ベビーシッターの感想とあらすじネタバレ

→「ベビーシッター」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

人をうらやむこともない完璧な人生を生きていた美しい女、チョン・ウンジュ【役:チョ・ヨジョン】が殺人事件の有力な容疑者にとして名目されて、事件の顛末を打ち明けたインタビューシーンからドラマは始まります。

絵のような邸宅でお金持ちの5世の孫であり、完璧主義な大学教授の夫、ユ・サンウォン【役:キム・ミンジュン】を内助し、美しい娘ウンビョルと、後孫がごく少ない家に今まさに双子の息子を生んで、幸せで豊かな生活を謳歌して幸せなように見えるウンジュの実状は教養があふれる夫や夫の実家に圧迫されて、いつも顔色を見ながら空気を読みます。そこに学閥コンプレックスまで激しく、気苦労の毎日を過ごしてます。

ある日、夫の後輩である韓国大に在学中のチャン・ソクリュ【役:シン・ユンジュ】がチョン・ウンジュの家に新たなベビーシッターとしてやって来ます。若くて学閥も良いし、利口で礼儀まで正しくて、ウンジュとサンウォンの信頼を簡単に得ることが出来ました。しかし、そんな彼女と夫の雰囲気が怪しいです。

そんな日々の中ウンジュは殺人事件の容疑者になり、記者に自分がどのように夫のサンウォンとソクリュ、ソクリュの夫でありながらサンウォンの友人のピョ・ヨンギュン【役:イ・スンジュン】を殺したのか説明します。しかし、この全てのことは実はサンウォンが企んだことでした。

感想

ミステリーとラブストーリーの結合で視聴者の五感を刺激したドラマ「ベビーシッター」は、幸せな家庭の日常に入って来た怪しいベビーシッターによって経験する、三人の男女の複雑微妙な心理の変化を、迫力あふれながらも緻密に描いたミステリーメロドラマです。

初出会いからユ・サンウォンと隠密で妙な気流を形成するチャン・ソクリュ、そしてそんな二人を見守るチョン・ウンジュ、この三人が形成する不吉な三角関係は、今すぐにでも崩れそうな、波で崩れそうな砂の上に建てられて砂城のように漸層的な不安感を醸し出している。

ドラマ「赤道の男」などを通じて感覚的で優れた演出力を披露したキム・ヨンス監督は、今回の作品でも流麗な映像美と速い編集で緊張感と弛緩を繰り返し、もう一つのブランドドラマの誕生に期待を集めました。

地上波ドラマでは簡単に見られない、ミステリーとラブストーリーが混合された、独特なジャンルで、緻密に絡み合ったメロ的ストーリーと全体的の流れに、魅力されるしかないしっかりしたミステリーの叙事と完成度の台本で、放送前から業界の中ですでに口コミが出ました。そして毎回予想を外れる反転はドラマの4話間ずっと目を離せないように、視聴者の心をしっかりと締めました。

こちらの作品もオススメです

スリラードラマが好きな方に推薦する、犯罪・スリラー・ドラマ「カップドンイ」はファソン(華城)連続殺人事件をモチーフにしています。20年前、9次まで起こり、多くの犠牲者を出したイルタン連続殺人事件を模倣した犯罪が起きて、これと絡んでいた関係がある人と警察など、多様な人たちが犯人を掴まるために動き始めます。

犯人のカップドンイと誤解されて殺人容疑者だった父は死んだが、人々から相変わらず獣の子として見られた、ハ・ムヨ【役:ユン・サンヒョン】は僧侶が取り立てて小僧になるが、自分お人生を狂わせた、カップドンイをつかむため、警察がなります。

ガプドンイから生き残った唯一の生存者兼目撃者である、オ・マリア【役:キム・ミンジョン】はいつも相手との99cm距離を維持し、背中に誰か立つことに敏感です。精神科医を選択したことは自らの傷を治癒するためです。患者を治癒して、自分の傷が大丈夫になったと思った時、イルタン連続殺人事件のコピーキャットが登場します。<私の神、私の英雄>とし、尊敬心を示したカップドンイのコピーキャット、リュ・テオ【役:イ・ジュン】は、カップドンイの唯一の生存者マリアに執着し、IQ150を利用し警察官をもって遊ぶサイコパス役を演じ、アイドル出身という偏見から避けることができる安定的な演技を見せてくれました。

ドラマは半ばに入り、カップドンイの正体は明らかになりますが、リュ・テオを中心にした話でスリラーと緊張感を逃さず、公訴時効廃止をはじめとする社会的共感を引き出すドラマです。 

→「ベビーシッター」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です