チョン・ドジョンの感想とあらすじネタバレ

→「チョン・ドジョン」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

チョン・ドジョン【役:チョ・ゼヒョン】は、高麗末の官僚として過ごしたが、恭愍王以後、高麗朝廷の腐敗が修正する気配が見えないないと、10年の配所生活で百姓の苦痛をそばで見守って、高麗を崩壊させなければならないと思いました。

チョン・ドジョンでチェ・ヨン【役:ソ・インシク】は遼東を征伐しようと臣下を説得するのにイ・ソンゲ(朝鮮初代王・太祖)【役:ユ・ドングン】をはじめとする多くの官僚たちは明と戦争をすることは、高麗の滅亡を促す道だとして反対します。チェ・ヨンはイ・ソンゲに会って`外敵の侵略に悩まされて、朝貢に苦しんでいる高麗がすごし胸を張れる時期だ。

そして私の人生、最後の夢だから少し手を貸してほしい`とお願いします。イ・ソンゲは、チェ・ヨンに力を貸して、イ・インイム【役:パク・ヨンギュウ】を追い出し、今では高麗の安定に向けて努力をするのに、遼東征伐を通じて多くの意見対立が始まります。

チョン・ドジョンは高麗が危険に直面するほど機会が訪れるとし、遼東征伐を通じた国論分裂を傍観するようになります。イ・ソンゲは高麗の未来のために遼東征伐は絶対にいけないとして反対をします。チョン・ドジョンはイ・バンウォン(イ・ソンゲの息子、朝鮮3代王・太宗)と一緒に高麗の未来について、その予言をしながら夢を見るようになり、またイ・ソンゲ遼東征伐を通じて、高麗の危機を大きく感じても大きな意味を抱くようになります。

感想

フュージョン時代劇ではなく、伝統時代劇で、朝鮮建国した、イ・ソンゲを中心とした時代劇や朝鮮初期王朝を中心とした時代劇で登場するチョン・ドジョンではなく、人物チョン・ドジョンを通じた歴史認識が興味を持たせます。

何よりも細心に気を使った衣服、小品、セットは<チョン・ドジョン>ブームの立役者です。人物ごとに使用するカッ、刀、衣服などを変え、時代相を見せただけでなく、人物間の対立、キャラクターの性格まで示しました。

また、各人物たちが出演する空間は色を通じて分離しました。イ・インイムの執務室は、前から使った色を全部入れてカラー・トーンを生かし、若手士大夫は新たなトーンを作って二つの勢力を分けました。びっしりと細密な準備のおかげで、<チョン・ドジョン>は視聴者の関心と愛を受ける品格のあるドラマにたどり着きました。

代劇専門俳優たちが集まって、キャラクターを立体的に作って生気を吹き入れました。どの人物も見逃すことはできないようにする俳優たちの魅力的な演技は毎瞬間、わたしたちをときめかせます。

韓国の歴史で、とても重要な時点でのチョン・ドジョンとその周辺人物たちは、どんな思いと思考で理想的な国家を夢見てきたのか興味深いことです。既存の時代劇マニアの中年男性層から脱し、20~30代の若年層と女性視聴者たちも吸収しました。

こちらの作品もオススメです

チョン・ドジョンが登場するもう一つもドラマ「六竜が飛ぶ」と紹介します。’高麗’という巨悪に対抗して高麗を終わらせるために体を起こした六人の人物の話話でチョン・ドジョンと同じく高麗末から朝鮮建設の間を描いていきます。しかし歴史の話を元にして、加工されたフュージョンで政治の話、アクション、そして恋の話までたっぷり入ってます。

特にイ・バンウォン役のユ・アインは高麗時代忠臣チョン・モンジュを殺して、同僚だったチョン・ドジョン、そして兄弟たちまでも殺し、王座に就くまでが最も緊張感溢れるように描かれています。強力な王権で朝廷の権力を振り回す太宗イ・バンウォンの残忍で暴力的な姿を、安定した演技力で見せてくれて、より深い没入度を高めます。武侠アクションに力を入れたドラマで、毎回ごとにレベルの高いアクションシーンを楽しむことができます。

仮想人物であるムヒュル【役:ユン・ギュンサン】とイ・バンジ【役:ビョン・ヨハン】は、アクション担当で、私たちの目を楽しませてくれます。また、ヨニ【役:チョン・ユミ】とバンジとのラブストーリー、ブニ【役:シン・セギョン】とバンウォンの愛は時々私たちを微笑ませます。フュージョン時代劇を好きな人は必ずチェックしてください。 

→「チョン・ドジョン」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です