私の人生の春の日の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

カン・ドンハ【役:カム・ウソン】は愛する妻スジョン【役:ミン・ジア】と二人の子と幸せに暮らしています。ある日、スジョンはウドで海女の仕事中、波が強い海で船と接触した事故で死亡します。病院に運ばれてきたスジョンをドンハの弟でヘギル病院のエース医師のカン・ドンウク【役:イ・ジュンヒョク】は兄嫁の死を目前に控えて、幼馴染で初恋だったスジョンの死に苦しいが、医者としてドンハにスジョンの臓器寄贈を勧誘します。
韓国を代表する畜産会社ハヌラオンのCEOで持つ富に比べて過度に質素なドンハはスジョンを失った後は、髭剃りもまともにしない貧相な暮らしを続けています。妻を亡くして彼は毎日が真冬のようです。
ヘギル病院臨床栄養士のイ・ボム【役:チェ・スヨン】は病院長の父、理事長の母の一人娘で、何一つ不自由ない環境を整えたが拡張性心筋症で余命を告げられたが、心臓移植手術を受けて新しい人生を生きています。
誰かの人生を代わって住んでいるから、いや、誰かが自分の代わりにこの世を去ったから、その人の分まで、二倍、三倍の努力して生きなければならないという強迫持つ彼女は患者たちにもっとおいしい、もっと栄養たっぷりの食べ物を食べさせたいという透徹な職業精神で、朝市を回って、安くて良いもの入ってきたのか見ることで一日を始めます。
おばあさん患者のお願いのコムタンを作るため、韓牛を安く買える肉売場を訪れたボムと彼女を質の良い肉を安く買って高く売っている販売商人だと誤解したドンハはトラブルを起こします。
自分に心臓がウドから来たという事だけ知っているボムはいつか感謝の気持ちを伝えると決めウドを訪問しようと計画します。5年後、その計画通りにウドを訪問したボムは運命的に会った子供たちプルン【役:ヒョン・スンミン】とバダ【役:ギル・チョンウ】を見て涙を流している自分を発見します。

感想

『私の人生の春の日』は臓器移植を通じて新しい人生を得た女の物語を描いていきます。この過程で《細胞記憶(Cellular Memory):臓器移植の恩恵者に現れる症状で寄贈した人の性格や習慣が恩恵者に転移する現象》という変わった素材で視聴者たちを攻略しました。
ドラマ「ありがとうございます」の演出を担当したイ・ジェドンPDが『私の人生の春の日』のメガホンを握ることも注目を集めました。このドラマの女主人公イ・ボムが「ありがとうございます」で主人子役の役名でした。また、『私の人生の春の日』初回の初セリフは”ありがとうございます”で『私の人生の春の日』が「ありがとうございます」の暖かい機運を視聴者たちに伝えました。
放送街で『私の人生の春の日』の台本は一編の文学作品だと噂になるほど、口コミが多かった作品です。このドラマの最大の武器の一つはしっかりした脚本です。少女時代のチェ・スヨンは出演きっかけについて台本を見た時に深く考えなくてもいいほどセリフが楽で、無条件にしたいと思ったとし、脚本に対する無限の信頼を見せました。
一方、放送前に演出を担当したイ・ジェドンPDに対する信頼を言及したカム・ウソンは初回で水が流れるような演技を見せながらカン・ドンハに溶け込みました。妻のスジョンを懐かしむ気持ちと後悔を持って暮らしているドンハを完璧に演技し、視聴者から`やはりカム・ウソン`という評価を受けました。4年ぶりのドラマ復帰作だったが、空白も感じられない演技を披露しました。
何より『私の人生の春の日』の最大の観戦ポイントは、カム・ウソン、チェ・スヨンのロマンスです。一部では、2人の年齢差を懸念したが、実際に撮影が始まると、二人は完璧なケミを披露し、新しいロマンスカップルの誕生を告げました。
また、『私の人生の春の日』は穏やかだが、いくつかの反戦ポイントを持っています。カン・ドンウクが愛するボムはボムそのものだろうか?それともスジョンを兄に奪われて彼女の心臓を移植して貰ったボムに、兄嫁、幼馴染だったスジョンの残滓を感じていたわけではないか? だから兄嫁の残滓を追って恋しているのではないかという観戦ポイントがあります。もう一つのポイントはこのボムに移植された心臓がスジョンの心臓だという事実を知ってから変化するカン・ドンハと二人の子どもの心的変化です。『私の人生の春の日』はドンハとボム、この2人の男女のロマンスでもあるが、一方では家族という枠を深く表現しています。メロが視線を集めたりするが、一方で、母なく育った子供たちの変化を追いかけてみるのもドラマをさらに楽しめる方法です。

↓「私の人生の春の日」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です