イケメン・ライダーズ~ソウルを駆ける恋の感想とあらすじネタバレ

→「イケメン・ライダーズ~ソウルを駆ける恋」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

大手企業入社1年目の大学民国代表、オムチンア(母の友達の息子で勉強などなんでも完璧)チャ・キジュン【役:キム・ドンウク】はいわゆるヘリコプターマムと呼ばれる情熱的な母の下でエリートコースを踏んで育ちました。大韓民国屈指の企業Sグループに入社したが、毎日繰り返される残業と雑務、そして急に過労で倒れた先輩を見ながら、組織生活に幻滅を感じて、会社を思い切って出て来ます。

キジュンの長年の友人である、これといった努力をせずに、必要な分だけ稼いで使う、達観世代のカン・ユンジェ【役:チェ・ミン】と努力型で高スペックだが就職準備生のキム・ジュンウク【役:ユン・ジョンフン】とともに人力車をアイテムとした事業を始めます。

そこにミス北村と呼ばれる美貌のバイト生、ユン・ソダム【役:イ・チョンア】は1%不足した美貌と才能で、ミス・コリアにも、タレントにもならなかったうえ、少し不足した学閥のおかげで、就職も出来ませんでした。大学卒業を先送りしてバイトを転々とする彼女は偶然な機会にキジュンの会社でバイトをすることになります。自転車で作った人力車を利用した事業<虹ライダーズ>を通じて、少しは無識で、時々ふざける、少しは常識のない、社会新人たちの成長を描いていきます。

感想

社会進出を控えて人生のターニングポイントにいる、28歳の青年たちが生きていく姿を多様に描きました。チャ・キジュン【役:キム・ドンウク】、キム・ジュンウク【役:ユン・ジョンフン】、そしてカン・ユンジェ【役:チェ・ミン】まで、彼らは、あれほど住み難いという今の世代を生きている平凡な20代後半の若者たちの姿を率直に見せます。

会社で一生懸命に働く人とさぼる人が見えてから、自我の混同が来る1年目の社員が会社を飛び出すまで経験する陣痛、就職もする前から莫大な借金を背負って、長年の彼女との結婚を現実的に悩まなければならないバイトの人生、そしてこれといった目標もないのに、悩みが多い人の人生も、わざわざ探さなくても私たちの周辺でよく見かける姿です。

新たな人生を向けた挑戦の中で、経験する主人公たちの友情と葛藤、恋の物語は同世代の視聴者たちに深い共感を与えました。

また、キム・ドンウクとイ・チョンアがドラマOSTに参加して、20代だけではなく、40代までみんなが楽しめる多様な大衆音楽で、視聴者の感性をしっとりと湿らせてくれました。全12回のそれぞれのタイトルが、各話のテーマを象徴する音楽のタイトルで披露し、映像とストーリだけではなく、音楽でもう一つの楽しみを与えます。

こちらの作品もオススメです

チャ・キジュン役を務めたキム・ドンウクの次期作ドラマ『独自発光オフィス』を紹介します。

100度の入社志願で脱落し、101番目の入社志願で契約職で家具会社「ハウライン」に入社したウン・ホウォン【役:コ・アソン】を中心に青春とサラリーマンの共感を引き出したドラマです。その中で特に女性会社員たちの哀歓を共感されるように描写しており注目を集めました。
3ポ世代(恋愛、結婚、出産放棄)を超えて、5ポ(3ポ+家、経歴放棄)を超えて今は7ポ(5ポ+趣味、人間関係の放棄)世代に入り、放棄の項目に夢と希望まで追加されました。

死ぬほどの力をつくして暮したが、世の中は苛酷で、就職は遙遠な残酷な現実、その前でこの時代の青春たちはもっと小さくなります。そうして努力が足りないと、根性が情熱がないと罵倒されながら、痛いから青春だと語る時代の前で彼らが聞来ます。<あなたたちも私たちほど痛たかったのかと>。

このドラマはそんな彼らの質問であり、青春を冷遇する冷たい現実が投げる答弁で現実は重いですが、それでも笑えるその旅程をともに楽しみながら、明日の朝、出勤の満員の地下鉄が、就職に疲れて図書館に向かう足取りが、少しは楽しくなるようなドラマであることを願った製作陣の心が込められています。 

→「イケメン・ライダーズ~ソウルを駆ける恋」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です