秘密の扉の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

身分を隠したまま、市場町で密かにセチェク(貰冊:お金をもらって本を貸す)を試みたイ・ソン(思悼世子)【役:イ・ジェフン】はセチェクの取り締まりをするポギョ(捕校:軍官)に追われていた時、偶然ジダム【役:キム・ユジョン】と出会います。
代理執政中だったイ・ソンは国民のためにセチェクの取り締まりを中断させます。イ・ソンの行動が気に入らなかった、英祖(ヨンゾ21代王)【役:ハン・ソクギュ】は禅位(王の席を譲ること)するという一言にイ・ソンはソクデジェ(席藁待罪:蓆にうつぶして待罪する)し、イ・ソンの嫁の父であるホン・ボンハン【役:キム・ミョングク】はその命令を収めてほしいと台石に頭を打ちます。王権を一層強力する用途でよく禅位を言った英祖のおかげで、イ・ソんは幼いころから年例行事のようにソクデジェをしてきました。結局、英祖は禅位を撤廃してイ・ソンと対面します。国民にマスコミ統制をしなければならないという英祖とある程度は解禁してもいいじゃないかと聞き返すイ・ソンは対立します。
一方、図画署(絵を描くことをお勧めするために設置されていた官庁)の画員であり、イ・ソンが友とし大切に思ったシン・フンボク【役:ソ・ジュニョン】は偶然、王室と朝廷全体を揺るがす秘密文書を手に入れます。イ・ソンに`メンウィ`を伝達するために道を出るが、自分を追ってくる何者かを発見します。秘密の扉`メンウィ`の正体は英祖が王位に上がる前に、老論の首長である領議政(ヨンイジョン)のキム・テク【役:キム・チャンワン】の脅迫に耐えられず、強制的に手決した文書で英祖は王になった後、その`メンウィ`によって王権が弱体化されるのが怖くて燃やしたが、`メンウィ`は予想しなかったところに保存されて、偶然フンボクの手に入りました。結局、フンボクは何者かに殺されます。ジダム【役:キム・ユジョン】は偶然フンボクの死を発見して殺人事件だと思って通報をしますが、通報を受けて出動してみると、フンボクの遺体は痕跡もなく消えていました。
フンボクが必ず会いにくるという書札を送ったので夜通しイ・ソンは待ちますが、フンボクは次の日、王の井戸から遺体で発見されて、英祖は犯人を見つけるよう命じます。
これによって老論と少論は義禁府か、漢城府か、捜査権を巡って争って、英祖はイ・ソンに義禁府に任せるように言うが、イ・ソンは特別検験(被害者の遺体を検視するなど、死亡原因を明らかにすること)を行います。一方、ジダムは殺人事件関連の朝報(朝鮮時代の新聞)を見て、自分が直接証言しようと思います。
秘密の扉`メンウィ`が再び現れたら、王権が危なくなるため英祖は恐怖を感じます。
フンボクの死因が自殺だという結果を信じないイ・ソンは直接再捜査の意思を明らかにし、英祖は再捜査を許します。再捜査を開始したイソンと、これを阻止しなければならない兵曹判書ホン・ギェヒ【役:ジャン・ヒョンソン】は`フンボク事件`の唯一の目撃者であるジダムを探し始めます。

感想

強力な王権を志向する英祖【役:ハン・ソクキュ】と身分の貴賎がない公平な社会を主唱する世子のイ・ソン【役:イ・ジェフン】の話を盛り込んだドラマ『秘密の扉』は500年、朝鮮の歴史の中で一番残酷な家族史に記録された英祖と思悼世子のイ・ソンの話に宮廷ミステリーだという新たな衣服を着せました。無数の歪曲と意見の食い違いを経験したイ・ソンの人間的な面の再照明と朝鮮時代を背景にした数多くの作品で最も多く登場した朝鮮21代王・英祖の裏的な苦悩と葛藤がどのように描かれるのか放映前から注目されました。
歴史的に思悼世子は無数の異見が後続する人物で、妻の恵慶宮ホン氏の記録である<閑中録>には凶悪な病気にかかった狂人で、士官記録の英祖実録には15歳に代理清浄を開始、28歳まで政事を無理なく行った王才だと記録されています。ドラマ『秘密の扉』では後者に重さを置いて、国民のために公平な世の中を望んでいた、国民から希望を模索した世子のイ・ソンの話を描いていきます。
『秘密の扉』は「不滅の李舜臣」、「黄眞伊」、「大王世宗」など主要の大河ドラマを執筆したユン・ソンジュ作家と「サイン」、「幽霊」などミステリージャンルのドラマを演出して注目されたキム・ヒョンシク監督が会った作品で、 初の時代劇演出を務めることになったキム・ヒョンシク監督は『秘密の扉』はどうして父親が息子を殺したのかという疑問から始まった作品であり、ミステリー・メロ・政治など多様な話はもちろん、劇中をさらに豊かで興味深く作る俳優たちの演技がドラマを見どころだと伝えました。一国の君主だったにも関わらず一生を伝統性と認定闘争で点綴しなければならず、息子に誰よりも非情な父親になるしかなかった英祖の色んな意味を持つ涙を描きました。
演技大賞で大賞を受賞したから3年ぶりでドラマ復帰したハン・ソクキュと人間味が感じられる率直なイ・ソンの姿を見せるイ・ジェフンの演技対決も一つのポイントです。また、子役出身で立証された演技力の時代劇女帝のキム・ユジョンとパク・ウンビンなどの助演たちの安定した演技はもっとドラマに没頭させます。

↓「秘密の扉」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です