運命の誘惑の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

自分の果たせなかった夢を娘のシン・ダルレ【役:カン・ミンギョン】に強要し、子供の成功のためにとても冷酷に子供たちを自由自在に操る女王蜂のような母チョ・ボクヒ【役:イ・ミスク】はダルレがいつ死ぬかもしれない不治病にかかったことを知ってその娘のために人生で一番幸せな時間を作ってあげようとします。
ダルレの兄であるシン・モル【役:イ・ジェファン】は浮気者で、優柔不断な性格です。そんな彼の妻のカン・シンヨン【役:ユン・ジョンヒ】は政治家としては知略もないモルの代わりに、演説文の代筆はもちろん、四方八方に走り回りながらサポートして夫の名前を知らせるのに一助しながら、必死で記者たちと戦いながら夫のみだらなスキャンダルを防ぎ、暖かくて善良な男のイメージを与えるために、自らのショーウィンドウ人生を選択しました。
シンヨンの母パク・スンジャ【役:パク・ウォンスク】は、家父長的な夫の陰で息を殺しながら子供たちを育ててきました。気難しい夫の両親を誠意に扶養し、還暦に近い年齢にも、夫の歯磨き粉を練って、洗顔用の水まで用意するなど家族をために当たり前に犠牲した典型的な韓国のお母さんです。
ボクヒと幼い時から大の仲良しで若い時代夫に捨てられて、一人で2人の子供を育てながら大学教授になったキャリアウーマンで死ぬほど愛した夫に捨てられたという傷と恥辱にねじれた人性を持つようになったユン・ミンジュ【役:ジ・スウォン】は子供たちより自分の人生をもっと大切にして子どもたちと対立して葛藤します。

感想

母親と子供は同じへその緒から切り分けて一緒に世の中を生きて行きます。お母さんについての思い出は、お互いの違う家族史と背景に少しずつ異なるが、みんなある程度のかすかな痛みと罪責感という共通点を持っているはずです。
ドラマ『運命の誘惑』は母は何で生きるのか、という問いに答えられるドラマです。 子供の幸福のためなら何も惜しいと思わないこの時代の私たちの母親、子供の成功のためには体を張る情熱的な母親、愛よりも子どもを選んで、子供のためなら自分さえも捨てた可憐な母親。
このドラマでは本格的に母親の話をします。お互いに違う方式で子供を愛する母親たちの多様な姿を事実的に、そして誰もが共感されるように描いていきます。母親たちがそれぞれどのように子供たちをこのうえなく愛して、激しく対立して割れて、また、和解するのかを描いていきます。そして、それぞれの母親らがどのように自分の子供たちを守るため、他のお母さんたちと戦ってキズをつけているのか、その隠された話をします。これまで取り上げられなかった多少極端的な親子の関係を通じて、私たちが生きている時代と家族を考えさせ、忘れていた私たちの母親の偉大な存在を知らせてくれます。

こちらの作品もオススメです

お母さん、故郷、という言葉を思い出しただけでも、切なくて喉がつまって来る人たちのための話です。
1960年代を背景に早く両親を亡くした5人兄妹の長女が弟たちらを社会的に成功した人物で育てる話と、ある少女を中心に苦しい時代を耐えてきた人たちの話を描いています。
キム・ヨンソン【役:ユン・ジョンヒ】は急な親の死亡で5人兄妹の家長になってしまった長女です。二人の男性から愛されますが、ただ弟たちらを着せて飲ませて教える事に必死でそのまま逃します。生活のために密輸品運搬から肺病患者の看病、プルパン商売、公園などを経る間にも夢を向けて講義録、検定試験などで涙ぐましいに勉強を続けます。唯一の財産は誰にも愛される明るい性格、そして誠実です。
ドラマの放送前、全国の美しい名所を回りながら美しい風景を背景で五兄妹の幼い時代を込めました。毎回ごとに五兄妹が遊ぶ海辺、洞窟、草原など、さまざまな自然風景は視聴者の視線をとらえるに十分でした。また、1960年の背景に、歴史の中の小物と血縁社会、隣人間の愛情、歳時風俗、ことわざ、などを道具として、視聴者をその時代の懐かしい空間に、少しの間戻されたような気分にさせる、素朴で情感のあるドラマです。 

↓「運命の誘惑」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です