LOVE4TENの感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

敦岩洞に住んでいるチョン・キオク【役:ソンヨル】は6年前15回も告白をしたが、いずれも断られて女性と会話をしていません。その後チョン・キオクはやむを得ない状況では紙に書いて会話をします。 大学13学番・航空機械学科の工学部生になったキオクは大学で多くの女性たちがいて苦しがります。その中、ある授業で組別課題のために組を組むが、どのチームには入れなかった、残された乳児体育学科のホ氏と警護学科と金氏と同じ組になります。その時、授業に遅く到着した、自分の小学校時代の理想型であるお姫様と同じ人のように美しい、現代舞踊学科ユン・ミンア【役:ナム・ジヒョン】を見たキオクは一目ぼれします。
そんなある日、ミンアが貼って行った演劇サークルの部員募集公告を見たキオクは特別採用で演劇サークルに入ることになります。サークルで掃除ばかりするが、ミンアを見ることができるだけでキオクは幸せです。
授業の数学試験の勉強をため、ミンアの家で一緒に勉強をしますが、2人はミンアの父が飲み残したワインを飲んで勉強どころかそのまま眠りに入ります。次の日、試験に遅れそう二人に
試験ところか、外宿をしたキオクに電話をした父、画像電話で家にミンアと男がいるのを見たミンアの父で、朝から二人は目が回って戸惑います。

感想

原作「工科大学生の恋物語」がウェブドラマに制作されたドラマ『LOVE4TEN』は、この時代に存在しない純粋男が自分の理想型であり、マドンナである純粋女の心を掴むめに純情を捧げる青春ロマンチック・コメディードラマです。
ストーリーよりは一人の女性が好きなチョン・キオク【役:インフィニット・ソンヨル】の心理的表現を重点に描いていくドラマ『LOVE4TEN』は一般的なラブストーリーのフォーマットよりも過程においてファンタジー要素をたくさん入って、楽しみを加えます。また、純粋美あふれる大学内マドンナのビジュアルでいきいきとした新入生を連想させるナム・ジヒョンとアイドルとしてのカッコ良さを捨てて母胎ソロキオクの役を演じ、丸い眼鏡のフレームをかけて、くるくるパーマしたヘアスタイルに破格変身をしたソンヨルのビジュアルは大きな注目を集めました。
幼い頃からの夢が演技者だったインフィニットのソンヨルはドラマ「よかったよかった」、「一緒にチャチャチャ」、「あなたが寝てる間」などに出演して演技力を認められ、初めて主演を務めます。この3年間演技の勉強をして、演技欲を見せたソンヨルはアイドル出身の俳優に対する負担感を示したが、キャスティングされた後倍の努力をしたとし、作品の中で様々な姿を期待してほしいと抱負を語りました。
アイドルながら演技者として一歩進むソンヨルとナム・ジヒョンの演技相性がまた、一つの観戦ポイントだ。原作のソウル大学土木工学科03年度入学のイ・デヤン氏が自分の生々しい体験談に、ユニークな想像力を混ぜて書いた原作「工科大学生の恋物語」と比較しながら見ると、また違う楽しみがあります。

こちらの作品もオススメです

2017年改名して本格的に演技者への転向を発表したガールズグループ<フォミニッツ>出身のナム・ジヒョンはドラマLOVE4TENの次期作に出演したウェブドラマ『恋愛細胞』を紹介します。同名ウェブトゥーンを原作にしたこのドラマは現在、その人気に支えられ、シーズン2まで放送されました。
「恋愛細胞」その文字通り体の中にある恋愛細胞【役:キム・ユジョン】が母胎ソロに怠けた失業者マ・デチュン【役:パク・ソホ】の体の中から飛び出したが、猫ナビに食べられます。猫の中に入った恋愛細胞は<あなたが心配だし、あなたがあまりにも恋愛をしなくて、私が死にそうだから、私がいろんなアイテムで使って、あなたを手伝ってやる>と言って、国民的女神アイドル出身の俳優ソリン【役:ナム・ジヒョン】との愛が実現できるように速成恋愛プロジェクトを始めます。
豪華出演陣で注目を集めた恋愛細胞のポストでチャン・ヒョクは、中国の伝統衣装であるパオを着て截拳道教本をのぞいているし、キム・ウビンは黒いスーツに拳銃を持っていて好奇心を刺激します。そのほか、ペク・ソンヒョン、パク・ヒボン、オ・グァンロクなど、華やかな出演者たちがポスターに名前を載せました。
新造語の乱発と短い台詞が多いことと同時にエピソードが多様に現実感を持って描いた原作と比較して見れば、より一層面楽しめることができます。

↓「LOVE4TEN」を無料視聴するならU-NEXTがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です