花たちの戦い~宮廷残酷史~の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

1637年の仁祖15年、吹雪に濡れた仁祖【役:イドクファ】、ひげごとに雪が凍っており、寒さに白い息を吐き、雪原を歩いている仁祖はみんなの反対を切り押して、清に降伏します。
ヤムチョン【役:キム・ヒョン・ジュ】とナムヒョク【役:チョンテス】はお互い好意を持っているが、妾の子のヤムチョンが好きじゃありません。ナムヒョクの母はナムヒョクにチャンウォングップゼ・壯元及第(国家試験に首席合格)を強要するが、ナムヒョクは、逆賊の子に追い込まれて受けた傷が大きいだけです。ナムヒョクの母は捕盗庁に連行されたナムヒョクを救ってくれれば恩を忘れないとヤムチョンに約束します。
一方、昔キム・ジャジョム【役:チョンソンモ】は小心者で、何の力もなかったヌンヤン君(現在、仁祖)に忠臣を誓い、彼を王に立てましたが、丙子胡乱の時、惨敗した罪で現在は無人島地に捨てられたが、再び仁祖の歓心を買うために、女の子1人を求めます。
ナムヒョクが解けて出た後、ヤムチョンを一度だけ会わせてほしい訪ねるが、すでにヤムチョンは仁祖を仕えることになったという話を聞きます。ナムヒョクと1日夜を過ごしたヤムチョンは年老いた仁祖を迎える前、ナムヒョクとの一夜を忘れないと約束します。
キムジャジョムは命令を受けに参内して、ついにヤムチョンは側室になります。自分の席を狙っている者が多いと思って恐怖心を感じる仁祖はヤムチョンの寝所を訪ねて、自分の恥ずかしかった過去を思い出しながらヤムチョンと一晩を過ごしてから、仁祖はますますヤムチョンにハマります。

感想

ドラマ「インス大妃」で幻想的な相性を合わせたノ・ジョンチャンPDとチョン・ハヨン作家が2年ぶりに意気投合して披露した、完成度の高い、伝統女性時代劇『花たちの戦い~宮廷残酷史~』はチョン・ハヨン作家の吸入力のある筆力とノ・チョンチャン監督の繊細な演出力が期待される時代劇で、大きな期待を集めました。
キム・ヒョンジュ、ソン・ソンミが王の女性で出演し、血の戦争を宣言して好奇心を刺激し、致命的な美しさで武装した主演女優たちの迫真の演技対決がドラマの面白さを一層倍加がさせました。朝鮮最高のファム・ファタール、ソヨン・チョ氏を務めたキム・ヒョンジュは8年ぶりに時代劇に復帰、新国民悪女に変身しました。
王の女たち、彼女たちは王の愛に絶えず悩まされ、その愛を食べて生きている存在です。しかし、彼女たちはいつも不畏の権力者の王后の陰に隠られて、気配も出せれない存在です。このような理由で彼女たちは王后の陰で息を殺して、その陰を抜け出す機会を虎視眈々とのぞきます。機会は彼女が王の愛を独り占めするものであり、彼女たちはそのために命をかけます。生き残るための本能と、もっと高いところに上がったい欲望が彼女たちをそのように作ります。それは人間の基本的な本性であり、最高の権力を志向する人間の基本的な欲望です。
彼らが混ざり合いながら作り出し、複雑な人事と息詰まるような王朝史。そしてあらゆる陰謀と謀略が横行する苛酷を超え残酷な宮廷秘史を描いて行きます。また、これまでベールに包まれていた宮廷秘史を現実感を持って描き出すために力を入れて製作したセット場と宮中女人たちの美しい姿を引き立たせる華やかな韓服衣装及び小物も豊かな見どころを提供します。

こちらの作品もオススメです

ノ・ジョンチャンPDとチョン・ハヨン作家の幻想的な呼吸を見せてくれたドラマ「インス大妃」を紹介します。「インス大妃」はドラマの終盤に至るまで、緊張感を緩めずに、興味津々の話を見せながら、総編ドラマ史上最も高い視聴率で視聴者たちを引き集めました。
インス大妃【役:チェ・シラ】は歴史の中の実物で、朝鮮7代王・世祖【役:キム・ヨンホ】の長男【役:ペク・ソンヒョン】の嫁であり、朝鮮9代王・成宗【役:ペク・ソンヒョン】の母で息子嫁に死薬を下して、孫である燕山君【役:チン・テヒョン】を暴君に作った張本人だと評価されてます。
権力をめぐた3人の女性、女性の身分を超え朝鮮最高の権力者まで上がったインス大妃、その息子嫁廃妃ユン氏【役:チョン・へビン】、朝鮮王朝が最初大妃であるジョンヒ王后【役:キム・ミシュク】、この3人の縁と悪縁を扱い今まで燕山君中心で描かれた歴史ドラマを宮殿の女達の話を描いて、視聴者たちに新鮮な刺激と興味を誘発しました。
「インス大妃」が愛された一番大きな理由は、火花の散る名演技を披露した演技者たちにある。特に若い演技者からベテラン俳優までバランスの取れた調和を成し、新鮮さと安定感を同時に獲得見せてくれた。 

↓「花たちの戦い~宮廷残酷史~」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です