華政の感想とあらすじネタバレ

→「華政」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

名前はイ・ホン(李琿)、宣祖の次男で恭嬪金氏の蘇生ですが生まれから歓迎されない存在だった光海君はかつて賢く早熟しました。 文禄・慶長の役が勃発し、宣祖によって世子に冊封され、渾身の力を尽くしたが、戦乱が終わった後、徹底的に裏切られて一世一代の転換点を迎えます。

醜悪な人間の本質と向き合った彼は自分を無慈悲で冷酷に鍛練させました。 先祖が死んで王位に就いてから他の兄弟たちと彼らの勢力を冷酷に処理します。自分に向かってお兄さまと呼んでいた花のような貞明公主までも… 以後、朝鮮と自分の権力を守るため、ひそかに火薬の開発に邁進しています。 数年後、火器都監(火器を製作するために設置した官衙)で貞明公主と再会するが、彼女を見それて、微妙な感情の揺れを感じます。

また、貞明公主の敵な光海君を主君として仕えた悲劇的な愛の主人公ホン・ジュウォン【役:ソ・カンジュン】と反正を通じて思い描いた権力の座に上がった後、覇道の道を歩んだ野心家の仁祖【役:キム・ジェウォン】、愛のために家門を捨てて仁祖を選んだキングメーカーカン・インウ【役:ハン・ジュワン】彼らは歴史の中に一つだけはっきりした真実の話を描いていきます。

感想

<花政(ファジョン)>は貞明公主が残した書体で華やかな政治という意味を持ってドラマで、キム・サンホPDがどんな人が王になって政治をしなければならないかについて重く話を描いてます。

高貴な身分の王女で生まれたが、権力闘争の中から死んだ人に偽装して生きなければならない貞明公主の話を盛り込んだ総50部作の時代劇です。歴史的事実に基盤を置きましたが、ストーリーや登場人物は作家のフィクションがある程度入っている作品です。光海君は映画や時代劇で多く扱った朝鮮の王だが暴君であり、王位に就いた光海君が自分を支持しなかった臣下をすべて除去する、その流れが、時代劇ドラマ「花政」の背景になります。

花政は、主人公が特にいなく、出てくる登場人物がすべて主人公
ができるマルチキャスティング方法を使いました。このような展開のドラマは、序盤の流れを逃すと状況を知ることが難しいため、序盤にさらに没頭して視聴しなければなりません。

光海君の歴史背景の中で貞明公主の人生を扱ったドラマ「花政」。歴史の中の人物光海君を扱った作品は多いが、姫の話は他の作品が少ないため、素材が斬新です。 出演陣も、演技派俳優たちが多数出演して期待が相当します。

こちらの作品もオススメです

実利を追求した王VS暴君という評価を受ける光海君のまた別の話を描いたドラマ、「王の顔」を紹介します。庶子出身で16年間、廃位と殺害の脅威に苦しめられた光海の運命克服気を扱ってます。

王の座に就いたが、庶子出身というコンプレックスを持っていた宣祖(せんゾ)【役イ・ソンジェ】は、誰か王座を奪おうとしていると被害妄想症に苦しんでいます。これを克服するため、宣祖は自分の足りない人相を補完してくれる相を持った女性を見つける一方、王になる吉相を持った息子、光海君【役:ソ・イングク】の顔を鍼術を利用して凶相に変えようとする非情さを見せます。

学識と徳行が高く、形式第一にする事を嫌う実利主義者である光海君は、盗賊たちが宣祖を追い出して新しい王を立てるために、宮殿天顔秘書を盗みに入ってきた事件を切っ掛けに、調査していたところ、キム・カヒ【役:チョ・ユンヒ】と合います。キム・カヒは本来女性の体だが、幼い頃双子の兄が死んだ後は彼に代わって男のように生きています。

これはカヒが女性として生きると、二匹の竜に仕える運命だからです。実は光海君とカヒは幼い時お互いを非常に大事な存在でした。人相を素材として描いていく光海君の話が気になる方は、「王の顔」チェックしてください。 

→「華政」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です