元カノクラブの感想とあらすじネタバレ

→「元カノクラブ」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

映画会社・PD10年目のキム・スジン【ソン・ジヒョ】は変わった性格の芸術人達を相手にする仕事で、人に合わせるのが特技です。会社の代表が、ウェブトゥーン作家<ママごめん>と契約をすることになって、ウェブトゥーン「俺の女友達を紹介します」を調べている中、自分の元彼氏バン・ミョンス【役:ビョン・ヨハン】がウェブトゥーン作家<ママごめん>で、ウェブトゥーン内容は自分が付き合ったストーリーを描いたものだと気付きます。ドキドキしながら契約のために、ミョンスに会いに行ったスジンは逆に寂しい気持ちでもって帰ってきます。

一方、映画会社代表が私債を借りて使い、会社は借金の山に座るようになり、スジンが準備してきた契約も同僚が全部持って他の会社に行ってしまいます。ミョンスもその会社と契約しようとしたが、昔の情があるスジンが心配でスジンを訪れます。一緒にお酒を飲み酔ってしまい、ウェブトゥーンに出る元彼女たちに電話をします。

1番目元彼女、年上の女性、ミョンスの初恋、ナ・ジア【役:ジャン・ジウン】はすでに離婚したバツイチでクールな性格の持ち主で別称、猫。二番目の元彼女は中古取引で会って付き会い始めたエロ俳優のララ【役:リュ・ファヨン】別称、狐。三番目の元彼女で結婚を目の前に置いたチャン・ファヨン【役:イ・ユンジ】別所、メスのライオン。

映画制作を決めてから、この3人の元彼女達が各自の理由で制作反対して、スジンを訪ねてきます。スジンは自分もミョンスの元彼女だと告白し、共感帯を形成するのに成功します。映画制作の許可まで貰いますが、その時その場に現れたミョンスは、スジンと自分は友達、仲良し、ベストフレンドだときっぱり言って、スジンは当惑します。

感想

『元カノクラブ』ストーリーは人気ウェブトゥーン作家バン・ミョンス【役:ビョン・ヨハン】とミョンスの元彼女たちの話が描かれたウェブトゥーンを映画化するようになって、映画プロデューサーのキム・スジン【役:ソン・ジヒョ】が繰り広げるロマンチックコメディードラマです。

一般的なロコ物の公式である、初めて会った男女がお互いを知り合いながら愛を芽出していく方式とは違って、元彼女クラブのタイトルのように、すでにお互いの思い出を持った男と4人の女たちが繰り広げる別名4者対面スキャンダルを扱います。

ドラマ「パスタ」、「ゴールデンタイム」、「ミスコリア」などを通じ、トレンディな感性で多くのマニア視聴者たちの支持を得ったグォン・ソクジャン監督の演出と「国家が呼ぶ」、「アイ・アム・セム 」などを執筆したイ・ジンメ作家が脚本を担当して期待を集めました。

ドラマ「ミセン」を通じて、しっかりした演技力とスター性を立証した俳優ビョン・ヨハンはドラマ『元彼女クラブ』を通じてドラマ初主演を務めました。ケミ妖精と呼ばれるソン・ジヒョと共に見せてくれる、犬猿のように口喧嘩する姿や甘い同い年のカップルの姿は視聴者たちの胸を騒がせました。また、ビョンヨハンが演じる公共の彼氏、バン・ミョンスの一貫した趣向を探せることが出来ない、、容姿も性格も恋愛スタイルもそれぞれな、彼の元彼女たちを演じるイ・ユンジ、チャン・ジウン、リュ・ファヨンの多彩なキャラクターも視聴者たちに楽しみを加えます。

こちらの作品もオススメです

ロマンス・ケミの妖精の名前が付いてるソン・ジヒョが出演した「元カノクラブ」の前作のドラマ『応急男女』を紹介します。

明るくて純粋な青年、洗練された優等生、魅力的なオムチンア(母の友達の息子・なんでも出来る子)、二十三歳の医大生だったオ・チャンソク【役:チェ・ジンヒョク】が家の反対を押し切って、すべてを捨てて愛する、オ・ジンヒ【役:ソン・ジヒョ】と結婚します。過去とは異なった大変な結婚生活に疲れて、結婚に対する幻想も全部崩れてしまいます。純粋でよく笑ったジンヒは結婚後、戦争のような結婚生活に彼女の感性は落ち葉のように段々乾いていき、夫と夫の実家の無視に傷ついて離婚を決心します。

結婚の現実的な生活にぶつかり、夫婦の間に葛藤が生じて、結局離婚をします。ジンヒは離婚後に医師の勉強を始め、チャンミンもやめた医師の勉強を再会します。そして6年後、救急室のインターンとして二人は再会します。

生と死が交差する病院という空間から、患者を助けるために力を尽くしてリ二人に初めて<共通分母>と<共感>が生まれます。その中でお互いの本当の姿を分かり合いながら、違うことを発見し、理解するたびに喜んで人生を悟っていく離婚夫婦の残酷なストーリーを愉快に描いていきます。 

→「元カノクラブ」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です