密会の感想とあらすじネタバレ

→「密会」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

年俸一億の芸術財団企画室長のオ・ヘウォン【役:キム・ヒエ】は、自分が勤務する財団で行われるクラシック音楽会の準備を進んでる中、リハーサルが終わったちょっとの空き時間に、配達に来たイ・ソンジェ【役:ユ・アイン】が舞台に置かれていたピアノをうっかり演奏したため、公演の関係者たち全体が驚愕します。クイックサービスの職員であるイ・ソンジェが驚くべきピアノの演奏実力を持っているという事実を発見します。

突然<調整されたピアノに触れた犯人>になってしまったソンジェは公演場の周辺をうろうろしながら追われた時、彼の実力を一目でのオ・ヘウォンの夫カン・ジュンヒョン教授【役:パク・ヒョクグォン】の助けで危機から逃れます。そしてカン・ジュンヒョンは彼を自分の弟子にするつもりで妻のヘウォンにソンジェの演奏をオーディションとして聞いてみるようお願いします。ドラマにする人物の中で唯一、人間らしく生きるための基本道理を正確に守りながら住んでいるソンジェはオアシスのような存在です。ソンジェが作っておいたその澄んだ泉の水のそばでヘウォンは、いよいよ自分の体に付いていた汚い貪欲と欲望のくずをあのように成り見ることができるようになります。

感想

このドラマは初回から莫大なスピード感を持って進行されます。 コンサート開始前の張りつめた緊張感と芸術財団をめぐる人物たちの複雑な関係もセリフを通じて易しく理解できます。音大を中心の 不正入学、ビジネス的な離合集散、暗闘まで人間の欲望と成功そして、墜落する姿をよく見せてくれます。

お金の奴隷になった人たちはさらに多くのお金を渇望し、愛情の奴隷になった者は堂々とした愛はできず続けて物乞いするように欠乏した愛情だけにこだわっています。名誉の奴隷になった彼らは人達は更にもっと見せかけて、残りの最小限の自尊心すらありません。
断絶された芸術空間だからとても繊細で敏感に見えるが、よく見れば、<臭い風景>よりも醜くて、そんな表と裏が異なる上流階級の姿が盗み見式のカメラアングルで画面で表現されるため<密かにのぞき見るよう>の接近が楽しみを与えます。

これまで韓国社会は、不倫について不倫=破倫=罪悪という盲目的で画一的な偏見を持っていましたが、不倫=再生=善につながる話を作り出しました。密会の主な背景は芸術事業だからこそ多くのバックミュージックに使われる歌もクラシックがほとんどです。しかし”クラシックは難しい”という固定観念をピアノ演奏者を撮った画面の角度を最小5個以上使用したため、見せてくれるクラシックで楽しむクラシックになりました。

こちらの作品もオススメです

時には凄絶に、時にはおぼろげな演技のユ・アインの次期作「ユクリョンがナルシャ:六龍が飛ぶ」を紹介します。 タイトルの「ユクリョンがナルシャ」という言葉自体は、朝鮮の建国を歌った<六龍飛御天歌>1章一節<海東六龍が天へ飛び、事々天福だ>という句から取った言葉です。 しかし、6人が全部実存人物ではありません。

元々<六龍飛御天歌>の六龍は世宗の6代の祖先たちを意味するものですが、ドラマでは六龍の実存人物であるイ・バンウォンの父であり、朝鮮1代王の太祖イ・ソンゲ【役:チョン・ホジン】、朝鮮の設計者でバンウォンの師匠であり、最後の静的なジョン・ドジョン【役:キム・ミョンミン】、後日、朝鮮の鉄血君主朝鮮3代王の太宗イ・バンウォン【役:ユ・アイン】と作家が作り出した仮想人物の3人、イ・バンウォンの恋人であり、情人のブニ【役:シン・セギョン】イバンジ、後日、世宗大王の最側近で朝鮮第一剣のムヒュル【役:ユン・ギュンサン】、ブニの兄であり、ジョン・ドジョンの護衛武士イ・バンジ(タンセ)【役:ビョン・ヨハン】を意味します。

高麗という、巨悪に対抗して高麗を終わらせるために体を起こした六人の人物の話で、彼らの華やかな成功ストーリーです。イ・バンウォンとブニ、そして利益のためにイ・バンウォンと政略結婚で結ばれた閔氏・遠景王后【役:コン・スンヨン】の三角関係と他にも絡み合っている関係の楽しみがあるが、歴史と比較して見るともっと楽しめます。

→「密会」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です