ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?の感想とあらすじネタバレ

→「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

クリスタル・ファッション・マーケティングチーム長イ・サンテ【役:アン・ジェウク】は結婚した当時は、安定してきたら、長男の自分が両親と一緒に暮らすと思っていたが人生は思ったとおりに行かないもので、死別した妻が残した二人の子供と、義父のチャン・ミンホ【役:チェ・ジョンウ】、義母のパク・オクスン【役:ソン・オクスク】、妻の妹ジャン・ジンジュ【役:イム・スヒャン】と一緒に暮らしています。実家には麺類お店を経営する親イ・シンウク【役:チャン・ヨン】、オ・ミスク【役:パク・へスク】と弟イ・ホテ【役:シム・ヒョンタク】と末っ子の妹イ・ヨンテ【役:シン・へソン】がいます。 両親は長い間市場の路地で、麺類商売をしたが、妻の実家で暮らすようになってから、家を売ったお金で店を出してあげました。

賢い弟のホテは依然として映画監督志望生で、末っ子の妹は任用考試に合格して、今になって社会生活を始めました。前よりはマシになったが、それでも実家のことを思うと胸が苦しいです。
クリスタル・ファッション・マーケティングチームの代理アン・ミジョン【役:ソ・ユジン】は三年前、信じていた夫のユン・インチョル【役:クォン・オジュン】が友達のカン・ソヨン【役:ワン・ビンナ】と浮気をして、子供を三人も置いて家を出ました。妊娠中に夫を亡くし、苦労して育てた娘と娘婿を失って、孫の自分だけを信じて生きてきたおばあさんのチャン・スンエ【役:ソン・ビョンスク】にどうしても事実を言えないミジョンは8歳、6歳、3歳の子供たちにも父の大きな存在を奪えられなくて、結局、おばあさんと子供たちには夫が米国にある会社に働きに行ったと嘘をいいます。

三年間一人でその秘密を守るために心は腐ってぐちゃぐちゃだが、三人の子供が頭を突き合わせて父とのフェイス電話をやりながら幸せそうな姿を見る時、私の孫娘は私に似てなくて、夫と子に恵まれたと満足する祖母を見るたびに、うそをついて良かったと思います。

感想

家族に対する責任と義務感によって生きていく厳しい世の中、困難な現実を克服するのに家族間の愛が何より必要だと思わせるこのドラマは、お互いを理解して和解する過程を通じて、家庭と家族の重要性をもう一度考えさせます。また、離婚と危機を克服していく過程とお互い異なる恋愛と愛を通じて、今の世代で起こっている状況をリアルに描いて行きます。

子供たちの幸せのために孤軍奮闘する大人世代!ばかみたいな青春イ・ホテとモ・スンヨンのB級ロマンス!もう今まさに恋をスタートさせようとするイ・ヨンテとジャン・ジンジュのあざやかな四角ロマンス!不倫で結ばれた夫婦、ユン・インチョルとカン・ソヨンの憎めない結婚生活まで。多様な世代の個性あるロマンスと人生を愉快なエピソードで構成して家族みんなが楽しく見られるドラマです。

五年前、妻が亡くなって’懐かしい’思う2人の子を持つイ・サンテ。三年前、夫が浮気をして他の女のところに行って’殺してしまいたい’と思う三人の子供とバリバリ生きてきたアン・ミジョン。この二人はまた愛し合うのができるだろうか。子供が五人だけど?

家族に対する責任感と義務感からこれから先も耐えればいいと思って、がむしゃらに生きてきた彼らに’愛’、’ロマンス’、’恋愛’そのような単語は二度と夢見ることができない言葉になりました。そのようなシングルマザーとシングル・ダディーが人生の二番目の愛に遭遇することになりつつ、真の幸せを探していくドタバタ感性コミック家族ドラマで視聴率30%を突破するなど、大きな人気を集めました。

こちらの作品もオススメです

「大丈夫」、「愛してる」、「ごめんね」、「私がそばにいるよ」幸せの90%は人間関係によって決定されると言います。このドラマには40年連れ添った老年夫婦、結婚6年目の夫婦、結婚10年目の夫婦、結婚20年目の夫婦、ちょうど付き合い始めたカップル、60代の両親と3~40代の子供、3~40代の両親と10代の子供等、多くの人物ともつれた関係が登場します。

登場人物たちの理解不足と誤解による問題が<暖かい一言>から始めて変わる可能性があるという簡単だが、容易ではない話を通じて、視聴者らと共に、自身が結んでいる人間関係についての、大切さと小さな実践が関係を変化させられるということを話するドラマ『温かい一言』を紹介します。

他の大多数のドラマと違い、『温かい一言』は平凡なように見える二人の夫婦の不倫の末で話が始まります。夫婦の危機状況を表現するため、不倫を素材にしたが、すでに起きた事件をどう克服していくかについた過程を見せてくれます。

結婚をしていたり結婚を控えた人なら、一度ぐらいは考えて見られる結婚生活を主題に誰もが共感できる現実の話をリアルに盛り込んでいきます。視聴者の本音がばれたような鋭く現実感溢れるセリフで視聴者にカタルシスを与えます。

ハ・ミョンヒ作家は登場人物たちそれぞれの苦情と痛みを理解して憐憫を感じたセリフでドラマに力を吹き込みました。ありふれた非倫理的ドラマのような素材を扱っているが、夫婦の間で着られる最も大きな傷な不倫を通じて、これらの傷を克服して治癒する過程を描く『温かい一言』は視聴者たちに自らの結婚生活を振り返り、傷と苦痛を治癒する機会を設けます。 

→「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です