春の輪舞曲(ロンド)の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

ソ・ユンジュ【役:チョン・ユミ】は母ユ・ジソン【役:ナ・ヨンヒ】のせきたてに財閥家の息子チャ・ソンジュン【役:コ・セウォン】とお見合いをします。政略結婚よりは運命のような愛を望むユンジュはソンジュンが気に入るわけなく、これにユンジュはソンジュンに露骨的に拒否の表示を伝達しました。ユンジュはジソンの強要で、ソンジュンと二度目の出会いを持ちます。ソンジュンを片思いしているキム・スジン【役:オム・ヒョンギョン】は隠れて二人の出会いを見て心を鬼にします。スジンはユンジュの服にわざわざ化粧品をつけ、それを知ったソンジュンはスジンに契約違反しないとうに警告します。
一方、ユンジュは財閥相続女の友達であるハ・リラ【役:ドヒ】の送別会が開かれたクラブで、父親に内緒で経営授業せずに料理人勉強して強制帰国された後、友達と会うためにクラブに来たチャ・キジュン【役:チェ・テジュン】に会って、トランクにスカートがかかって破れる事件に巻き込まれます。そばにいた友達は二人を見て”運命”だと言いますが、二人はまだ毒気が抜けないままお互いを睨みます。
ユンジュは仕事を終えて家に入る瞬間、両親の争いの音を聞いて凍ります。母のジソンが父ソ社長【役:ギル・ヨンウ】昔の女が生んだ血の塊を27年間育てたらそれで十分じゃないかと、ソユンジュを打撲する言葉を盗み聞きしたユンジュは27年ぶりに明らかになった出生の秘密に驚きを隠せません。自分を見る冷ややかな目つき、早く嫁に送り出そうとしたジソンの隠しておいた本音を知って、悲しかった幼い頃を回想して嗚咽します。
ソンジュンの弟であるキジュは、父チャ・ドンス【役:パク・クンヒョン】こっそり料理授業を受けていた事実が知られて家から追い出されスンジョン【役:コ・ドゥシム】の下宿で暮らします。
ユンジュは、生母の痕跡を見つけるために父ソ社長の書斎を探し、ソ社長の長年の友人であるノ博士を訪ねます。
テス【役:コン・チョンフヮン】のレストランに入ったキジュはクラブで出会ったユンジュが自分のレストランでパスタを食べながら泣くのを見て驚き、運転をしようとするユンジュを止め家まで送ります。ユンジュはノ博士が教えてくれた生母の名前`チョン・スンジョン`と`チョウォン食堂`二つの手がかりを持って母を探し始めます。

感想

『春の輪舞曲』は暖かい家族の意味を振り返るという企画意図を持ったドラマで、国民的お母さんのコ・ドゥシムを前面に押し出しました。彼女が演じるチョン・スンチョンを中心に相反する性格を持った二人の同腹の姉妹ソ・ユンジュとキム・スジン、そして家族の大切さと愛に対する話を扱います。演技経歴42年に輝くコ・ドゥシムとチョン・ユミ、チェ・テジュン、コ・セウォン、オム・ヒョンギョンなど若い俳優たちがラインアップを構築して話題を集めました。
中年層と若年層の俳優の演技のアンサンブルも合格点でした。ソ・ユンジュ役を演じたチョン・ユミとチャ・キジュン役を演じた当時新鋭だったチェ・テジュンのケミもうまく行きました。コ・ドゥシム、ナ・ヨンヒ、パク・チャンスク、パク・クンヒョンなど中堅俳優たちも、ドラマの中心をよくとらえて、他の出生の秘密を扱った非倫理的ドラマとどんな差別化を見せてくれるのか期待を集めました。
『春の輪舞曲』は初回から早い展開を披露しました。制作発表会の時から懸念視された出生の秘密を初回に全て暴露し、今まで非倫理的ドラマだと言われるドラマとの差別化を宣言し、他の路線を構築しました。どこかで見て聞いたような内容が初回にすべて含まれていることで後のストーリーが待ち遠しいです。また穏やかなケミで視聴者の視線を引きました。
このドラマの演出を担当したノ・ドチョルPDは卓越した音楽選曲で厚いファン層を確保している人物です。ここに「星から来たあなた」、「根深い木」など珠玉の音楽でドラマを引き立ててきたチョン・チャンヨプの音楽監督に一緒にしながら<音楽>は『春の輪舞曲』の新しい観戦ポイントになりました。また、ドラマの雰囲気とよく調和した音楽に対する関心も高まりました。ソンジュンがユンジュに聞かせた曲はナンシー・ウィルソン(Nancy Wilson)が歌ったジャズ曲<The Good Life>です。原曲が何度も他の歌手たちによって歌われるほど、すでに有名な曲ですが、2人の雰囲気に最も適切なバージョンを選ぶなど音楽にも力を入れました。他にも古い歌謡からジャズ、ニューエイジなどジャンルを超越する多様な音楽が視聴者たちの耳を楽しませました。

↓「春の輪舞曲(ロンド)」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です