私の恋愛のすべての感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

元判事出身で与党、大韓国党のキム・スヨン【役:シン・ハギュン】議員は、政策討論会で、学校の後輩である、ある女子大生の質問に、自分も知らないうちに毒舌をはき、その映像はあらゆるネットサイトに広がります。
この事とは関係なく、国会前ではメディア法に関連がある人たちのデモが行われていました。与党の大韓国党はメディア法を通過させようとして、野党のミンウ党はこれを防ごうとします。国会の事情が報道され全国民から注目されている状況の中、国会内では、国会議員たちが花札をしながら時間を過ごしたり、議員たちの争いリハーサルの練習をします。
毒舌でリアルタイム検索語に上昇し、国民から非難されているスヨンは家で野党連合代表のノ・ミンヨン【役:イ・ミンジョン】議員がラジオに出てスヨンの発言を批判することを聞きます。
一方、大韓国党の議員たちはどうしたらメディア法を通過させられるかの作戦を立て始めます。結論に出た作戦はスヨンを餌にして法案を可決させる作戦を立てます。国会議員辞職する前、最後に党に言われた行動することになったスヨンは国会に一人で閉じ込められます。そこが法の可決させるところだと勘違いした野党の議員たちがドアの前で大騒ぎになります。ンヨンは消火器で殴ってドアを開けようとしたその時スヨンが出てきて頭にぶつかります。スヨンは補佐官と組んで、状態が危険なように見せかけてます。一方、与党議員らは他のところで法案を通過させます。
国会暴力事態として報道されて、与党ではスヨンが重態として報道して、自分たちが通した法案を隠そうとします。
記者会見を開くようになったミンヨンは自分が初当選した時、暴力のない政治をすると言ったのを思い出して謝罪しに訪問します。病院でつまらなかったスヨンは補佐官の服に変えて脱出しようとした時、ミンヨンと出会います。彼の状態が正常であることを知ったミンヨンはいざこざの末スヨンの胸に口付けをするハプニングが起こります。

感想

イ・ウンジュンの小説「私の恋愛の全てのこと」を原作にしたこのドラマは、コメディー、メロなど多様なジャンルを書く作家で、大胆なセリフを通じて政治を生き生きと描く同時に面白く表現をすたクォン・キヨン作家とソン・チョンヒョンPDが「愛に狂う」、「ボスを守れ」以来、三番目に意気投合して話題を集めました。
『私の恋愛のすべて』は政治的な色が全く違う進歩政党の代表のノ・ミンヨン議員役のイ・ミンジョンと元判事出身で与党の大韓国党のキム・スヨン議員役のシン・ハギュン、この2人の国会議員が所属する団体だけでも極と極の対蹠点で国会という特殊な場所で繰り広げる痛快なロマンスを描きます。
また、国民の大多数が政治嫌悪の時代で、理想的な政治家象も見られず、政治は国民に背を向けられていて、白黒論理に積まれている現代時代に恋愛のような政治、政治のような恋愛を通じて、望ましい政治を見せてくれながらもロマンチックコメディー感を披露しました。
`左派`、`保守`という単語が時々出ているが、『私の恋愛のすべて』はありふれたロマンチック・コメディドラマの中の一つでコピー文句も<恋愛して、また、恋愛しろ>です。息が詰まりながらも愉快でさわやかな「ラブ・アクチュアリー」ようなロマンチックコメディーを志向しています。また、韓国ドラマ史上初めて政治家をエッジに描いたドラマです。ロマンチックコメディーを前提にして政治、国会議事堂、大統領官邸など、なかなかドラマでは見られなかった場所は、新鮮さのためのものであり、与党と野党、進歩と保守は愛の障害物となる装置であるだけです。
シン・ハギュンとパク・ヒスンの演技バトルはもちろん、イ・ミンジョンとシン・ハギュンが与野党と全国民の監視の中で広げるロミオとジュリエットのようの痛快で緊張感あふれる秘密恋愛は何より一番の観戦ポイントです。

↓「私の恋愛のすべて」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です