インス大妃の感想とあらすじネタバレ

→「インス大妃」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

女性の身分を超え、朝鮮最高の権力者になりたい女性のインス【役:チェ・シラ】は王妃になるという野望と権力の対する欲を胸に抱いて、癸酉靖難で政局を確かな自分の世界に作って、12歳の端宗(朝鮮6代王)を追い出して、自分が王位に就いて権力の勝利を味わう、首陽大君(朝鮮7代王・世祖)【役:キム・ヨンホ】の嫁になります。世祖は女性の身分を越えて最高の権力者になろうとする野望と情熱、冷静さを超えて冷酷なところまである嫁・インスに信頼はありながらも後日、自分の席を貪るインスの欲望を無視することはできません。

朝鮮王朝が最初の先王の后妃で首陽大君の夫人であるジョンヒ王后【役:キム・ミスク】は特有の穏やかさと緻密さで、文を読むはできないが、人の心だけは理解してあげる、インスさえ握る宮廷の中外の主人です。嫁であるインス大妃を警戒しながらも、心の中ではたくましいと思ってます。夫とその嫁を中心とする権力の戦いを見守りながら、胸焼けをしています。

貧しい家に生まれ、自分の身一つで王妃になった、廃妃ユン氏・ジェホン(制憲)王后は、過度な貪欲と傲慢でインス大妃と対抗して自分の人生を台無しにしてしまった悲運の王妃を描きます。

感想

インス大妃は朝鮮7代王・世祖の長男の嫁であり、朝鮮9代王・成宗の母で波乱万丈な生涯を生きて行った女性です。

放送前から話題を集めたように<王と妃>をはじめ、<海神>、<千秋太后>など出演する作品ごとに好評を得て、時代劇の興行保証小切手と言われるチェ・シラの出演でさらに興味深々で緊張感溢れる2幕が始まります。
これまで、首陽大君の王位簒奪事件を中心で話を描いて来たドラマに登場するくらいのインス大妃だったが、今回のドラマでは彼女の全生涯と桃源君(世祖の長男でインスの夫)とのラブストーリー、息子を王位に座らせるため、孤軍奮闘し、朝鮮時代の女性として見られなかった政治的カリスマと知略を見せてくれます。

女性の身分を超え、朝鮮最高の権力者を夢見たインス大妃と悲運の王妃・廃妃ユン氏、朝鮮王朝が最初、先王の后妃である貞熹(ジョンヒ)王后などの権力をめぐる三人の女性の縁と悪縁を扱い、この女性たちの絡み合った縁との悪縁を解いていくドラマ『インス大妃』徹底したストーリーテリングをもとに、今まで視聴者たちが会えなかった歴史の話を宮殿の女の人達の話で描いて興味を誘発します。キャラクター別の人物設定も繊細に描いていきます。また、華麗な映像美と当時のファッションから実際は朝鮮21代王・英祖(ヨンジョ)時代の女性たちのヘアスタイルまで幅広く描き出し、新しい見どころを提供します。

こちらの作品もオススメです

ドラマ「シンドン」、「甘い人生」、「欲望の炎」で視聴者たちの熱狂的な支持を受けてきたチョン・ハヨン作家と、ドラマ「個人の趣向」、「キム・スロ」を通じて演出を認められたノ・ジョンチャン監督が、ドラマ「インス大妃」に続き、2年ぶりに意気投合したドラマ『花たちの戦争』は徹底した考証と想像力が結合された優れたビジュアルで視聴者たちの目を釘付けにしました。

ドラマ『花の戦争』は朝鮮12代王・仁宗時代を背景に、愛と権力を争取するため、悪魔になっていく朝鮮最高の悪女ソヨン・チョ氏と王の女性らの凄惨な宮廷闘争を取り上げた、正統女性時代劇です。

朝鮮最高のファム・ファタールにソヨン・チョ氏を演じるキム・ヒョンジュは8年ぶりに時代劇に復帰したし、デビュー16年ぶりに初の時代劇の演技に挑戦する、ソン・ソンミは母胎太子妃でキム・ヒョンジュが演じえるソヨン・チョ氏と厳しく対立します。また、様々な世代で構成された演技派俳優たちが適材適所にキャスティングされて熱演を展開します。イ・ドクファ、チョン・ソンモをはじめ、ソン・ビョンホ、チョン・ソンギョン、ウヒョンなど公認された中堅俳優たちがブランドドラマの助演ラインナップに加わりました。

力を入れて製作したセット場と宮廷の女性たちの美しい姿を目立たせる華やかな韓服衣装や小物なども豊富な見どころを提供しました。

正統時代劇の女たちの物語が好きな方は是非チエックしてください。 

→「インス大妃」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です