九家の書~千年に一度の恋~の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

高貴で、人の接近を不許可し、山を守る霊物らが出没するという月光の庭。そこに千年前から山を守護するグ・ウォルリョン【役:チェ・ジンヒョク】が住んでいます。人間の世界には介入してはいけないが、ウォルリョンは好奇心が溢れて人間世界を練り歩きます。
ユン参判(朝鮮王朝時代官職)は謀反罪という濡れ衣を着せられて斬首刑されます。彼の娘ソファ【役:イ・ヨンヒ】は、目の前で父親が殺害されるのを目撃します。また、逆賊の子として官妓に売られます。 チュンファグァンの親方妓女チョン・スリョン【役:チョン・へヨン】はソファの弟を威し、妓女になって父を反逆者だと追い込め自分の家門を滅門させた敵、チョ・クァンウン【役:イ・ソンジェ】の慰み物になることを要求します。
弟は、ソファの小間使だったダミ【役:キム・ボミ】にソファと服を着替えてくれと頼み、ダミがソファのふりをする間、ソファと弟は一緒に逃げます。逃げる途中、山でソファは足首を痛めてもう自分が弟と一緒に逃げれないと思い、弟を先に送って自決しようとします。その時ウォルリョンが現れ、彼女を安全な場所に移した後、ソファを追いかけた人たちの前に本来の姿で現れ森から追い出します。
ソファではなくダミだった事を知ったクァンウンは官庁街に行って官奴らが逃げたと知らせてチュノによって弟は捕まり殺されます。一方クァンウンは九尾狐が現れたという報告を聞いて討伐軍のダム・ピョンジュン【役:チョ・ソンハ】を派兵します。
ソファに心を許し、不老不死の生命を捨てて人間になろうとするウォルリョンは三つの禁忌を守って出して九家の書を手にしようとします。ソファとは二人だけの婚姻をして月光の庭で幸せな日々を送っていたか、ダム・ピョンジュンによって発覚されます。弟が生きていると言ったウォルリョンの言葉とは違って弟もダミも死んだことを知って、ウォルリョンが自分をだましたという事実に憤慨して月光の庭にダム・ピョンジュンとチョ・クァンウンを連れて行きます。ウォルリョンはソファが裏切ったという事実に衝撃を受けた上、ピョンジュンの刃物に刺されて死にます。ピョンジュンはクァンウンの指示でソファを殺そうとするが、妊娠中であることを知って彼女をスリョンに送ります。
ソファはお腹の子が怪物だと思って殺そうと思って毒草を食べるなど数十回試しますがお腹の赤ちゃんは健やかに大きくなります。生まれる日が近づいて、ソファは一人で月光の庭に行き子供を産みます。怪物の姿ではなく人間の姿の赤ちゃんに泣きながら普通の人たちと住んで欲しいと川に流します。
偶然赤ちゃんの声を聴いたパク・ムソル【役:オム・ヒョソル】は赤ちゃんを拾ってカンチと名前を付けて育てます。

感想

新概念ファンタジー時代劇『九家の書』は半人半獣で生まれたチェ・カンチ【役:イ・スンギ】が人間になるために繰り広げる、スペクタクル的で軽快な武侠活劇です。人には成れないが、人間的な人生を生きるために孤軍奮闘するカンチを通じて真の人間愛と自我を発見していくドラマで、新鮮な発想から始まったこのドラマは「ホテリアー」、「栄光のジェイン」、「製パン王 キム・タック」などを執筆したカン・ウンギョン作家と「オンエアー」、「シークレット・ガーデン」、「紳士の品格」を演出したシン・ウチォルPDが初めて意気投合した作品です。
カン・ウンヨン作家特有の個性の強いキャラクターと堅実なストーリー展開が、登場人物たちの繊細な感情描写まで逃さずに握っていくシン・ウチォルPDと出会って、どのようなシナジー効果が起きるのか期待を高めました。
音楽界とドラマすべて掌握し、全国民から愛されるイ・スンギとスジのランデブーに『九家の書』は一段と注目を集めました。今回のドラマを通じて初めて息を合わすことになった二人は初めての時代劇であることにも関わらず、ぴったりなケミを見せてくれました。
台本ではなく漫画を読んだようだったと言った俳優たちの言葉通り、想像の姿を実現するため、大韓民国最高の先端技術が総動員されました。ジャンルはファンタジー時代劇だが、リアリティを生かすために製作陣は、一般カメラではなく解像度の4倍を超えるカメラを使用しており、大韓民国映画界でも認められているCGチームと作業を進めました。智異山を守る守護霊グ・ウォルリョンと半人半獣のキャラクターなどはこのドラマを引っ張っていく核心的な設定です。あまりにも人間になりたがるチェ・カンチが提起する”人はなんで生きるか?” また、”人らしく生きるのはどういうものだろうか”という問題と彼の見目線で得ることになる解答は視聴者たちに感動と教訓を同時に伝えました。

↓「九家の書~千年に一度の恋~」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です