ホグの愛の感想とあらすじネタバレ

→「ホグの愛」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

2014年サム(友たち以上恋人以下)に巡航の帆をつけて走っていたカン・ホグ【役:チェ・ウシク】はいよいよ母胎ソロを脱出して、恋愛のテープを切れると思ったけど、その女に他の男が彼氏になって、容赦なく恋愛不発弾として終わってしまいました。ただサムではなく恋が、味見る恋愛ではなく本当の愛がしたいだけのホグの前に、国民的の人魚姫であり、ホグの初恋、ド・ドヒ【役:ゆい】が現れ、人生初めて勇気を出して外泊を覚悟し、ドヒの手を握ってヨスに向かいました。しかし、財布を落としてしまい、不良学生に訓戒兼押収した焼酎で酔っぱらいます。

6ヵ月後待ちに待った彼女との衝撃的な再会で妊婦して現れたドヒの姿にホグは言葉を失います。<その短い時間にすでに結婚して、子どもまでできた>、それを運命というドヒの言葉に憤怒するが、一人で赤ちゃんを産むドヒを心配します。しかし、ドヒはそんなホグに暴言をしながら来るなと断固として押し出します。

それでも相変わらずドヒが気になるホグは病院を訪れた時、怪しい対話を盗み聞きして、まさに今ドヒと話しているビョン・カンチョル【役:イム・スロン】を父だと思います。一方、ホグの双子の妹ホギョン【役:イ・スギョン】は自分の息子のカンチョルとサムに乗って欲しいとムク・ギョンジン【役:オ・ヨンシル】から提案を受けて会心の笑みを浮かびます。

感想

『ホグの愛』はtvNのドラマ「隣人のイケメン」の原作、ウェブトゥーン「私は毎日彼をのぞいている」を描いたユ・ヒョンスク作家の同名ウェブトゥーンを基盤にしたドラマです。しかし、登場人物の名前から性格、職業まで原作と大きく変わった点が目立ちました。原作の堅実なストーリーを基盤に、より個性あふれるキャラクターたちと独特でスピーディな展開が目立つ新鮮な楽しみが期待させました。

『ホぐの愛』はドラマ「アイリス2」、「フルーハウス」、「彼らが生きる世界」などを演出したドラマを演出したピョ・ミンス監督がメガホンを取ってtvNドラマ「イケメンラメン屋」、「職場の神」などを執筆したユン・ナンジュン作家が脚本を担当しました。生気潑剌としたキャラクターたちとこくのあるセリフ、予測不可能で、ユニークな愉快なストーリーまで、思わず「信じて見る」言葉が出てきた、コミックロマンス青春物まで披露した制作陣は、「イケメンラメン屋」以降二番目の作品での意気投合で、制作陣たちのケミも視聴者に楽しみを与えました。

『ホグの愛』はタイトルそのまま大韓民国代表ホク男’カンホク'(チェ・ウシク分)のロマンスを描いたドラマだ。 劇中の強豪具は一緒にご飯も食べてお酒も飲んでお弁当を作って遊びに行きたが、結局、付き合ったわけではないという女たちの本音を理解できない恋愛の技ゼロの母胎ソロだ。

いつのまにか恋愛が愛ではなく、技術になってしまい、SNSに別れを告げるデジタル時代に、ホグ【役:チェ・ウシク】は心を尽くして愛する純情ロマンスを披露します。女を泣かせる悪い男に終焉を告げる、世の中どこにもなかった純情派男主人公’ホグ’の登場に視聴者たちの期待感を高めました。

こちらの作品もオススメです

ホグの役を演じたチェ・ウシクの出演作で、同時代に放送されたドラマの中着実に1位の座を守ったのはもちろん、視聴者たちを泣かせたり、笑わせたりした青春のための賛歌、”どうせ、人生は計画通りにならないと。私が立っているここがメージャー。”という重いメッセージを愉快に投げたドラマ、『サム・マイウェイ』を紹介します。

ドラマは放送序盤から’ナムイル・ビラ4人組’ドンマン【役:パク・ソジュン】、エラ【役:キム・ジウォン】、ジュマン【役:アン・ジェホン】、ソルヒ【役:ソン・ハユン】が世の中から見るには不足したスペックでマイナー人生を強要される現実の中でも、他人に何と言われようが、マイウェイを歩んでいく、マイナーリーグ、青春たちのあきれた成長ロマンスを描いたドラマで、お互いに愛して、夢を探していく過程を愉快に描いて、視聴者たちから好評を得ました。

『サム・マイウェイ』は20年の友人であるドンマンとエラが愛に気づく過程と倦怠を感じる6年目のカップルドンマンとソルヒの現実的なロマンスを描いて、共感度を高めました。彼らの望む事を主体的に探しながら、障害物を乗り越えて成長する姿は視聴者を慰めてくれるし、誰が何と言っても自分の道を歩きなさいという応援のメッセージを伝えました。 

→「ホグの愛」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です