幻の王女チャミョンゴの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

テチュ【役:ユン・ソヒョン】に楽浪(ナッラン)姫【役:パク・ミニョン】が眠っているところを聞いた好童(ホドン)王子【役:チョン・ギョンホ】は立太子を目の前にして混乱を招くことはやめろの言葉を聞いて迷います。好童が現れたという報告を受けたワンホル【役:イ・ジュヒョン】は、必ず生け捕りにして高句麗の奴隷になっている自国の民と交換しる決意を固めています。一方、ソンメソウス【役:ソン・ヒョンア】は市場町の芸人たちの笑いものにしかならない好童と自分の息子のヘエウが太子の座を争っている事実に、プライドが傷つきます。大武神王【役:ムン・ソングン】は楽浪のやつらがおさまらない理由が何かとウルドゥジ【役:イ・ヨンボム】を問い詰めます。ウルドゥジはまた、他の王女が生きていて楽浪の民たちに希望を与えているようだと報告します。大武神王は楽浪の民たちも見守ってほしいという好童に向かって王と考えが違う息子は政敵であるだけだと叫びながら自鳴(チャミョン)姫【役:チョン・リョウォン】の首をもたらす日好童を太子に立てると宣言します。
一方、体に毒が広まり、気を失っていく自鳴(チャミョン)姫は楽浪(ナッラン)姫が鼓を破ろうとする瞬間、渾身の力を尽くして短剣で楽浪の肩を刺します。

感想

は楽浪(ナッラン)姫と好童(ホドン)王子の説話の裏に隠されている、女性英雄・自鳴(チャミョン)姫の話を盛り込んだドラマです。
高句麗(コぐリョ)のデムシン王の息子である好童王子に恋を感じた楽浪国の楽浪姫が、敵が侵入すれば自然に音を出す国の宝物、幻の自鳴鼓(チャミョンゴ)を破って結局、高句麗は楽浪国を征服したというのが我々になじみのある内容です。しかし、ドラマ『幻の王女チャミョンゴ』では自鳴鼓(チャミョンゴ)が鼓ではなく、国を救おうとした公主だったという設定から出発します。楽浪姫の腹違いの姉妹のチャミョン姫が救国の英雄です。また、好童王子と三角関係を成しています。
実際に自鳴鼓(チャミョンゴ)が奉化などで敵の出現を早く知らせる警報システムとか諜報員のようなスパイシステム、占い師であったと推論する論文や書籍もあります。史料によると、人口30万人の楽浪は18万人の高句麗に比べてその領土も肥沃でした。人口や物資で言えば負けるはずのない戦争で楽浪は負けました。放送同時、高句麗ブームが起き、勝者の立場から見た高句麗の話が殺到したが、敗者の立場の楽浪を照明したことで視聴者に新鮮な刺激を与えます。チョン・ソンヒ作家は、高句麗史を専攻した歴史学者とともに6ヵ月間、討議して検証し、氷山の一角でも楽浪に近づこうとしました。『幻の王女チャミョンゴ』は韓国の伝統武術も蘇らせようとする一方、「臥虎蔵龍」で見られるように、武侠映画的な要素も織り交ぜて、劇的効果を高めました。

こちらの作品もオススメです

「幻の王女チャミョンゴ」ほかに、他の視線で描かれた時代劇にはドラマ『千秋太后』があります。
高麗時代の千秋太后が住んでいた時期、外部的には契丹が最も強力な敵だったが、内部の敵も甘くなかったです。千秋太后の一生の敵は兄の成宗(ソンジョン)と代表される新羅系です。儒教を国の統治理念として受け入れた彼らは、千秋太后の理想を邪魔して、千秋太后の個人の人生もめちゃくちゃに作りました。しかし、千秋太后と違う信念を持っていた彼らの信念も十分に価値があるものです。歴史の中の千秋太后は成宗が死亡した後、幼い穆宗が即位すると、摂政を続けてます。しかも、不倫相手であるキム・チヤンとの間で生まれた息子を王に作ろうとして、 配流されて生涯を終えた人物です。ドラマ『千秋太后』は彼女を権力欲の化身とみるのが定説ですがが、高麗の主体性を確立しようとし、契丹から高麗を求めた女傑という仮説をモチーフにしています。
彼女は鎧を着て馬に乗って、直接戦場を走り回りながら号令する一方、対立する政治の現場でも一番先頭に立って戦う女傑です。また、彼女が生きた高麗時代は女性の権益が今の21世紀と比べてみても負けないほど堂々としています。こうした時代、このような女傑を扱うことで、熾烈に今日を生きていく世の中の半分、女性たちに夢と希望を与えます。詳しいストーリが気になる方は是非チェックしてください。 

↓「幻の王女チャミョンゴ」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です