犬とオオカミの時間の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

タイに住んでいたスヒョン【役:イ・ジュンギ】は秘密要員だった父を事故で亡くし、タイで検事である母【役:キム・チョンラン】と一緒に暮らしています。しかし、スヒョンの母は夫を死なせたタイの犯罪組織である’チョンバン’を圧迫し捜査を行う途中、スヒョンとの外食中に殺されます。
母の死を見たスヒョンは、過去、父のNISの仲間だった、カン・ジュンホ【役:イ・ギヨン】に養子縁組みされ、韓国に行くことが決まって、初恋のアリとも別れます。
スヒョンは父親と同じくNISの要員になり、一緒に育った兄弟であり友人のミンギ【役:チョン・ギョンホ】もNIS要員になります。
ある日、ミンギの頼みで作品の受け取りのためジウ【役:ナム・サンミ】を訪ねたスヒョンは手帳に書かれた<アリ>というタイ文字を見て、ジウが昔一緒に遊んでいたアルだと気付きます。
一方、NISは韓国に入ってきた’チョンバン’に対する捜査が始まり、偽装捜査に参加したスヒョンは母を殺した犯人がチョンバンが2因子であるマオ【役:チェ・ジェソン】だと知ります。規律にそむいて、独断的に追いかけて銃を発射したがマオは傷を負ったものの逃げます。このことでNISで不名誉な退職をするようになったスヒョンはNIS部長のチョン・ハクス部長はスヒョンを交通事故を偽装して彼の身分を消して、チョンバンのアンダーカバー要員として潜入させます。

感想

ドラマ「シンドン」、「英雄時代」のキム・ジンミンPDが演出を担当し、映画「ブラザーフッド」、「野獣」などを執筆したハン・ジフン、ユ・ヨンジェ作家が共同執筆したドラマ『イヌとオオカミの時間』は、制作陣の名前だけでも大きな話題になりました。<イヌとオオカミの時間>は、日暮れ、あの丘の向こうから近づくシルエットが、私が飼っていた犬なのか、私を害しに来るオオカミなのか、分かりにくい時間帯を示します。犬(国家機関、国情院)と狼(犯罪組織青幇)を行き交うスヒョン【役:イ・ジュンぎ】の立場と後半には善悪が曖昧になるチョンバンの構成員を共に表現したものでもあります。
堅実なストーリーとドラマの雰囲気とよく合致するOSTまで兼備し、視聴者らを没頭させました。
また、前作とCMを通じてきれいな男のイメージを持っていたイ・ジュンギは、国家情報院の特殊捜査要員を務め、華麗なアクションと堅実な演技を見せ、ナム・サンミと共にその年の演技大会で男・女演技優秀賞を受賞しました。
この他にもチェ・ジェソン、チョン・ソンモ、キム・ガプス、イ・ギヨン、ソン・ジルなどの名俳優らが出演して作品の完成度を高めました。ドラマの中で初めて国家情報院から破格的な支援を受けて、セキュリティに抵触しない範囲内で人事、使用装備などの考証に、現役要員たちの諮問、国情院の内部での撮影まで許可されて大きな話題になりました。
また、約一ヶ月間のタイでのロケを通じて、壮大なスケールのカーチェイスシーンを初めて、派手なアクション、スヒョンとジウの幼い時代だった初の出会いと別れをタイの異色的な風景とともに美しく描いて、視聴者たちに豊富な見どころをプレゼントしました。

こちらの作品もオススメです

「犬とオオカミの時間」のイ・ジュンギとナム・サンミが7年ぶりに共演したドラマ『朝鮮ガンマン』を紹介します。2010年ストーリー公募大会で優秀賞で3千万ウォンを頂いた作品が原案で2年間、緻密な企画段階を経て心血を注いだ作品です。
朝鮮末期の疑問のガンマンによって新和派の学者らが白昼の真昼間に殺される事件が発生して、高宗【役:イ・ミヌ】の密命を受けたムウィソの別将(武官職)であり、朝鮮第一の剣客パク・ジンハン【役:チェ・ジェソン】のが事件を引き受け、ガンマンを追います。 一方、妓生房をご飯食べように出入りする、遊び好きなジンハンの息子パク・ユンカン【役:イ・ジュンギ】は偶然ガンマンに見える男を発見し後を追います。父のようには生きないと、最も大事なものを失うまで、朝鮮第一剣だと聞きたくないと誓ったパク・ユンカンは、最も大切な人を守るためには剣を下ろして、剣の代わりに銃を持たなければならないと知ります。
ドラマ『朝鮮ガンマン』は感性アクション・ロマンスでドラマ「姫の男子」チームが再び団結し、開化期の朝鮮末期を美しい映像美と共に描いていきます。
7年ぶりに再会したイ・ジュンギとナム・サンミの前作に続いた、甘辛いロマンスとユ・オソン、チェ・ジョンウォン、カン・ソンジンなどの名助演陣のカリスマ演技も見どころです。詳しい話が気になる方は是非ご覧ください。

↓「犬とオオカミの時間」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です