僕らのイケメン青果店の感想とあらすじネタバレ

→「僕らのイケメン青果店」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

テヤン【役:チ・チャンウク】とジンシム【役:ワン・ジヒェ】は幼いことから友達です。 テヤンは親がいなく、祖母と妹と一緒に住んでいて、ジンシムは聖堂で住んでいる孤児です。似たような状況で育ったため、お互いを誰よりもよく理解している二人は家族のように友達のように過ごしながら、友達以上の感情も持つようになります。

物不足でするが、その中で幸せと素朴な夢を抱いて生きている二人の前にお母さんの手厚い愛と世話を貰って育たガオンが登場して、ガオンは二人と仲良い友達になりますが、ガオンの母カンソン【役:ファン・シネ】は、財閥一家の血筋であるガオンがテヤンとジンシムと仲いいことに不満を感じます。そんなある日、ガオンの父である、モクヨングループの社長であるインボム【役:チョン・ノミン】が離婚して元恋人と娘のカンソンとガオンを呼びます。やっと財閥一家の奥さんになることができたと思って、幸せなガオンの娘のガオンが事故で亡くなります。ガオンがいないから財閥家の奥さんにはなれないと思いガンソンはジンシムを説得で村を離れてモクカオングループで暮らしていきます。

数年の時間が流れ、テヤンは幼い頃からの夢の野菜屋の社長になるため、青果物卸売市場に就職して、そこで新入競売者になったガオン(ジンシム)に会います。 毎月15日には故郷に帰ってジンシムを待ちながら長い間ジンシムを忘れずに生きてきたテヤンはガオンと仕事をしながらだんだん彼女に好感を持つようになって、ガオンもテヤンに引かれる。お互いに持った好感が愛に変わる頃、お互いの名前を聞くが、テヤンという名前を聞いてガオンはテヤンをやっと見知って、何も知らないテヤンはジンシムに申し訳ないが、ガオンを存分に恋しようとします。

感想

ドラマ『僕らのイケメン青果店』は最高の商品を、最適の価格、最善のサービスで販売する偉そうな商人、うそをつかなくて、小細工を張らないで、堂々とお金を稼ぐ正しい商人、自分と会った顧客は一度は必ず笑わせる面白い商売人、溢れる情熱と輝くアイデアで世間を変えた素敵な商人。そんなすごい商人がなりたいという夢を抱いて、昼夜を問わず孤軍奮闘する優しくて可愛い男性たちの姿を描いています。また、頑張る毎日の中で彼らの笑いと涙をいつも間にか一緒に応援するようになるドラマです。

チ・チャンウクが演じるハン・てヤンは美しく明るい子です。本当に純粋で情熱的で諦めを知らない彼を見て、このような人は成功するしかないという思いがしました。

誰にでも才能はある。その中でももっとも特別な才能は死ぬほど一生懸命する才能であると思わせるドラマで、血と汗いっぱいの努力で得た物だけが本当の自分のものだと信じているしっかりした男性たちの成功記で、自分の仕事に最善を尽くして努力する健康な若者たちの仕事と夢、そして愛を描いたドラマです。

今はスターになったチ・チャンウク、イ・グァンス、パク・スジン、キム・ヨンクァンの新人時代の姿を見ることができます。

こちらの作品もオススメです

明るくて真面目の姿を見せてくれたチ・チャンウクが「僕らのイケメン青果店」で全く異なる男性らしいイメージを見せて、チ・チャンウクという名前を知らせたラマ『ヒーラー』を紹介します。

兄のキム・ムンシク【役:パク・サンウォン】の不正に悩んで、現在は、兄嫁なチェ・ミョンヒ【役:ド・ジウォン】の前夫との娘であるジアンを探してる、スター記者キム・ムンホ【役:ユ・ジテ】はジアンが死んでいないと信じて、その子供を捜す過程で、父親の死と母の裁可後父親の友だちの助けで訓練を受けて`使い`という職業を持つヒーラー(ソ・チョンフ)【役:チ・チャンウク】に事件の依頼をします。キム・ムンホの依頼でソ・チョンフは孤児施設で育ち、幼い頃、虐待を受けて離縁を繰り返し、良い弁護士の父に会って記者になる夢見るチェ・ヨンシン【役:パク・ミンヨン】と出会います。

なんだか気になって保護してあげたくなるチェ・ヨンシンを見ながら、ソ・チョンフは個人的にヨンシンのことに関与をするようになって、この過程で、自分の父とのキム・ムンシク及びチェ・ミョンヒが父と知人であることを知ります。 第一新聞会長である兄キム・ムンシクの汚職をこれ以上目をつぶるができず、チェ・ヨンシンをきちんとした記者に作りたい欲でキム・ムンホはヨンシンが勤務するインターネット新聞社の社長になって、ヨンシンが取材中だった事件を担当します。

派手なアクションとヒーロードラマが好きな方に是非お勧めします。 

→「僕らのイケメン青果店」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です