モダン・ファーマーの感想とあらすじネタバレ

→「モダン・ファーマー」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ロックバンド、エクセレントソウルのリーダー兼ボーカル、イ・ミンギ【役:イ・ホンギ】に残されたのは1億ウォンの借金と唐辛子娘選抜大会の舞台で歌って日払いで貰った、唐辛子がいっぱい詰まった袋だけです。

食堂で皿洗いのアルバイトをしながら悲惨な現実を暮らしている彼は債鬼に追われながら暮らしています。おばあさんが自分に土地を贈与したものがあると聞いて尋ねます。土地はなんと1万評。しかし、相場原価が坪当たり200ウォンだったため、売ることを諦めて、白菜価格の奔騰で高いということを知って白菜を植えると決めます。一万坪を白菜で埋めて、それを全部売ったお金で、借金も返済し、アルバムも出す夢を見てインディグン・そうるミョン・ハドゥロクリに向います。ハドゥロクリの最初で最初年の女里長、カン・ユンヒ【役:イ・ハヌィ】は8歳の息子と、腹違いの弟の保護者の役割をしながら一家の家長として頑張ってやりくり上手なお嬢さんです。

農村に帰農するようになった、ベースギター担当で弱虫ユ・ハンチョル【役:イ・シオン】、鍵盤を担当する前後の考えなく飛びつく性格のカン・ヒョク【役:パク・ミンウ】、ドラム担当する悠々自適して生きたいハン・キジュン【役:グヮク・ドンヨン】4人のロックバンドのメンバーとユンヒが有機栽培のように清らかな夢と愛、友情ストーリーを愉快に描いていきます。

感想

ストーリーと関係なく、とにかくおもしろくて愉快なドラマ! シットコムとドラマの中間程度の刺激的ではないが、新鮮なコミックドラマです。都市生活に疲れて、どこかに逃げたかった若者たちを笑わせてくれた「モダンパーマー」はコミックとヒーリングコードで初放送から多くの話題になりました。
ソウル青年たちが帰農して、自然と動物たちと調和して起きた、予測不可能なエピソードと荒唐無稽な状況は、都市出身には不慣れかもしれないが、田舎出身には100%共感を得ました。

歌手イ・ホンギは崩れる姿と子役出身らしく安定した演技を見せてくれたし、モムペズボン(田舎のお婆さんたちのの作業用ズボン)を履いても素敵な体つきを隠せないイ・ハヌィの自然な演技もコミカルさを加えてくれました。
暗鬱な現実でもかかわらず、無謀なほど夢を向かって走る無謀な青春を演じたグヮン・ドンヨン、イ・シオン、パク・ミンウ。彼らの肯定マインドが誕生させた流行語”大丈夫です~大丈夫です~”は我々に希望と幸せを感じさせてくれます。

しかし、帰農という大きなテーマを通じて多文化、未婚母、不法滞在者など、沢山の現実的・社会的メッセージも投げながら、刺激的な設定無しで、人の感情とその表現を示す人間的なドラマです。

こちらの作品もオススメです

「モダンのパーマー」が終わって、後続に放送されたドラマ「やってきた!ファミリー」を紹介します。

祖母が50年前、家族を捨てて家を出て、米国、中国、日本でレストランを経営して集めた200億ウォンを持って家に戻ってきました。50年ぶりに戻ってきた祖母が持ってきた200億ウォンの遺産をめぐって起きた遺産争奪戦を通じてチェ・ドンソク家族の誤解と憎しみ、懐かしさと悔しさで傷だらけの家族の話と波乱万丈チョン・クッスンおばあさんの人生史が切々としながら暖かく描かれて、家族の和解と成長の過程を見せてくれます。

激しく毎日を生きている普通の人々の奮闘と愛と努力の価値を話しながら、暗鬱だった昨日も200億遺産を持って現れた祖母のおかげで夢見る幻のような明日でもなく`今日`まさに`この瞬間`最善を尽くすというメッセージを与えます。

<家族は始まりで最後だし、傷で治癒である。笑で涙だし、憎しみで愛だ。人生を生きながら倒れた時、私たちを起こしてくれるのも家族であり、正して掴まってくれるのも、時には私たちを誰よりも苦しませることも、私たちの肩の最も重い荷物になるのも、家族である。世の中で一番しつこく、勝手に切ることもできない縁は家族だ。>と言うドラマ「やってきた!ファミリー」はモダン・パーマーほど、暖かい家族、青春成長を描いたロコドラマです。 

→「モダン・ファーマー」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です