夜叉-ヤチャ-の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

日増しに激しくなっている党派の争いと権勢政治の渦の中で、王の存在が案山子と変わらなかった時代。王族の血だけ混じっただけで、直系の血統でもない幼い王は調整で頼れる所のない存在でした。王は老獪な臣下の中で何も知らない操り人形のふりをしているが、時がくれば王権を立てるために、静かに力を保っています。その力を強くするため、非公式的に、王命を奉じている軍事組織があった。この組織の名前を「フクウンゴム」という。幼い頃から武術の高段者で育てられたフクウンゴムの組織員らは主に、政敵を除去するなどの血なまぐさい秘密の命をおこなってきました。
フクウンゴムの首長で王の幼馴染でもあり、優れた剣術を持ったイ・ベクロク【役:チョ・ドンヒョク】は、王と弟のベクギョル【役:ソ・ドヨン】、そして昔の恋人チョン【役:ゾン・ヒェビン】をために生きて来ました。しかし、野望が大きかった弟のベクギョルが朝鮮最高の権力者であり、王の宿敵である左議政(チャイジョン)カン・チスン【役:ソン・ビョンホ】の側に行っていまい、兄弟間の望まない戦いが始まりました。
ある日、カン・チスンの計略で落とし穴に落ち、仲間を失って崖から転落したベクロクは対馬島で剣闘奴隷になって、厳しい生活のうち脱出を敢行して復讐の刃を取り替えながら、朝鮮へ戻って来ます。

感想

ドラマ「商道」を開始して「茶母」の廃人を量産し、「朱蒙」で頂点を極めているチョン・ヒョンス作家の次期作で大きな話題になった『夜叉-ヤチャ-』は100%に事前制作ドラマで、忠武路で活動してきたステップとチョン・ギョンヒデザイナー、CGを担当するキノモチーフなどの参加で映画ほどのクオリティを保障しました。
ドラマをリードしていく、ベクロク-ベクギョル兄弟と悲恋の女チョンヨンのチョ・ドンヒョク、ソ・ドヨン、チョン・へビンなど比較的若い俳優たちが務めており、ドラマを支えてくれるのはソン・ビョンホ、ソ・テファ、パク・ウォンサンなど、立派な専門脇役たちが布陣して、才能ある新星たちが攻撃を担当して、貫禄のベテラン選手たちは守備を担当する形を盛り上げます。
また、ドラマの核心ポイントはどれくらい華やかなアクションを見せてくれるかです。単に刀だけでなく様々な武器が出て、情け容赦ない対決がずっと続いて、ドラマ『夜叉』だけの独特な兵器と残酷なアクションに目を離すことができません。とても濃密なシーンとして、毎回映画のような夜叉は果たしてOCN製作のドラマらしく、空中波では真似のできない独特な要素でアメリカドラマのように各話ごと、きれいに完結させて、大きな流れで話を描いて行って視聴者の注目を集めました。

こちらの作品もオススメです

2011年、国内最初スペクタクル・アクション時代劇<夜叉>を通じて、高い視聴率と多くの話題を生み、ケーブルドラマの新しい場を開いたキム・ホンソン監督とク・ドンフェ作家が『ヒーロー』を通じて再びコンビを成し、視聴者たちを引き付けました。
アクションドラマの『ヒーロー』はいつも新しい試みで「TEN」、「ヴァンパイア検査」、「神のクイズ」、「夜叉」など多様なジャンルのドラマブームを起こしてきたOCNが、初めて見せるアクション・ドラマです。
近い、私たちの未来という新鮮な発想と腐敗した大韓民国に現れたスーパーヒーローという独特な素材で好奇心を刺激するとともに、まるで映画を見ているのかのような躍動感あふれるアクション演出で視聴者の注目を集めました。
近未来の破産した大韓民国を背景に不正腐敗が蔓延した仮想の都市ムヨン市で行われているファンタジーを描いていきます。主人公’フクチョル’を務め、5年ぶりにドラマに戻ってくるヤン・ドングンは、偶然な事件をきっかけで得た超人的な能力で善と悪が入り交じって定義と良心が消え去った混乱した世の中と、対立する英雄として誕生します。
特にポスターの<統制不能、熱血英雄>というタッグラインで見られるように、従来の英雄たちから見られなかった新しい概念の破格的な英雄像をお目見えしました。
『ヒーロー』は、従来の作品が踏襲してきたハリウッドヒーロー物の典型性から脱皮して、韓国的情緒を表現した新概念のヒーロードラマで描き、特に韓国社会の不条理に立ち向かって戦うフクチョルの活躍が視聴者にひと味違う楽しみを提供しました。詳しいストーリーが気になる方は是非ご覧ください。 

↓「夜叉-ヤチャ-」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です