大丈夫、愛だの感想とあらすじネタバレ

→「大丈夫、愛だ」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

30前半の人気推理小説作家ジャン・ジェヨル【役:チョ・インソン】はベッドで眠れないし、いくつかの色が執着する強迫観念がありますが、社会生活することはまったく無理がありません。 ハンサムな外見とは異なり、熱いエロ表現と残忍な推理小説作家で有名な彼はその名声で人気の時間帯固定ラジオDJとしても活躍し、誰が見ても素敵でロマンチックな男の表象として定着しました。

30代前半の大学病院の精神科とフェロー1年目のジ・ヘス【役:コン・ヒョジン】はクールでシックて短気でよく怒って同僚らからは危険な医師で通じるが、生まれつきの洞察力があるという評価をされます。この2人が出会ってなんだかんだとしながら恋をします。しかし、二人には各自の心の病を持っています。ヘスは不安症、ジェヨルは強迫症。時間が流れるほど二人はもっと好きになり、お互いの心の中苦痛を消していきますが、二人ともカンウ【役:ド・ギョンス】が幻視ということを知りません。

最後まで認めないジェヨルにヘスは医者の立場で考えて彼のために、幻視の矛盾を捜しなさいと待ってるからと別離を通報します。小さな外傷には病的に執着しながら騒いでいるが、心の病は背負って生きて行く現代人の人生と愛を振り返ってみた物語です。

感想

`韓国ドラマは全部同じ恋話だ`という偏見を破ったドラマです。 さらに、脚本がノ・ヒギョン作家です。

私たちが人生で必ず会わなければならないただ一人、世の中で最も美しい人は、私自身ですね。体に対する我々の関心はほとんど執着に近いです。 しかし、心に対する我々の関心はどうでしょうか。心が風邪にひいて、心ががんになって、心が糖尿病と高血圧になると一度でも考えてみたことがありますか?
誰でも幸せを望みながら、幸せの鍵を握っている心に対しては、どれほど多くの偏見を持って放置してむやみについているでしょう。全部知っていると思ってますが、実はよく分からない、私たちの心の傷、心の病気に関する話だ。

ノ・ヒギョン作家の<私だけ大変ではない、あなたも大変なんだね。私だけが寂しいのではなかったんだ、人間だというのが元々そんなに寂しいのだったのね。死にたいのではなく、生きたかったのね。私もあなたも知ってみると、本当にいい人なんだね。 私が変なのではなく、ちょっと特別たね>と話してくれる、心が暖かくなるドラマです。
ノ・ヒギョン作家の作品が好きな方、仕事や人間関係で疲れた方、少し癒されたい方、少し休みたい方におすすめする作品です。

こちらの作品もオススメです

ノ・ヒギョン作家の数多い作品の一つ「その冬、風が吹く]は、チョ・インソンとソン・ヘギョが主役で二人のビジュアルだけでも映像美が美しいですが、ドラマ全体の独特な色の選定も目立ちます。他の作品とは違って、強烈な原色の配合が多いし鏡や窓を使って感覚的で洗練な映像美が映画みたいなドラマにしました。

「その冬、風が吹く」は人間の話、人生の物語を通じて、癒しと和解に感じさせてくれた作品です。幼年に捨てられた傷と初恋の残忍に失敗したオ・ス【役:チョ・インソン】と親の離婚と母親とただ一つの兄弟の兄との別れた後、視覚障害できらびやかな生活を夢さえ見ることができないオ・ヨン【役:ソン・ヘギョ】。オ・スには生きることはただ延命でオ・ヨンは人生は寂しく孤独感の連続です。そんな二人が出会ってあ互いわくわくしながら、暖かくなってきたのは、彼らも知らないうちに限りなく人生と人間から希望を発見するからです。

<人が人にしてあげれるのは、許しではく慰めだよ>という名台詞をはじめとして、愛が悪戯のようになってしまった世の中に、愛の崇高ささえ冗談のように流れる現代で、色あせないな感動と歓喜、多くの意味があふれる愛の真の意味を探すことが出来るドラマです。気になる方は是非チェックして下さい。 

→「大丈夫、愛だ」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です