僕の彼女は九尾狐〈クミホ〉の感想とあらすじネタバレ

→「僕の彼女は九尾狐〈クミホ〉」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

幼い時に親を失って祖父と叔母の手で育てられて分別のない子に育てられた金持ちの家の一人っ子坊ちゃまチャ・デウン【役:イ・スンギ】は、毎日事故だけ起こし、祖父の強要によってスパルタ式の浪人塾に入ることになって、偶然九尾狐(クミホ)【役:シン・ミナ】がいるお寺へ逃げます。絵の中のクミホを生き返します。

クミホを直接見ても信じなれなかったデウンは、クミホから逃げる時、死線を迎えることがあったが、クミホは助けてあげますが、彼女の存在を否定します。500年ぶりに目覚めたクミホはそんなデウンに自分の正体を証明するといい、月が出たとき9つのしっぽを見せたり、臭いにデウンを探し出します。結局、デウンはクミホの存在を受け入れて、クミホのおかげで自分が生きていることを認めます。

クミホに食べられないために、腹をすかしているクミホに牛肉を飼ってあげたり、家にも帰らずアクションスクールの屋上部屋でクミホと共に暮らし、人生修行を過酷にします。人間に対する憧れを持っていて好奇心が旺盛で、透き通った性格クミホは体でするすべてのことは何回かやって見れば、生活の達人並みの高いレベルになり、居候だったクミホがデウンの生活費を解決するようになります。

一方、消えたクミホを掴めようとする獣医師のパク・ドンジュ【役:ノ・ミヌ】は知的で暖かい姿の裏に鋭くて冷たい面を隠しています。デウンを追ってクミホを見つけたが、昔の記憶の中の自分が記憶する人物と似たクミホの姿に惑います。

感想

真っ赤な目に血を流しながら人の肝を食べていた九尾狐は夏になると<納涼特集ドラマ>の主人公でした。彼らの恐ろしい九尾狐の姿が、シン・ミナを通じて生き生きしながらも可愛い姿で視聴者の耳目を掴みました。

ロマンチックコメディードラマの「マイガール」、「快ガールチュニャン」、「幻想のカップル」、「美男ですね」で連続ヒットさせたホン・チョンウン、ホン・ミラン、ホン姉妹が書いて、2009年白砂芸術大賞・新人演出家賞を受賞したブ・ソンチョルPDが演出を担当して大きな期待を集めました。

また、興行保証小切手のイ・ソンギと3年ぶりにドラマ復帰したシン・ミナのケミは近い年齢の配役を演じ、その年齢に合う安定感のある姿を見せてくれました。 シン・ミナは他の作品では見せてくれなかった、生まれたばかりの赤ちゃんのような純粋さと飾らない魅力で汚れていない自然のような姿で視聴者にアピールし、イ・スンギの腕白でとてつもない姿はミホを通じて大人になっていきます。

独特な素材に明るくて魅力あるストーリー、配役にぴったり合った演技を見せてくれた俳優たちと検証された制作陣たちが一つになって作り上げたドラマ『僕の彼女は九尾狐〈クミホ〉』は、ドラマOSTまで大きな愛を受けました。また、純粋なイメージのシン・ミナのファッションとデイリー・ルックの定石を見せてくれたイ・スンギのファッションも、毎回話題を作りました。

こちらの作品もオススメです

シン・ミナの次期作であり、九尾狐と同じく伝説をモチーフにしたドラマ『アラン使道伝』を紹介します。軍隊除隊したイ・ジュンギの復帰作で2年間の空白がなかったのような安定的な発声に鮮明なキャラクターを加えて、シン・ミナとのケミを見せてくれました。

このドラマが選択した伝説は<アラン伝説>で基本の話を元に脚色したドラマで、幼い頃から幽霊が見えるだけでなく、触ることも会話する事も可能で、自分の願いを聞いてほしいとする怨霊たちのせいで、やっかいな事が並々ならぬではなかった、使道ウンオ【役:イ・ジュンギ】は気難しくて高慢な性格を持つようになりました。問題が生じれば、一応行動が先立って、強い怨霊たちの間で生き残るために、何事にも強いふりをして、根期強い怨霊のように武装しているが、実は怖がりで、心も弱いアラン【役:シン・ミナ】は、生前の記憶を失って、自分の悔しい死の真実が知りたい記憶失調症娘の怨霊です。

鬼と人間の話があったら、地上と天上の話も描かれて、閻魔大王【役:パク・ジュンギュ】に玉皇上帝【役:ユ・スンホ】まで登場します。また、首に刺青が描がかれた死者の怨霊を狩る死神が誕生し、新鮮な素材で話題を呼び起こしました。

人間と幽霊が共に描いていくドラマ『アラン使道伝』は生者と死者の世界を行き来しながら、人間の喜怒哀楽とその中にある人生の哲学を重くないけど、意味のある話をしてます。続きの話が気になる方は是非チェックしてください。 

→「僕の彼女は九尾狐〈クミホ〉」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です