第3病院の感想の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

国家の税金で建てられた大韓民国初の洋・漢方の協力診療を全面的に導入した`ソハン協力診療病院`の開院式の日、2人の医師が特に目をひきつけます。一人は交通事故救急患者を劇的に助けた神経外科専門医のキム・ドゥヒョン【役:キム・スンウ】、もう一人は漢方医師の身分で機関挿管を試み、ある子供を死から救ったキム・スンヒョン【役:オ・ジホ】です。一気に病院のエリートと西洋医学医師らの目の上のこぶとして浮上したドゥヒョンとスンヒョン兄弟。ドゥヒョンは`エビデンス`も知らない漢方医らが気に入りません。
病院内では韓方医療と西洋医学医療を同時に受けられるが、医師・漢方医間のプライド争いによりまともな協力診察が行われていません。また、医師と漢方医に病気を見る観点が異なりました。ところが、漢方研修医と西洋医学研修医(インターン/レジデント)間の戦いが広がったのが国家予算を審議する国会議員たちに発覚された事で協力診療をが始まります。さらに、国会議員たちは、協力診療病院の看板を下ろしたくないなら、6ヵ月以内で成果を出す事を申します。
焦ったソハン協力診療病院長は真の洋・漢方協力診療を向けて、治療・研究さらには手術まで、洋・漢方の協力診療を推進するようになり、協力診療チーム長とキム・スンヒョンの実父、キム・ドゥヒョンの養父であるキム・ハユン博士【役:パク・ゴンヒョン】をスカウトします。それで回診を行う際、キム・ハユン博士を筆頭で、韓方修練医、洋方修練医が一緒に後を追い付いて、韓方抗がん剤を開発し、協力診療カンファレンスをしているが、ちゃんとした協力の成果は出せず、難航していた時、キム・ハユン博士が登山中、大きな事故にあう事故が起きます。2人の息子は山の中に入るが、雨が激しく降っていて父を病院に移ることができず、山の中の小屋で手術を行うことになります。しかし、麻酔剤もないので、漢方医であるスンヒョンが鍼術で麻酔し、バイタルを握って、医師のドゥヒョンが手術を行います。6ヵ月が過ぎて国会議員たちは、洋・漢方の協力診療のまともな成果が見られなかったとし、ソハン協力診療病院は、危機に直面します。

感想

『第3病院』は、洋・漢方の協力診療病院内の神経外科を背景に天才神経外科専門医のキム・ドゥヒョンと天才の漢方医のキム・スンヒョンが仕事と愛をめぐって展開する運命的な対決を描いていく、国内初<洋・漢方のメディカル・ドラマ>で放送前から数多くの話題を呼び起こしました。32年にわたった大韓民国のメディカル・ドラマ史上初めて試みられている<洋・漢方のメディカル・ドラマ>で、従来のメディカル・ドラマでは見られなかった<洋・漢方の協力診療>という独特な素材をもとに、まだ韓国の医療界ではなじみのない完全な協力診療システムを導入した仮想の病院で行われる話を通じて韓国の医療界に対する夢ともう一つの可能性を提示しました。また、方法は異なるが、患者の完治を向けた心だけは同じな、洋・漢方医師らの熱い情熱と熾烈なプライド対決、そして、ディテールな漢方治療はもちろん、高難度脳手術までリアルな描写でユニークな見どころを提供し、視聴者の好奇心を刺激しました。
大韓民国のメディカル・ドラマの系譜を引き継ぐ作品らしく、総合病院内の医療現場を完璧に再現したレベルが違うリアリティはこのドラマ一番の観戦ポイントです。
『第3病院』は国内で初めて試みられる、洋・漢方のメディカル・ドラマである分、カトリック大学の仁川聖母病院、自生韓方病院、江東慶煕大学病院、大韓漢方医協会などの洋・漢方の専門家たちを総動員し、素材開発から台本検収、俳優教育・撮影現場の医療の諮問まで徹底した準備過程を経て製作されました。
ヤンウィサに出演する金勝友金ミンジョンなどをはじめとするスタッフらは撮影開始前からカトリック大学、仁川(インチョン)聖母病院で合宿教育を通じて教授たちの指導を受けた。
また、医学の諮問をしてくれた病院で実際にあった事例をもとに、劇中の登場した患者の疾患と治療方法をそのまま演出して脳手術分野の国内最高水準を自慢するカトリック大の仁川聖母病院・脳神経センターの手術シーンを劇中に挿入するなど、現生き生きするリアリティを伝達しました。
その結果このドラマは国内最高の製作チーム「アイリス」を担当したチームがそのまま制作を担当して、まるで一本の映画を見るように毎回ドラマを上回る最高の映像を披露しました。特に、従来のドラマで見られなかった大規模の華麗な映像を作り出した特殊効果チームは救急現場と手術シーンのリアルさを200%加え、もう一つのWellMadeメディカル・ドラマを誕生させました。

↓「第3病院」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です