ファッション王の感想とあらすじネタバレ

→「ファッション王」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ブティックの社長であるチョマダムに育てられたカヨン【役:シン・セゲ】はチョマダムが自分を嫌やがるのを知っては家を出ます。行く場所がないカヨンはミシン広告を見て東大門近辺でヨンゴル【役:ユ・アイン】が運営するファッション工場に入ります。ヨンゴルはカヨンがパーソンズ・ファッション大学スクールに全額奨学生として選ばれたということを知って、ガヨンの飛行機チケット代を払います。ところがチョマダムの娘が嫉妬でガヨンのメールで大学に進学しないという返信を大学スクールに送ります。結局、ガヨンはパーソンズ大学を諦めた時、ヨンゴルと仲が悪い友達の、Jファッションの後継者のチョン・ジェヒョク【役:イ・ジェフン】理事の助けで、全額奨学金で学校に通うことができます。

一方、ヨンゴルは、船員の反乱の首謀者になって掴まれ危機に直面します。運良くカヨンと共に暮らすようになるが、これを知ったチョマダムの娘は警察に通報してカヨンを米国から強制出国され、ヨンゴルは監獄に行きます。

時間が流れて刑務所に出たヨンゴルは私債業者に捕まれ、死ぬところだったが、ファッション界を掌握すると言い事業資金まで貰います。、ガヨンはヨンギルの借金のため、ジェヒョクに自分のデザインを渡します。それを知ったヨンゴルはそのデザインを先に製作し、市場にまくことになってジェヒョクとヨンゴルの戦いが始まります。

感想

ドラマ『ファッション王』は、ファッションを素材にして、若者たちの情熱と愛を描いたトレンディドラマと思われがちだが、正統メロが大きな割合を占めています。
ドラマ「星は私の胸に」、「太陽の中に」、「千年の愛」、「バリで起きたこと」、「甘いスパイ」などを通じて、幻想のケミを誇り、ドラマの興行を率いてきた、イ・ソンミ&キム・ギホ作家コンビが『ファッション王』を通じて6年ぶりに復帰して大きな話題になりました。

韓国ファッションのメッカ<東大門(トンデムン)市場>で成長し、世界的なデザイナーになる若者たちの姿を描いて、ファッションの基礎であるミシンと生地作業から、東大門市場のファッションはもちろん、世界的なファッションの中心、ニューヨークと果てしない大平原の砂漠まで、多様な見どころを提供しました。

同じ年頃の俳優、ヨンゴル【役:ユ・アイン】、ガヨン【役:シン・セギョン】、ジェヒョク【役:イ・ジェフン】、アンナ【役:グォン・ユリ】の神経戦のようなものが形成され、これも視聴者たちに興味津々な要素になります。ユ・アインとイ・ジェフン、シン・セギョンとグォンユリの同性間の対決はもちろん、絡み合った四角関係が視聴者たちをドラマに没頭させます。

こちらの作品もオススメです

SBS放送ドラマ’ファッション王’以前にファッションを素材として作られた、イ・ヨウォン、キム・ミンジョン、チュ・ジンモ、チョン・ジョンミョン主演のファッションドラマ『ファッション70s』を紹介します。カメオとして女優のハ・ジウォンも出演したこのドラマ『ファッション70s』は女性ファッションデザイナーハン・ドミ【役:イ・ヨウォン】、コ・ジュンヒ【役:キム・ミンジョン】の夢と愛、競争が含んでおり、当時、夢や幸せ、結末が愛や結婚だった既存ドラマの慣例を破って堂々とした女性像を提示し目立つ違いを見せてくれました。また、<他の人が着たくなる服>を作るジュンヒと、<自分が着たい服>を作るのドミ。そして、服は芸術と自負するジャン・ボンシル夫人の衣装は彼らに似た70年代の新たな流行を作り出します。

2人の女性の間では妬み嫉み、謀略が乱舞する代わりに、自分だけの方法で各自の成功に向けて努力する姿を見せまるとてもスケールが大きくたドラマです。

また、ファッションの話だけでなく、金持ちも、貧しい人も毎日笑う人も、毎日苦しんでいる人も持っている痛みを話しています。
男女間の愛、家族間の愛、仕事に対する情熱、時代に対する反抗まで一度に描いている『ファッション70s』は戦争に直撃された所、無から有を創出していく時代の彼らの努力を描いていき、希望を伝えています。 

→「ファッション王」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です