ATHENA-アテナ-の感想とあらすじネタバレ

→「ATHENA-アテナ-」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

チョ・ミョンホ大統領【役:イ・ジョンギル】は、北朝鮮・原子力技術の核心であるキム・ミョングク博士を韓国に連れて来ようとするが、ロシア機関の介入で日本でキム博士を奪われます。全世界が占めたいキム博士だが、海外で韓国の情報機関が作戦を展開する場合、外交的摩擦が起こりうる状況だったため、結局、国家と関係なく世界的に活動するクォン・ヨンクアン【役:ユ・ドングン】チームが動員されます。チームの構成はクォン博士とB1からB6まで計7人。

しかし、作戦に入る前にB5、B6がヘイン【役:スエ】とソン・ヒョク【役:チャ・スンウォン】に除去されて、作戦は危機にさらされます。それでも無理に作戦に入ったチームは結局、キム・ミョングク博士を取り戻すが、全員が死亡して、クォン博士本人も除去される危機になるがヒョクは上司の命令があったにも関わらずクォン博士を逃します。この過程で、ソン・ヒョクはCIAチームの一員としてこの作戦に介入したことが明らかになります。

3年後、大統領はキム博士を主軸にした新型原子炉の開発技術を保護するために国情院の外部にNTSという新しい組織を作って運営して、草野にいるクォン博士を呼び出してNTSの指揮をお願いします。クォン博士は拒絶しようとするが、ソン・ヒョクが米国DIS東アジア支部長となり、ソウルに来るという事実を知って、彼を防ぐために行動に出ます。

国情院要員出身のチョンウ【役:チョン・ウソン】は偶然、国情院の広報チームで仕事するヘインを見て惚れてしまうが、ヘインは、冷たいです。密かにクォン博士がNTSの指揮を担当した直後、チョンウは急に未知の海外任務遂行のためにイタリアに派遣されて、そこで思いがけない再びヘインに出会います。

感想

ドラマ『アテナ』はチョン・ウソン、スエ、チャ・スンウォンなどスクリーンスターたちを久しぶりにブラウン管への復帰に大きな関心をもらいました。特に、チョン・ウソンはなんと15年ぶりにブラウン管にカムバックしました。劇中のレジェンド級の実力を備えた情報要員として出演するチョン・ウソンはこれまで、ドラマはもちろん、映画でも見たことのないスタイルリーなアクション場面を見せてくれます。以外にもスエ、イ・ジア、2人の女優が女には難しく大変な、強度高いアクション演技とチャ・スンウォンの優越した姿に期待を集めました。

また、初回で姿を現す、チュ・シンフンをはじめ、ジング、イ・ボヨン、ボア、キム・ビョンマンなど各分野の最高のスターたちが適材適所に配置して、毎回ごとに視聴者たちに驚きと与えて目を離せません。

ヘイン【役:スエ】に惚れたチョンウ【役:チョン・ウソン】の積極的な愛情攻勢で始まった『アテナ』中のラブラインは、ソン・ヒョク【役:チャ・スンウォン】、ジェヒ【役:イ・ジア】と絡ませながら、予測不可能な方向へと進められ、情報要員としての使命感と脱することができない運命、そしてその中の残忍な裏切りと切ない愛が視聴者の感性を刺激します。

また「アイリス」出演俳優たちがサプライズ出演し、連結の輪を見せて、前作のファンたちにも楽しさを与えました。

こちらの作品もオススメです

スパイ・アクションドラマが好きな方に『逃亡者 PLAN B』をおすすめします。ピの5年ぶりのドラマ復帰作であり、6年ぶりにカムバックするイ・ナヨンのキャスティングで、韓国だけでなく、アジアでも大きな関心をもらいました。そこにビジュアルの固まりだと名付けられたイ・ジョンジン、ダニエル・ヘニーとユン・ジンソまで超豪華キャスティングを自慢しました。

序盤から早い展開と迫力溢れる場面を披露し、没入度を高めました。アジア全域で撮影をしたため、各地の華麗な映像と共に、大きなスケールの追撃戦とアクションを見せてくれました。最後にそらぞらしいふるまとコミックな俳優たちの演技まで加わり、ドラマをさらに豊かします。

オ・ジホ、イ・ダヘ、ユン・ソナ、ソン・ドンイル、コン・ヒョンジンなど他のドラマなら、主演級俳優らがカメオとして登場してまた違う楽しみを提供します。

韓国戦争が勃発し、消えてしまった天文学的な金額のお金が60年が経った2010年に再び世に現れて起きる話です。その中には主人公の名探偵ジウと怪しい事情がありそうな美女依頼人ジニ、ジウを追う刑事ドスとジニを愛する男カイ、そしてジニがジウに依頼した人なのか組織なのか把握すらも難しい、メルキデクの正体を見つけて行く内容を描いてます。

→「ATHENA-アテナ-」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です