ボクらのラブ・アカデミーの感想とあらすじネタバレ

→「ボクらのラブ・アカデミー」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

映画監督を夢見る映画学科の大学生としてポジティブはプロ、諦めは初心者、挑戦精神は満タンなキム・フヮンドン【役:D.O(ド・ギョンす)】に学校の卒業映画製作支援が決定される幸運が訪れます。しかし、別途の製作費支援はなし!フヮンドンの最も親しい友人でドラマ内映画のプロデューサーファン・イングク【役:イ・ダウィッ】はキム・フヮンドンと共に卒業映画作品製作に必要な制作費を稼ぐためにアルバイトを始めます。

一方、フヮンドンは元彼女で、CFスターになり芸能界に入り、ドラマの主演にまで活躍したが、今は大衆に忘れ去られた女優バン・ヘジョン【役:チェ・ソジン】に主人公をお願いします。

彼ら前に行われる多くの難関、厳しい現実に引き続きぶつかるが、キム・フヮンドンとファン・イングクは出演陣渉外から制作費調達まで自分の夢を実現するためにさまざまな困難を乗り越えながら孤軍奮闘します。二人はもう一度真正な俳優の夢を見るバン・ヘジョン、そして新しく会ったスタッフたちと力を合わせて困難を克服して行けるのでしょうか。また、バン・へジョンとキム・フヮンドン二人の関係にも少しずつ変化が現れます。二人の関係回復と愛は完成出来るのでしょうか。

感想

ウェブトゥーンドラマの6部作で1部で役10分のドラマです。この短い瞬間に監督が伝えてくれるストーリーが視聴者によく伝達します。また、憂鬱な現実を風刺的にうまく表現した点に賛辞を貰いました。特にセリフを見ると、監督もすごいし、俳優たちもすごいだと思います。イ・ビョンホン監督は映画中心で演出を務めた監督だったため、映画を見る感じがする映像美を見せてくれます。

一応キャラクターたちがみんな個性があって、話をもっと豊かに描いてくれます。だから見ている視聴者の立場では新しさを感じながらも、現実的で、愉快で窮屈さを感じる暇がありません。若者たちの話を描いたドラマで、仕事と愛の二つの部分のストーリーの中一つもおろそかにせずに各ストーリーを効果的に伝えていた面もいい評価を貰いました。

普通のウェブドラマはアイドルの演技登竜門であるイメージがあるが、このドラマはアイドルながらも演技力を認めてもらったD.Oと若手女優チェ・ソジン主人公たちはもちろん、助演までみんな力を入れすぎでも抜きすぎでもなく、非常にいいバランスで、ストーリーと演出に適した演技を見せてくれます。冷たい現実、しかし、青春とその現実を沸かすその過程の中で、同僚愛が魅力的です。

こちらの作品もオススメです

ウェブドラマ「食べる存在」を紹介します。1千万以上ヒット記録人気ウェブトゥーン原作を基に作られたウェブドラマです。

ユ・ヤン【役:アン・ヨンミ】は作家志望生だが、現実はあまりにも現実的なOLです。しかし、自分の夢を向けて手紙を書き、原稿をあちこちに送る情熱も満載な女だ。その会社で首になって貧しい作家志望生のフリーなフリーランサー、現実はその一日稼ぎのバイト生の失業者になります。ノ・ミヌが演じるパクビョンウンは外見は3次元美男、内面は4次元純粋男です。この二人の仕事と甘辛い愛を描いた作品です。

私たちが生きている理由、暮らすため食べるのか、食べるために生きるのか、どっちになろうが食べるのを除くと私たちには何もない人生です。
<今日も私は食べる。ゆえに私は存在する>を元にするユ・ヤンの食べることに対する解釈は本当においしそうに表現します。

この漫画の中の食べ物は私たちが今食べられる普通の食べ物です。食べてみた、よく食べる食べ物を彼女が解釈してくれるし、私たちは共感して味を反芻することができて,その他のモクバンプログラム(食レポート)よりもっとモクバンらしいです。  韓国の食べ物に関心のある方たちは必ずチェックしなければならないドラマです。

 →「ボクらのラブ・アカデミー」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です