女王の教室の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

サンドル小学校の始業の日、ハナ【役:キム・ヒャンギ】は6年生になりました。ハナとナリ【役:イ・ヨンユ】は新たに赴任した担任の先生の正体が<レジェンド級の魔女>という事実に絶望します。マ・ヨジン【役:コ・ヒョンジョン】教師は元学校でのあだ名が魔女であり、実際に魔女かもしれないという噂が子供たちの間で広まって行きます。それもそのはず、彼女は一度も笑みを見せないし、子供たちだけではなく、同僚教師たちにまで目をふせて、硬い表情で一貫しています。
彼女は魔女と呼ばれる最も決定的な理由は彼女の頭の中<成績優先主義>が支配しているからです。始業式の初日から彼女が魔女であることを証明するように、不必要な行事に出席する時間に授業の準備を徹底的にする方がましという理由で講堂で開かれた始業式に不参加します。最初から目立つ行動を見せている彼女は自分が担当したクラスの子供たちにも予想できなかった行動で初印象を残します。新学期が始まる初日から、テストの成績で最下位班長を決めると公表します。
テストの成績順通りに席を配置して、給食も成績順にします。 マ・ヨジンに班長はクラスを代表する官職ではなく、掃除や給食当番など雑用を担当している存在で、班長は成績がびりの2人の生徒が務めるもので、成績が優秀な学生たちは他のことに気使わなく、ひたすら勉強に集中しなければならないというのが初等教育に対する彼女の価値観です。
ドング【役:チョン・ボグン】のいたずらで、筆箱を落としたハナは鉛筆が折れて一つの問題もろくに解けれなくてテストの最下位で班長になります。ハナとドンクが給食配給の時、カレーが入っている桶をこぼしてしまった時、ヨジンは簡単で明瞭に三四人ぐらい食べられる分が残ったカレーを成績順に配給します。ちょうど4位までカレーを食べ、それ以外はすべてご飯と大根キムチだけで昼ご飯を済ませます。

感想

何より『女王の教室』は放送前企画段階から大韓民国の国宝級の俳優たちの超豪華キャストでさまざまな話題を引き起こしました。誰もが一度ぐらいは考えてみるという現実の中の教育だが、単純な学校の話を超えて彷徨と挫折そして選択と責任の中で自らの道を探し出す子供たちと大人たちの話を収録しました。
『女王の教室』はコ・ヒョンジョン-キム・ヒャンギ-チョン・ボグン-キム・セロン-ソ・シンエ-イ・ヨンユ-ユン・ヨジョン-イ・ギヨン-チェ・ユンヨンなど国家代表級の俳優たちが信じて見る<クィン・ライン>を結成し、熱い関心をもらいました。
特に、3年ぶりにドラマ復帰したコ・ヒョンジョンの圧倒的な存在感がドラマに対する期待感をさらに高めました。<絶対権力>マ・ヨジン先生役を演じ、定規で測ったように完璧に揃ったヘア・スタイルとスーツ姿を披露し、冷酷なカリスマを吐き出して貫禄の演技を見せました。
スーパーレア級の演技力と集中力を持った、自他共に認められてる子役の俳優らの意気投合も見どころです。多様な映画とドラマを通じて地道に実力を育ててきたキム・ヒャンギ-チョン・ボグン-キム・セロン-ソ・シンエ-イ・ヨンユなど5人の子役たちは成人の役者たちも緊張させるくらいの<ベテラン級>の演技力を遺憾なく誇示し、絶対権力のマ先生との華やかな対決を繰り広げました。
『女王の教室』は国内で初めて小学校の教育を扱ったという点でも視線を集中させました。メロ、出生の秘密など、典型的で陳腐なストーリーライン無しに、小学校6年生の子供たちが主人公になって絶対権力を持ったマ先生と対立しながらドラマを引っ張て行きます。特に、これまで保護対象とされた小学生たちに、平凡な君たちのための特別な教育を実施するマ先生と恐怖に絶望して友達に裏切られて傷ついて、戦いでいつも負ける極限状況の中でも結局自らの道を探していく子供たちの姿が新鮮な刺激を与えました。また、普通の教育ドラマとは180度違う、虚を突く新しいメッセージをお届けします。

↓「女王の教室」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です