美男<イケメン>バンド ~キミに届けるピュアビートの感想とあらすじネタバレ

→「美男<イケメン>バンド ~キミに届けるピュアビート」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

攻撃的な都市再開発で、大々的な学区再編によって、仕方なくパワーパレス近くにある、莫大な財団パワーを誇る最高の学校、頂上学校に転校生で来た貧民街の子供たちのバンド《眼球浄化》のメンバーたちは、莫大な貧富の格差を毎日体で感じます。自分たちを堂々とゴミ扱いする先生たちと金と権力がある家を持ってる生徒たちに対する反感で、増えていく反抗心を見せます。

彼らの唯一の脱出口は音楽でご両親の暖かい世話の代わりに友達と胸がすっきりする音楽をしながら楽器を買って集めながら演奏をして、自分たちだけの世界を作って守ってきました。そんなある日、チームのリーダーである、作曲作詞を担当するビョンヒ【役:イ・ミンギ】が事故で死にます。ソールメートのビョンヒの死でリーダーになったボーカル、ジヒョク【役:ソンジュン】は寂しがりやで自分より友達・バンドが優先な表現が苦手な子です。死んだビョンヒのミューズだったから保護して守って上げなければならないと思い、スア【役:チョ・ボア】のそばにいるがいつの間にか二人は恋を感じるようになります。

ハンサムな顔に愛らしい笑顔を見せるが、吐き出す言葉はとても鋭いベーシストを担当するヒョンジュ【役:エル】、無口で自分のやるべきことをするドラム担当のドイル【役:イ・ヒョンジェ】、おせっかいの姉たちのおかげで女の人があまりにも容易なプレイボーイのギタリストハジン【役:ユ・ミンギュ】、個性強く多血質のメンバーらをなだめたりすかしたりして、調和しようにするキーボード担当のギョンジョン【役:キム・ミンソク】らは各自の夢を向けて努力します。

感想

同名ウェブトゥーンが原作であるドラマ『美男<イケメン>バンド』は美男子6人組のバンド《眼球浄化》の暴走する若さ、心臓をドキドキさせる音楽、ターフであるが、胸キュンする恋まで、花よりもきれいだが、限りなく暴走する彼らの無限疾走を描いた青春ロマンスドラマです。

イケメンバンドの系譜を引き継ぎながら、すらりとした身長と女心を奪う人物で構成された、バンド《眼球浄化》の各自のキャラクターがとても正確に描かれてます。冷笑的、カリスマ、カサノバ、ターフガイ、4次元天然など、それぞれ違う魅力のイケメン俳優らが視聴者たちの目を引きます。

バンドを素材にしたため、ドラマの中に出てくる音楽も大きな見どころです。ドラマの中でバンド《眼球浄化》が歌った歌を中心に作られたOSTは俳優たちの歌を聴けるというメリットでドラマの人気に一役しました。

同時代のドラマの中で視聴率1位で人気を得た、ドラマ『美男<イケメン>バンド』は、その人気に応じて、ザー・スペシャル版が放送されました。主要名場面と一緒に撮影当時のビハインドストーリー、俳優たちの興味津々なNGカットらが最初に公開され、視聴者の注目を集めました。また、新人スターらの率直なインタビューも込められています。

こちらの作品もオススメです

バンド音楽を素材のドラマ『美男<イケメン>バンド』を面白く見た方々にもう一つの音楽を楽しむことができるドラマの『モンスター』を紹介します。
平凡極まりない一般高校に特別で莫大な事件が起こります。当代最高のアイドルスター、ユン・ソルチャン【役:ヨン・ジュンヒョン】が私生ファンに苦しめられ、一瞬、かっとになった性質で我慢できず、ついファンを殴ったと誤解されます。

模範的な学校生活をするという企画会社の謹慎処分を受けて学校に来ることに、寂寞で退屈な学校は連日ざわめき始めます。スターの登場、しかし、ニュージーランドで羊を飼いながら暮らしたという天然転校生、セイ【役:ハ・ヨンス】と’ペア’をすると言います。ソルチャンにセイは、自分の歌を一つも知らない子、自分ほど事情が多い子で興味深い存在です。ドラマ『モンスター』は傷ついた10代たちが音楽を通じて癒しながら成長していく内容を盛り込んでいます。

半事前製作で製作されたシステムで作品の完成度を高め、俳優たちも余裕を持って繊細で豊かな感情表現の演技に没入しました。 Mnet音楽関係者だけでなく、キム・ジュンソク音楽監督、パク・ソンイル音楽監督など国内トップクラスの音楽専門家らが披露する音楽はドラマ『モンスター』の最大の楽しみ要素です。 

→「美男<イケメン>バンド ~キミに届けるピュアビート」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です