通じてこのすべての内容を知り、遅れて父の死を知ったことと、そのお別れさえ隠そうとした母に恨めしいです。
シナリオを読みだけで、涙をたくさん出たと言う俳優たちの言葉のようにドラマは、残る家族のために別れを準備しながら、幼い娘に幸せな思い出を残してあげようと努力していく父親の姿が悲しいけど暖かく感じます。父のノートの話が気になる方は是非ご覧ください。 

↓「ラブインメモリー」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です