剣と花の感想とあらすじネタバレ

→「剣と花」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

高句麗時代、卒本城に行った、ソヒ姫【役:キム・オクビン】と太子の馬車が山の中で襲われます。大混乱の中でソヒ姫はやっと太子を守り、武装グループを逮捕するが、配布者が誰かを知らせる前に、非常良い弓の腕前を持った武士が現れ、犯人を殺害して口を封じてしまいます。ムヨン姫と太子は狙った者で真っ先に疑われる人物は高句麗、最高の権力者、同時に王と対立する、淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)【役:チェ・ミンス】だが、これを立証する道が消えてしまいました。ソヒ姫は殺人者探しを始め、殺人に利用された矢先に、西域でしか手に入れられない珍しい毒がついたという情報を得ます。

ある日、市場町で弓の名人だというヨンチュン【役:オム・テウン】は面白い妙技を見せると言い、ソヒ姫を市場の真ん中に連れて行きます。

父である淵蓋蘇文に息子として認められなかった庶子のヨン・チュンは誰にも無視されない地位を得るために、王宮武将試験に志願して、姫の護衛武士になります。
一方、淵蓋蘇文が營留(ヨンリュ)王を殺し事件が発生して、父親に復讐しようとする愛するソヒ姫と淵蓋蘇文の間で葛藤が高まります。

高句麗のすべての兵権、人事、責任を持って国政を総括する’大莫離支(デマクリジ)’という職責を作り、自ら統率します。これによって王がいるにもかかわらず、最高権力を持つようになった淵蓋蘇文は本格的に野心を打ち出していきます。 死んだと知られたソヒ姫は男装をしムヨンという名前で淵蓋蘇文の情報組織チョウィブ面接会場に現れます。ちょうど登場した副総監のヨンチュンは再会します。

感想

642年、高句麗、淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)は27代營留(ヨンリュ)王の首を切る政変を引き起こします。歴史的事実である淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)政変に營留王の娘ムヨン、淵蓋蘇文の庶子であるヨンチュンという、加工人物を通じて、風前の灯火の危機に直面した高句麗末期、食い違った運命の中でも歴史の流れを変えようとした男女の主人公の挑戦、愛と復讐を描いた、悲劇的叙事ドラマです。。

ドラマ「剣と花」は、大河時代劇の従来の慣習を果敢に破った実験作でもあります。既存の方式から脱皮した映像とミジャンセン、そして音楽まで。まるで一本の映画を見るように壮大なスケールが圧巻だった時代劇ドラマです。演劇的要素をドラマに合わせたのも新しい試みです。実際、劇団<旅行者>団員たちがドラマに総出動して、レベルの高い公演を初めてブラウンを通じて実現しました。

ドラマ「剣と花」が残したメッセージは、劇中の淵蓋蘇文のクーデターで死亡した栄留王が生前にした言葉である、”剣は花を切るためではなく、花を守るために必要である。”この言葉通りに、花を守るために素直にナムセンに掴まられた姫、掴まられた姫を守るためにナムセンの手に死を迎えたヨンチュンウィ実母、公州の代わりに剣に刺されて倒れたヨンチュンの話は、剣は花を守るために必要な道具だと見せてくれます。

こちらの作品もオススメです

ムヨン(ソヒ姫)とヨンチュンのように運命的な愛を描いた時代劇ドラマ「姫の男」を紹介します。
首陽大君【役:キム・ヨンチョル」が王位を簒奪するため、端宗を補佐した「キム・ジョンソ【役:イ・スンジェ】など、臣下たちを除去した、《癸酉靖難の乱》という歴史的背景の上に、キム・チョンソの息子のキム・スンユ【役:パク・シフ】と首陽大君の娘イ・セリョン【役:ムン・チェウォン】の運命的な愛のフィクションを加味したドラマ「姫の男」は朝鮮版ロミオとジュリエットという評価を受け、当時かなり高い視聴率で、ブラウン管を平定しました。

首陽大君は幼い端宗のおじで、11歳で王になったまだ幼い端宗を差し置いて、世祖(朝鮮7代王)になります。セリョンは世祖の長女で、甥の王位を奪った父に反対して姫の位も捨てて出てきた、しっかりした女性で、盲目的に愛のために、全部捨てて出て来たのではなく、父親の不義を反対するために姫のポストを捨てて出てくる正当性を強調して高い吸入力を引き出しました。

文宗の娘として早く亡くなった両親に代わって幼い端宗を守ろうとする悲運の王女ギョンヒェ姫【役:ホン・スヒョン】と愛がない結婚をしたが、端宗と姫を守ろうとしている悲劇的な運命により、強くなり、ジョンゾン【役:イ・ミンウ】との哀切な愛を見せてくれます。二人の愛の話もまた一つの楽しみです。歴史的事実とフィクションが調和して、まるで歴史的事実のように感じさせるドラマ「姫の男」、必ず視聴してください。 

→「剣と花」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です