世界の終わりの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

レジデント1年目の時、進路を変えて疾病管理本部の疫学調査官になったイ・ナヒョン【役:ジャン・ギョンア】は疫学調査チームに初出勤します。チーム員たちと挨拶を交わし、疾病管理本部のシャーロック・ホームズと言われるカン・ジュホン【役:ユン・ジェムン】チーム長に対する話を聞きます。 人を一回見るだけで全部見通すという名声にふさわしく、やはりナ・ヒョンの生活範囲を一度に当てるジュホンは大半が医学や自然科学を専攻した博士出身で構成された疾病管理本部では非常に特異な履歴に属する、憲兵隊将校出身です。些細な事実に対する卓越した洞察力を持っているし、観察と推理に関しては天賦的です。
一方、奇病患者が血を吐きながら倒れてある内科病院で死亡して、彼を移送した救急隊員と病院の関係者らが似通った症状を見せ、伝染病だと判断され疫学調査チームが投入します。たった一日で発病し致死率100%のウイルス。いきなりのウイルス感染で死亡したチェ・ジョンウォン【役:キム・スンヒョン】の死を捜査する疾病管理本部の疫学調査課長カン・ジュホンは彼が働いていた水族館から写真同好会のメンバーたち、家の中のごみと領収証まで隅々見極めながら、彼の足取りを追跡します。 結局、ジュホンは普段お酒を飲まないジョンウォンが酒を買った領収証を持っていることと破れた薬の袋を分析し、最初の奇病患者の家に彼以外に誰かがいたということを見つけ、オ・ギヨン【役:キム・ヨンミン】の存在を把握します。彼が最近、遠洋漁船の<ムンヤン号>に乗った事と、船が沈没し漁船の乗組員全員が死亡した事件の唯一の生存者ということを知ります。
また、オ・キヨン【役:キム・ヨンミン】は自分が流布者で、Mウイルスの腸チフスのメアリーということ知りますが、自分は死ぬまで生体実験にされたくなく必死で逃げます。
死亡者が次々と増えて行く一方、感染病センターに集まった諮問委員らは、患者の状態を見てきた疾病管理本部長チョン・サンスク【役:キル・ヘヨン】の言葉に緊張します。その時ちょうど帰って来たジュヒの報告を聞いて深刻さを感じます。

感想

ベ・ヨンイク作家の長編小説「伝染病」を原作にした『世界の終わり』は原因を知らない奇病が無差別的に広まった事で人間たちの不安や悩み、葛藤を取り上げた作品です。
疾病管理本部と言うやや不慣れな空間を背景とするこのドラマはリアリティの最大化のため、京畿道ヨンチョンで制作費20億ウォンあまりに達するセット場を建てました。数千万ウォンに至る高価な装備はもちろん、各分野の専門家らが撮影現場に投入され、ドラマの完成度を高めました。
『世界の終わり』に対する信頼感を集めた理由はアン・パンソクPDの作品だと言う理由が最も大きいです。これまで多くのドラマを通じて演出の能力を認められたのはもちろん、スター俳優を育てたPDであるためです。とくに、前作品である「白い巨塔」、「妻の資格」の連続ヒットはアン・パンソクPDに対する名声につながりました。ジャンルを問わず自分だけのスタイルを守り、新しい神話を創り出したアンパンソクPDが復帰作『世界の終わり』を通じてピルモグラピにもう一つの傑作が加えられるのか放送前から期待感を集めました。
主演より一層輝く演技力で定評のあるユン・ジェムンがついにドラマ初主演を務めました。疾病管理本部の疫学調査課長カン・ジュホン役で優れた洞察力と推理力で事件を解決し、韓国版シャーロック・ホームズとして活躍します。特にユンジェムンは、今回役を通じて、疾病管理本部の疫学調査員イ・ナヒョン【役:ジャン・ギョンア】と実際17歳差が顔負けするほどの深いラブラインも披露しました。滅多にみられないユン・ジェムンの愛の演技がどんな姿で描かれるかも一つのみどころです。
『世界の終わり』はウイルスの宿主を置いて追跡を行う推理物であり、その原因を暴くための医学ドラマであると同時に緻密で繊細な逆追跡過程とともに人間本来の欲望と喜怒哀楽を盛り込んだヒューマンドラマです。特色のある話を待ってきた視聴者なら、これまで韓国のドラマでは見られなかった専門的なジャンルのドラマとしての新たな品格と会うことが出来ます

↓「世界の終わり」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です