10-TEN シーズン2の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

ヨ・ジフン【役:チュ・サンウク】チーム長無しで<F事件>を調査していたところ、ペク・ドシク【役:キム・サンホ】は最初からチームテンには興味がなく、チームを利用してF事件の犯人を掴めようとした事を知ります。7年間ジフンが集めてきた事件を最初から調査し始めます。
最初のF事件<ピエロ殺人事件>2003年11月14日・金曜日、被害者ムン・ヒェジンは喫茶店でチケット販売していた女性職員で、その当時担当刑事は彼女のチケットを買った男が犯人だと調査したが、身分から全部擬装したもので、結局未解決事件で終わりました。2004年6月4日・金曜日、二番目のF事件<ラップ殺人事件>被害者ソン・ミジュが飲み屋で働いた事実を家族も知らなかったが事件発生後家族たちが真夜中逃走したという町人の証言がありました。被害者のミジュの兄ソン・ギョンテは警察関連新聞記者でした。2004年9月10日・金曜日、三番目のF事件<黒いビニール殺人事件>被害者チェ・ヒョンジョンは大学生で学費と親への仕送り金のため水商売をしていました。ドシクは事件を担当した先輩から犯人は被害者が被害者が警戒心もなくドアを開けた点で、面識犯による殺人事件だとして、3日で終わる事件だと思っていたが、犯人が偽装術に優れた人物で結局、未解決事件になったと聞きます。当時ドシクを含めチームテンの皆がこの時間に関わった事を知って驚きます。ドシクは未解決事件は大衆に忘れられた瞬間、未解決事件となるとし、被害者家族らは、苦痛の中に住んでおり自分の娘たちがどのように死んだのか教えてくれる人がおらず、もう知りたいと思う人もいないしたと言います。その中でも唯一、記憶しようとした一人、ヨ・ジフンは被害者家族たちにとって唯一の希望であり犯人を掴めようとした人物でした。2004年9月24日、四番目のF事件<大田(テジョン)テープ殺人事件>の被害者ソン・ギョンミは唯一の家族だった妹キム・ミンヒがいたが、葬儀場に一度だけ姿を現します。当時、報道された情報提供者のうち、警察が最初の情報提供者であることを突き止めます。また、2回の情報提供者のうち一人は、局長だと知り訪ねるが何の返事も得ることが出来ませんでした。もう一人の情報提供者はチェ・ミン刑事から聞いたとして事実を確認するため訪ねた時チェ・ミン刑事と一緒にいた警察から聞いたとし、その警察がジフンだと言います。突然出て来たヨジフンの名前にチームテンは戸惑いを隠せません。

感想

CJ E&Mの犯罪捜査劇「10-TEN」は緻密な構成と実験性を認められ、2012`ケーブルTV放送大賞`の審査委員らは犯罪捜査の過程を緻密に描いたしっかりした構成と映像美に最も高い点数を与えて、大賞の栄誉を手に入れた作品です。「別巡検」で演出力を認められたイ・スンヨン監督とナム・サンウク、イ・ジェゴン作家が意気投合して4年間の企画末披露した<TEN>は解決の可能性10%未満の凶悪事件を解決するため、組織された特殊事件担当チームの活躍を描いた犯罪捜査スリラードラマで最高視聴率を記録するほど、ケーブルドラマの中で最高の人気を集めました。それに視聴者たちは`ケーブルドラマの進化`、`推理物の新紀元`という修飾語をつけて賛辞を送っており、ケーブルドラマ初、映像美と実験精神を認められ、韓国放送撮影監督連合会が主催した`2011グリメ賞`で優秀作品賞も受賞しました。
シーズン1の人気に支えられ制作されたシーズン2は前シーズンのイ・スンヨン監督、イ・ジェゴン作家が再会したという点と主演のジュ・サンウク、キム・サンホを含めてジョアン、チェ・ウシクなどシーズン1の栄光の顔が再び意気投合したという点で視聴者たちを期待させました。
『10-TEN シーズン2』は堅実なストーリーと7年前から発生した連続殺人事件の犯人Fを追跡していく特殊事件担当チーム員たちの好演でシーズン1に劣らない満足を与えました。その中には目立つ存在感で、相当な成長を見せた俳優もいます。チェ・ウシクは無駄足をついてもおもいあがった姿の末っ子ミンホの姿を見せながらも犯人Fを追い込む吸引力を見せるなど、それこそ2つの魅力を発散しました。
7年前と現在を行き来しという背景設定が視聴者たちに、多少複雑に伝達されますが、製作陣は殺人事件が発生した瞬間を挿し絵を通じて処理、時間の変化を視聴者が容易に感知できるようにしました。同時に残忍な場面をあまり刺激的じゃないように描写しながらもディテールに演出し現実的に描きました。

↓「10-TEN シーズン2」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です