悪夢先生の感想とあらすじネタバレ

→「悪夢先生」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

いじめにあったスルギ【役:ソ・シンエ】は臨時担任を務めることになったハン・ボンク【役:オム・ギジュン】先生と相談をして、紙一枚を得ることとなるが、ボング先生がくれたペンで子供たちの名前を連結すると、関係が続くが、一度切れた関係は返せないと契約をします。そして最初は二人の友達と関係を結んだが、だんだん欲が増え、クラス全体の子供たちと関係を結んで、その欲のせいに破滅して、結局スルギは鏡の中に入ってクラスから消えます。 そしてみんなの記憶の中からも消えます。

虚言症があるアン・シヨン【役:キム・ダイェ】は話を作るのが上手で、外国にいるという両親も、留学に行きたという彼氏も、数年間自分を追いかけるというストーカーも全部嘘だが、友達にはそれが真実のように話します。ボング先生は、日記を一つ渡しながら、そこに自分が望む話を書くと事実に本当の事になると言います。それで、彼氏も出来ましたが、その彼氏は本当に愛してくれるんじゃなく、日記に書かれた通りに行動します。

カン・イェリム【役:キム・ソヒョン】とソ・サンウ【役:イ・ミンヒョク】はどんどん無くなっていく子供たちに気づき、ハン・ボンク先生の秘密を明らかにして、友達を元に戻すために孤軍奮闘します。いつもカメラで友達を撮ってくれるサンウのカメラも、先生からもらった物だが…

感想

ウェブ・ドラマ悪夢先生はたった4回放送で<信じて見るウェブドラマ>で等級した。ミステリー学園物というジャンルに興行首位に立っていたスリラーまで連携された、独特のジャンスドラマで15分という短い時間で、一つの話を表現しなければならない、ウェブドラマの特徴に新たな試みを図り、新しい道を開いた。

ともに、しっかりした演出力と映画のようなストーリー、各俳優たちは狂った存在感を出して、吸引力の強い演技力を自慢して、期待を上回る高いクオリティを披露しました。信じて見る俳優という修飾語がもったいなくない子役出身のキム・ソヒョンとソ・シンエの炎のような演技饗宴と新人俳優たちの新鮮な演技は、緊張感にあふれたドラマに明るいエネルギーを吹きこんで、豊かさを加えました。また、2年生3組の周りの生徒たちの、汚れていない純粋で自由な演技は、ドラマで調味料として作用しました。特にこのすべての子供たちをまとめる俳優オム・ギジュンの老練な演技は、更にドラマに没頭させます。

HDスクリーンで見そうな映画のような映像美と温かいけど、どこかに無気味な色彩が一番先に目につきます。それに加えて、没入度を高める背景音楽は、ドラマの緊張感を極大化させる同時に、視聴者たちの背筋をぞっとさせるサウンドはなかなか消えない余韻を与えます。

特に学生たちと契約を実現する度に吐き出すオム・ギジュンの”契約成立”というセリフはどんな背景音楽よりも視聴者たちをぞっとさせます。

こちらの作品もオススメです

休む暇もなく演技を続けているキム・ソヒョンの次の作品『ページターナー』は、青春ドラマ、成長ドラマの定石を見せてくれます。

タイトルのページターナーは、演奏者の代わりに楽譜をめくる人で演奏者より呼吸が早くても遅くても、楽譜をめくる音も出してはならない、舞台にいない人のように華やかな服を着てもならず、演奏者より一足遅れて登場して一歩先に退場しなければならない舞台の幽霊です。この舞台の幽霊はピアノを弾く演奏者のパートナーであり、最も近くで聴く最初の観客で、演奏を台無しにすることもある悪魔でもあります。

このドラマの中の青春たちも誰かは、主人公の演奏者で、誰かはその演奏を支援するページターナーで舞台に立ちます。ピアノの天才であるユスル【役:キム・ソヒョン】は交通事故で視力をほとんど失うことになります。運動が全てだったチャ・シク【役:チス】は不意の事故で運動をやめることになります。 同じ痛みを持つ二人が会って友情や慰めを描く3部作で短い短幕劇ですが、まるで映画一本を見るような錯覚を起こします。

脚本、演出、演技がいずれも優れているため、良い評価を受けた短幕劇『ページターナー』はドラマ「君の声が聞こえる」、「ピノキオ」のパク・ヒェリョン作家が執筆して<諦めないで君を信じて君が願望する人生を生きなさい>とメッセージをくれます。詳しい話が気になる方は是非チェックしてください。 

→「悪夢先生」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です